スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

おむすびころりん。 

2007年 1月20日



   この日は保育園のお楽しみ会。


   人形劇を観に行って来ました。



IMG_1034.jpg


 


土曜日なのでチヒロも一緒に。


ユウタが毎日歩いて通う、保育園までの一本道。




IMG_1038.jpg



病気をする前は
毎朝、
慌しく車に2人を乗せて走っていたこの道を

ユウタの体力作りの為に一緒に歩き始めてみると・・・


この時間が1番ココロに気持ち良くて
1番大切なように感じてきます。



    「今日も1日、ガンバロウね!」


    「ママもおうちのお仕事、頑張ってね!」





途中、2人で「しりとり」しながら
約15分で園に到着です。




 


 




 


 


 



保育園での人形劇は「おむすびころりん」。


昨年の人形劇は、親子合同ではなく
子供達だけの鑑賞でした。



昨年、ユウタと2人で人形劇を観に行った時の
私の気持ちを読み返してみると・・・





人形劇を見ているユウタと
周りに一緒に座るお友達。
頭の傷を除けば、何ら変わりない元気な5歳児です。


みんなで笑ったり、驚いたりしているユウタ。
本当だったら毎日みんなと、
当たり前のように一緒に笑って過ごしてたのに・・・。


 


私はチョットだけ悲しくて
だけど、笑ってるユウタが嬉しくて涙が出てきました。






2月の終わりだったので
ちょうど「シャント」の埋め込み手術を

終えたばかりの頃だったと思います。




ちょっと前のような、ずいぶん昔の事のような
私は時間の感覚がおかしくなっていますが

まだまだ、ユウタの病気を
受け入れきれていない自分の気持ちが見えます。







今でも、落ち込んだり泣きたくなったり
夜も眠れなかったり、何もかも投げ出したくなったり。


色んな事をちゃんと受け入れきれていないままだと思っていたけど


でも、実は少しずつでもちゃんと
ハハもたくましくなって来ている事に気が付きました。




周りからは「暗い!」「重い!」と不評の、このブログも


また来年読み返すと、笑っちゃう位に
つよ~くなってる私の姿に気が付けるのかもしれないな(^_^)





IMG_1039.jpg



 プロの劇団の方による人形劇は

仕掛けもしっかり子供を引き込ませるものがありました。



登場してくる「ネズミ」や「おじいさんやおばあさん」の人形達も
すっごく可愛かったです。






昨年の私は、涙ポロポロしながら見ていた人形劇。


今年は同じクラスのママ同士で
最初から最後まで、ずっとぺちゃくちゃおしゃべりしてました( ̄∀ ̄;)






line6.gif









終わりの頃、窓の外には雪がチラチラ。


とっても寒い1日だったけど
ユウタは帰りも頑張って歩きました。




「寒いよ~!」


「車で行けば良かったじゃんよ~!」






ユウタもチヒロもかなり不機嫌だったけどね。






 


北海道の、あの寒さと吹雪を思い出せ!!!
・・・なんて言いながら(笑)





私だけは、ものすごく上機嫌で

田んぼ道を歩いて帰りました♪



 



 クリックしてね♪
人気ブログランキングへ 
     
   クリックをお願いします♪ 。(゜∀゜)ノ

 


*evergreen***


 

スポンサーサイト
[ 2007/02/01 21:30 ] 保育園 | TB(0) | CM(4)

元気のもと。 

朝、保育園にユウタを送り届けた後


自宅マンションとなりにあるコンビニへ
私は”チョコレート”を買いに寄りました。



             ・・・そうね、ヒドイな~って思いますよ。




ユウタには極力お菓子は与えずにいるっていうのに

母さん、無性にチョコレートが食べたくなるのです( ̄∀ ̄;)






「ごめんね、ユウタ~」と、後ろめたい気持ちを抱えたまま
新作チョコを物色していると


ユウタと同じクラス”し~ちゃん”のママとばったり!



し~ちゃんママは小麦粉を持っていて
聞くと、ドーナツを作るとの事


ちゃっかり我が家にも、お裾分けしてもらえる事になりました(*´艸`)



 


 



翌日、園ではさっそくユウタが
ドーナツ情報をし~ちゃんから仕入れて

「ママ!ドーナツくれるんだって!」・・・と大騒ぎ。




半分涙で潤んだ瞳(笑)
うるうる大喜びでした。


 




 


 



保育園で人形劇があった日。


その日は、時々雨が降ったり雪になったり
とっても寒い日でしたが


近所に住む、し~ちゃんが自転車に乗って
我が家に来てくれました。



IMG_1042.jpg



サーターアンダギー♪


黒糖がおいしかったーーー(;∇;)




IMG_1040.jpg


手作りパン♪


ピンクのグミが目になっていて、カワイイ(*´艸`)



このパン、子供にも大人にも大好評で
お菓子作りや、料理全般において
普段はなかなか興味の湧かない私でも

思わずレシピを聞いちゃいました♪



     し~ちゃんママ : ぜんぜん簡単だよ~♪


 


 


本当なのだろうか・・・・・(笑)


センスの問題もありそうだな~ (^ ^;





IMG_1051.jpg


ユウタは、ユウタにそっくりな
まんまる笑顔のパン。


もったいないから~って、ちょっとずつ食べてましたさ(笑)


 


 


IMG_1053.jpg


パンには、なかなかうるさいチヒロさん。


いつも買ってるパンよりも
し~ちゃんのパンの方が、断然おいしい!と太鼓判。




 


みんなで「おいしいね♪」「うれしいね♪」を連発して食べていました。


 


 


 


 




 


 


 


ユウタ、そりゃ~カロリーオーバーでしょう。


でもね、こういうのも大事です。


きっと。


 




私が隠れ食いのチョコレートで
何となく元気になれるのと似ているよね。


ユウタは元気になるための力を薬で補っているけど
でも、薬以外の力も必要だと思います。



医学的に根拠はないかもしれないけど

   ***** し~ちゃんママからの手作りおやつと、みんなの笑顔 *****




明日からまた、食べ過ぎないように頑張るけど
おかわりもガマンするけど


こんな風にまた、みんなで
おいしくおやつが食べられる日を楽しみに頑張ろう♪って


ユウタの元気も、モリモリ出てくるのだと思っています。



コートリル(ステロイド剤)よりも強力な刺激になるんだよね。(゜▽゜*)








し~ちゃん、寒い中届けてくれてアリガトウ。


し~ちゃんママ、すごくおいしかったし、嬉しかった♪
ごちそう様(*^_^*)



・・・・・また、作ってね(笑)




 




 クリックしてね♪
人気ブログランキングへ 
     
   クリックをお願いします♪ 。(゜∀゜)ノ

 


*evergreen***


 

[ 2007/02/03 23:00 ] 日常 | TB(1) | CM(8)

遊園地。 

2007年 1月28日 日曜日



前日の天気予報では雨だったけど

曇り空の中に少し太陽が見えていたので
遊園地に行ってきました。


IMG_1329a.jpg


 


ユウタの体調によって出掛ける予定も左右するので
当日まで子供達にはナイショ。

だから2人ともビックリしながら大喜び♪


ディズニーランドとかディズニーシーとか
そういう所ではないからね!と念を押して連れて行ったのは


  「よみうりランド」


      ・・・・・ここって、まだやっていたのか~って感じでしょう?(笑)


 IMG_1220a.jpg


















小学校6年生の時
仲良しグループの女の子6人で来た思い出と

中学生の時に
グループ交際で好きな男の子と来た思い出と


あとは
高校生の時。

みんなでワイワイ、取立ての免許でドライブに来た思い出の場所です(^_^;)





この景色が変わっていなかったので

ここへ来て色々と思い出しました。 





 IMG_1209a.jpg



































1番最初は観覧車へ!


上からおもしろそうな乗り物、探そうよ!・・・との事で。




高い所は苦手じゃないけど
私は何となく、この古さが怖かったです。


 



IMG_1208a.jpg


 


      ユウタの体調も良くて


     チヒロも走り回って元気で


     パパも一緒の休日で




     病気の事なんて
     すっかり忘れちゃう遊園地。




 






いつもなのか、この日がたまたまだったのか・・・

乗り物待ちも無くて、混雑した場所もなくて
私達には”もってこい”の、よみうりランドでした♪




IMG_1210a.jpg



観覧車の頂上付近でチヒロがユウタに言いました。


 



     「てっぺんになったら、チュウしようよ!」


     「なんで?」


     「ふつうは、するんだよ!」


     「いいよ♪」






IMG_1215a.jpg


IMG_1214a.jpg





















チヒロがそんな情報をどこで入手したのか
よく分からないけど・・・(笑)


きっと、テレビの見過ぎでしょう~( ̄∀ ̄;)



テレビドラマのキワドイ場面やコメントを聞いて
色んな不思議をバンバン質問してくる年頃のチヒロさんです。



いつもは絶対しない姉弟が
頂上で仲良く「チュウ」していました。




IMG_1055.jpg




















次に乗ったのは、フリーフォール?のミニミニ版。


フワっフワって何度も上下する乗り物で
ユウタよりもうんと小さい子供も乗っていたし
安心して乗せてみたのですが・・・


大喜びのチヒロと私(笑)に挟まれたユウタは

  「とめて~!こわい!こわい!」


ガタガタ震えて大泣きしてしまいました。


 




もっと小さい頃、TDLでは

スプラッシュマウンテンや
ビックサンダーマウンテンにも乗れていたのになぁ。


脳の外科手術のせい?
それとも単に臆病になってしまったの?


 
そういえば、下り坂を車で走る時にも今まで何度か

「こわい!」と言っていた事もあったよね。


  


IMG_1257a.jpg


 


それからは「色んな乗り物、乗るんだ!」と張り切っていたユウタも
全ての乗り物に対し、思いきり警戒し始めて・・・


本当にゆっくりと動くもの以外は乗りませんでした。


 


 IMG_1276a.jpg








 




 
   



  


「大丈夫だよ、これは!」と言って
半ば強引に乗せた、この乗り物が

・・・トドメだったのかもしれません(;∇;) ごめん。
 




IMG_1068.jpg


チヒロは最初怖がっていたものの
乗れるものは全て乗りまくっていました。


この「ドラゴンコースター」には、計11回!


 


私は3回(笑)


 



IMG_1260a.jpg


 


その間、ユウタは「カブトムシ」に4、5回乗っていました。


これは本当にゆ~っくり回転する、高さもほどよい乗りもので
ユウタも1番楽しかったようです。


 


並ばずに、好きなだけ乗れたので
確かに最新のアトラクションは全く無いけど

この遊園地は良かったです♪


 


IMG_1279a.jpg


 


 


 


 


 


 


ユウタが大泣きしてまで、乗りたがったドラえもん。


遊園地に来てまで、これに乗らなくても~・・・な物 (^ ^;


 


周りからはクレープやポップコーンのいい匂いで
ユウタの泣きにも拍車がかかり

パパがおれて100円入れると・・・故障中でした(笑)


IMG_1237a.jpg


 


 


 


 


 


 


  


今回パパが珍しく、私のカメラに興味を持ちはじめて

ホッペにまだ涙の跡が残るユウタの笑顔と
ユウタを泣き止ませようとするお姉さんのチヒロを

ず~っと撮っていました。


 


  「何か、泣きそうになるなぁ・・・」


 


 


 


こういう、何でもない光景と
いつもの「作り笑顔」ではないユウタの笑顔と

何かをガマンして無理に
頑張ってお姉さんをしようとしているのではないチヒロ。


 


パパの言ってる事に私も珍しく?共感して

「そうだね~、そうだね~」・・・って。


 




IMG_1313a.jpg


 


また、来たいね~。




チヒロがまだ観覧車でユウタとチュウしちゃう、今のうちに。


そしてここが無くなっちゃう?前に(笑)


 




 クリックしてね♪
人気ブログランキングへ 
     
   クリックをお願いします♪ 。(゜∀゜)ノ

 


*evergreen***


 

[ 2007/02/06 00:35 ] お出掛け | TB(0) | CM(20)

ハッピーのアンテナ。 


 “happy's antenna”


IMG_1333a.jpg


ダイスキなHPは たくさんあります。


訪れるたびに、気持ちがほっこりする場所であったり
同じ事に共感できて、嬉しくなったり爆笑したり

そして、時にはもらい泣きしてしまったり・・・。




素敵な人繋がりで出会う事の出来た場所の1つ。

それが“happy's antenna”
ハッピーのアンテナ」です。



IMG_1341a.jpg



“happy's antenna” のミホさんは
1つに、ハンドメイドのスペシャリスト♪


HPも、その中の笑顔も、すべてが”ミホ色”で出来上がっていて
全てが大切な物として、こちらに伝わってきます。


 


携帯電話のカメラで撮った写真達が主に登場しているのですが
・・・ホント、びっくり。


機種じゃない!




きっと私がプロ仕様の高額カメラで撮ったとしても
この笑顔達は撮れないだろうな、といった感じの
何とも言えない視線で

最高の瞬間を切り取っている写真達なのです。





 IMG_1337a.jpg



↑こちらは、ミホさんお手製のお守りケース。




ユウタが脳の手術を受ける時に
尊敬している先生からお守りを頂きました。


入院中も、ずっとまくらのカバーに忍ばせ
退院後もいつもユウタの近くに置いていたお守りなのですが
 

お守りにヒモが付いていない事や
落として失くしてしまっては怖いので
ミホさんにお願いして作ってもらいました
(*^_^*)




4月からはユウタのピカピカランドセルに
このお守りケースもゆらゆら揺れながら一緒に登校です。


さらにパワーを頂けたような気持ちです。




 



 




 


 



私は、人との出会いには最高に恵まれています。




いろんな事があるけど
「不運な奴」に見られがちだけど

振り返って見つめなおしても
今を冷静に考えても

ずっと温かな人たちに囲まれて生きてきているように感じます。


 


 



私が「あなたに会えてよかった」と思うように
相手からも「会えてよかった」って

同じ気持ちになってもらえたら
それは本当に嬉しい。

そして、そうでありたい。




 




 


私がハッピーのアンテナに引っかかる事ができたのは
やっぱりそれまでの素敵な出会いから。



明けないような重い夜に
日常の何気ない会話と幼い笑顔に癒されたり


まるでみんなのアンテナが繋がっているよう・・・



ほっこりとした気持ちになりたい時は
自然と開いているHPのひとつです。




ミホさん、ありがとう~(*^▽^)ノ彡





  



 クリックしてね♪
人気ブログランキングへ 
     
   クリックをお願いします♪ 。(゜∀゜)ノ

 


*evergreen***


 

[ 2007/02/08 21:56 ] ママの心 | TB(0) | CM(8)

シャント。 

昨年の2月16日は
ユウタにVPシャントを埋め込んだ日です。


腫瘍の再発により、水頭症を併発していて
1年前のユウタは毎日のように頭痛を訴えていました。




腫瘍を摘出する為の手術日程は決まっていましたが
その日まで水頭症を放って置く事が出来なかったので
急遽、それを解消する為に
シャント手術をする事になりました。


本来なら、腫瘍が髄液の流れを塞き止めているので
開頭手術でその腫瘍さえ消えれば
この「シャント手術」は必要ないのもでしたが

私達が執刀を望み願う先生を待つ為であり
仕方の無い事でした。




簡単な手術ではあると聞かせれていましたが
当時の私達は、その手術の日もやはり
胸が張り裂けそうな思いで

オペ室からの
”無事に手術が終わった”という報告だけを待っていました。



DSCF0250.jpg


↑ちょうど1年前のユウタ。


腫れぼったいまぶたをしていますが
シャントの手術からずいぶん経ち
同室のお友達とも元気に遊んでいた頃です。


この頃はこの頃で、ずいぶん太ってしまったなぁ・・・と嘆いていましたが
今見ると、むしろ「ガリガリ」な位に感じてしまいます(;∇;)





看護婦さん達にとても可愛がっていただいて
頭のネットも”ドラえもん仕様”にしてもらっていました。

ネットは捨てる事が出来なくて
我が家の押入れの奥にしまってあります。






痛々しく感じて絶対に見られなかった写真を
今、こうして懐かしく見返している自分も

大きく回復してきているのかもしれませんね。


        ・・・・・な~んて言いながら、やっぱりちょっと泣けてきますが。



 




 


 



腫瘍を摘出した今
事実上この「シャント」は不要なものとなりました。



この先、もし病気が再発して
水頭症もまた併発したとしたら・・・


そう考えると必要に思いますが。



シャントにまつわるトラブルや合併症は
とても多く言われる事であって
でも、そのままシャントが入っていても問題はないとも言われています。


私としては「取り除いてしまいたい!」というのが思いの1つですが
また入院して手術をして、と考えると

ユウタにとって大きな負担となるでしょう。




悩むところだ・・・と最近よく考えている事の1つです。







ユウタに聞いてみました。



    「頭からお腹に通っているチューブ、取りたい?」


    「シャントの事?」


以外とちゃんと分かっているようです。


もちろん大反対でした。



    「入院嫌だし、手術も嫌だ!」



・・・・・そう、当たり前だよね。






もう少し、入院とか手術とかの現実から離れている
今のこの時間の中で過ごしていようね。


そうしよう。



 







 



 クリックしてね♪
人気ブログランキングへ 
     
   クリックをお願いします♪ 。(゜∀゜)ノ

 


*evergreen***


 

[ 2007/02/16 00:58 ] 脳神経外科 | TB(0) | CM(6)

Valentine's Day 2007 

238 2007年のバレンタイン。


なんとユウタは初めて
お友達からチョコをもらえました♪


IMG_1116.jpg


IMG_1117.jpg


ずっと小さい頃から一緒の「し~ちゃん」。


「ユウタにチョコあげるからね♪」って
ずっと前から教えてくれていました。




し~ちゃんのママに「ケーキがいい!」なんて
ユウタはリクエストしたようで・・・( ̄∀ ̄;)


なんて奴だ(笑)


 



IMG_1106.jpg


  こんなに大きな大きな
  ブラウニーまで・・・(*´艸`)


  私までも両手バンザイで大喜び♪


  すご~~~くおいしかったです。


 



ユウタはバレンタインの当日
体調を崩してしまって、園をお休みしました。



明日はバレンタインだし
し~ちゃんがチョコくれるから絶対元気で登園しなきゃね!って

張り切っていたのですが・・・。




でも、当日の寒い雨の朝に


       し~ちゃんとママが家へ届けに来てくれたのです(;∇;)



IMG_1119.jpg


それまでユウタは、本当~に元気がなく

頭が痛いよ~と目も開けられなかったのに。



し~ちゃんのチョコを嬉しそうに嬉しそうに抱きしめて
元気に飛び跳ねていました。



IMG_1123.jpg


  1つだけなら、今 食べてもいいよ♪


  そういうと、ずいぶん悩んだあげく
  カワイイ~ハート型のクッキーを選んで


  「食べるのもったいないな~」


  「3時にも食べていいでしょう?」



  今日は特別な日だもんね~・・・



 


 






本当にかわいい手作りクッキー達でした。


ちなみにメガネのくまさんは
ユウタのパパをイメージして作ったとの事でした♪ (談・し~ちゃん)



それからなかなか体調が戻らず
頻繁に訪れる頭痛に悩まされていたのですが
やっぱりチョコ効果は大きくて

食べるたびに数時間は元気に過ごしていたユウタです。



 




 




そしてユウタ、すごい(*´艸`)


なんと、もう1つもらえました♪


 


IMG_1130.jpg
 


同じ保育園で2こ下の女の子から


 


園ではいつも「おにいちゃん!」とユウタにくっ付いてきてくれて

時々は、お昼ご飯もユウタと一緒に並んで
仲良く食べていたようです。


 


IMG_1150.jpg

                                


     「お兄ちゃん♪」


     「お兄ちゃん、遊ぼう!」


     「お兄ちゃん、ダイスキ~♪」


 


私がお迎えに行くと女の子は
私を見た瞬間にギュウってユウタの腕にしがみつき

「お兄ちゃん、帰らないで~!」・・・・・って。(*´艸`)


 


 


他のお友達がユウタに近づかないように
両手を広げて、ユウタをガードしたり。


一生懸命にかわいいお手紙を書いてきてくれたり。



一生のうち、こんなにこんなに慕ってもらえるなんて
もうないぞ~きっと(笑)


 


 


IMG_1136.jpg


届けてくれた突然のプレゼントに


ユウタも大喜び!



カワイイぬいぐるみ風のボールペンは2本あって
1つはユウタ、もう1つはチヒロの分まで。


 


IMG_1145.jpg


もうすぐ卒園だね~。


女の子とも毎日は会えなくなっちゃうけど
きっとユウタの輝かしい思い出となって残っていくんだろうな~。


 


だって、いつも一緒だったんだもんね。


仲良しの”兄妹”のようで
私もパパも、チヒロも「ユウタ、良かったね~」って。


 


 


うれしい、うれしい、バレンタインとなりました(*^▽^)




 


 




 


 


そう、チヒロさん。


IMG_1092.jpg



今年は3つあげるんだ~♪(3つ?)・・・・・と、はりきって
一生懸命作っていました。


まだまだ愛だの恋だのがメインではない
渡すのがワクワク、作るのが楽しいバレンタインのようです。




昨年と同じく、ただ溶かして固めただけのチョコだけど
チヒロがチョコを刻んだり、色々トッピングしたり。


そばではユウタがおいしい香りに鼻がピクピク(笑)




IMG_1088.jpg


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


子供達と休みの午後。


キッチンをチョコまみれにしながら
家中、どこに行ってもチョコの匂いプンプンでした。


 


ユウタはどうしても14日まで待ちきれなくて
途中で泣き出して不機嫌になるし(^_^;)


 


 


でも、楽しかったな♪


女の子のお母さんって
こんな時、楽しいかもしれない。




IMG_1083.jpg



IMG_1084.jpg


IMG_1087.jpg


 


 


男の子に渡すチョコをきれいにラッピングして


余ったのがあとはパパとユウタの分です(笑)


 


それでもユウタは大喜び♪


パパも知らずにニコニコ顔♪


 


私は夜中にコッソリつまみ食いしてみたのですが
コレがめちゃくちゃ「かた~~~~い!」(>_<)


口の中が切れて流血しました・・・バチ当たったね。




・・・・・・・みんな、大丈夫だったカナ?


 


 IMG_1093.jpg


 


来年のバレンタイン・・・・・ユウタはどうかな?


チヒロもまた、ママと一緒に作りたがるのかなぁ(*^_^*)


 




 クリックしてね♪
人気ブログランキングへ 
     
   クリックをお願いします♪ 。(゜∀゜)ノ

 


*evergreen***


 

[ 2007/02/20 20:40 ] 日常 | TB(0) | CM(15)

あきらめない。 

2007年 2月23日


「生活発表会」


ユウタ達、年長組にとっては
保育園で最後の行事がありました。


IMG_1409a.jpg


年少さんから年長さんまでの園児達が
この日の為に一生懸命練習を重ねてきたものの発表です。


どのクラスの子供達も生き生きと
そして自信に満ち溢れた"勇姿"を見せてくれました。



親達は私も含め、一斉にビデオやカメラを構え
子供達の一瞬一瞬を大切に集めています。



IMG_1362a.jpg



ユウタは会の始まりの挨拶に参加していました。


いつ練習していたんだろう?
途中、詰まりながらも皆と合わせて挨拶ができました。


 


堂々と前を向いて挨拶している子供達を見ているだけで
まだ、始まったばかりなのに涙が込み上げて・・・。


この子達のこの姿を見ていられるのもあと少しなんだな~と思うと
とても淋しく感じてしまいました。


 


IMG_1364a.jpg


IMG_1363a.jpg


入園したての頃には、よちよちと
この舞台に登るのもやっとだったユウタ。


大きくなりすぎた・・・と言ってはユウタにも怒られそうだけど(笑)
本当に心身ともに大きくなったんだな~と振り返ったりしていました。


 


 




 


 


 


少し前に公民館のお祭りがあって
そこに保育園のみんなで参加した時の話し。



昨年の文化発表会で披露した
「組み体操」と「竹馬」をクラスの皆で再度、発表の日でした。


 


 


ユウタ専用の竹馬は先生方が細工をしてくれた
「かかと付き」の竹馬でした。


クラスの皆も夏から一生懸命練習をしてきて
全員が竹馬に乗れていました。


ユウタが保育園に復帰した時
ほんの少し練習に遅れをとっていましたが
「きっと乗れるようになるよ!」と先生も私達も、そう思っていました。


 


でも、現実は・・・
ユウタは頭痛や脱水などで園をお休みしてばかり。


いざ登園しても体力が持続せず
頑張る気持ちも、なかなか付いていけませんでした。


「かかと付き」の竹馬にさえも
やっとやっと乗れるようになったユウタでした。


 


 


 


 


「乗れるようになるはず!」と意気込んだ気持ちが
現実的に「無理だ」と思い知らされて、毎日落ち込んだり

全て、うまく出来ないユウタに
私の感情を強くぶつけてしまった事もありました。


   「どうしてあきらめるの?頑張れば何でも出来るんだよ!」



いつの間にか、今まで得意としていた事が
どんどん苦手な事になってしまったというユウタの戸惑いを
私はいつもそばにいて1番感じていたというのに。

ユウタが1番、苦しんでいたのを知っていたのに・・・。


   「どうして、あきらめちゃうの!!!」



そう言いながら、私の方がほとんどを
あきらめ始めていました。


 


 


 


いつの間にかユウタに対して私は

「出来なくても仕方ない」と
簡単に思えるようになってしまっていました。


     病気、したんだもん。
     大きな手術したんだもん。

     体重も大幅に増加しちゃったんだし
     出来なくたって当たり前。


     今、元気なら・・・それでいいじゃない。





でも、そんなのは勝手な親の”気持ち転換”なだけであって
私が悩んだり落ち込んだりするのが、ただ怖いから・・・の逃げ道。

ユウタだって本当の気持ちは、色々だったと思います。











でも・・・・・保育園の先生は
ユウタをあきらめないでいてくれました。


     公民館のお祭り当日。

        「かかと無し」の竹馬に、ユウタがちゃんと乗って登場しました。






いつものようにカメラを構えた私も
涙が溢れて1枚も撮る事が出来ませんでした。


あっというまの出来事に
その後、いつまでもいつまでも涙が止まりませんでした。



順番に登場してくる子供達にまざり
堂々とした顔つきで、胸を張って竹馬に乗るユウタの姿だけが
私の中でいつまでも巻き戻し再生されていました。



  「あきらめないで頑張ったら、何だって出来るんだよ!」



私がユウタにいつも言っていた言葉。


今ではユウタが私に
そう言ってくれているように感じています。


 


 


 




 



この日も、きっとこれが最後となる
年長さんの「組み体操」や「竹馬」が披露されました。


ドスンドスン!といった感じだったユウタの側転も
きれいな形になってきています。


 


 


ココロに焼き付けておこう~。


私はカメラを構えず
ずっと最初から最後まで見ていました。


 


「ここにいるから、ユウタの事、待っているから!」


そう言って励まし続けてくれた先生に向かって
1歩1歩、竹馬で進んで行くユウタの姿に
声が出てしまうくらい、私は泣いていました。


 


IMG_1385a.jpg


31人の子供達と先生達。


そして、ユウタに。


いっぱい貴重な事を教えてもらえました。





この先、絶対くじけそうな出来事が
たくさん訪れるだろうけど

何だか頑張れそうな気がする。






ユウタの中でも大きな大きな自信となった事でしょう。


時間は掛かっても、きっと何でも出来るんだよって
ユウタが身をもって経験できた事。




小学校に向かう今のユウタには
何とも心強い出来事だったと思います。


 


 


 


 


保育園で竹馬の練習中。


ユウタが初めて「かかと無し」の竹馬に乗れた時
クラスの皆が見守ってくれていたようです。


「すごいじゃん!ユウタ!」


皆が大声援を送ってくれて
大喜びしてくれて・・・


ユウタはそれが何より最高に嬉しかったと言っていました。
感激屋さんのユウタはポロポロ泣きながら。




みんな、ありがとう~。


先生、ユウタをあきらめないでいてくれて
ありがとう。


 




 クリックしてね♪
人気ブログランキングへ 
     
   クリックをお願いします♪ 。(゜∀゜)ノ

 


*evergreen***


 

[ 2007/02/26 21:07 ] 保育園 | TB(0) | CM(12)
書いている人

ななえママ



●冨塚 七枝

神奈川県在住、2児の母。
ツイッターは@Na7e_

Na7e_をフォローしましょう


フェイスブックへ


************************

●メールは右サイドバー1番下の
メールフォームよりどうぞ。

*evergreen***

Family

冨塚 七枝


僕、ユウタです。 ユウタ


2000年10月生まれ。
現在、特別支援学校1年生。
4歳の時に「頭蓋咽頭腫」という
脳腫瘍を発覚。5歳で再発。

7歳の時 骨の病気である
大腿骨頭すべり症を発症。

現在は汎下垂体機能低下症。
尿崩症。
体温調節障害。
視床下部性肥満
高次脳機能障害

もう少し詳しい経過は
以下↓をご覧下さい。

ユウタは4歳の時に
頭痛と嘔吐をくり返した為
念の為にと受けたCT検査にて
「頭蓋咽頭腫」という脳腫瘍が見つかりました。

・頭蓋咽頭腫
(ずがいいんとうしゅ)
craniopharyngioma
(クラニオファリンジオーマ)

頭痛と嘔吐の症状は
水頭症を併発していた為に
起こっていた症状でした。

腫瘍摘出の為に受けた
1度目の開頭手術では
全ての腫瘍を摘出する事は出来ませんでした。

その後すぐに再燃し
その時もまた水頭症を併発していました。

腫瘍により流れにくくなっている髄液を流しやすくする処置としてすぐにシャント手術を受けました。

2度目の開頭手術には福島孝徳先生に執刀して頂き、見える範囲の腫瘍を全摘出できました。

手術の後遺症により
視床下部性の
汎下垂体機能低下症、
尿崩症
高次脳機能障害に。

使用中の薬は
・チラーヂン
・プレドニン
・成長ホルモン
・防風通聖散
・ゴナドトロピン注射
・ミニリンメルトOD錠

視床下部性の肥満の為、高度肥満に陥りました。


7歳の時に下垂体機能低下症の影響からと思われる「大腿骨頭すべり症」という足の病気になりました。(両側)

両足の大腿骨部分にボルトを埋める手術を受け、リハビリの為、肢体不自由児施設に約半年間入院しました。

小学校は3年生までは なんとか普通級で過ごしましたが
4年生になると同時に「病弱児支援級」を学校に設置してもらい、中学校でも病弱級にお世話になり過ごしました。
高校からは支援学校高等部へ。

●不安な気持ちで
   ここに訪れた方へ

ここに書いてある事は
ユウタに起こった症状と
その経過です。
頭蓋咽頭腫のお子さん全てに当てはまるものではありません。

同じ病気であっても、それぞれ症状も経過も違っています。



私、チヒロです。 チヒロ


1997年生まれ。
現在、専門学校1年生。
一見クールな奴に見られがちだけど、実はかなり笑える女子です。ギターで弾き語りをしたりライブをしたり楽しんでいます。


*************************

これまで全ての記事
全タイトルを表示!
ブログ内検索
カテゴリ
月別


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。