スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ソラ。 


我が家に新しい家族が増えました!


   ・・・と書くと自分でも、意味なくドキドキしてしまうのですが(笑)




 


 



New Family は・・・
トイプードルの男の子、名前は「ソラ」です。


 


IMG_2323a.jpg



生後1ヶ月。 (2007年4月3日生まれ)
写真は5月9日。

初めて我が家に来た日の、初めての写真です。
まだ怯えた表情で、今見るとやっぱり淋しげで不安そうなソラ。


 



「キレイな青空の日にうちへ来たんだから、名前はソラにしよう!」


チヒロが名前を付けました(*^_^*)


 


 


IMG_2333a.jpg


 


     ここはどこなんだろう~。


     お母さんとお父さんはどこにいるんだろう。
     兄弟達はどこにいるんだろう。






まだちゃんと”犬らしく?”吠える事も出来ない赤ちゃんだったので
時々、ち~さな声で「ク~ン」と泣いていました。


ドタバタ騒がしい我が家にもかかわらず
子犬のソラは思っていた以上早くに

すんなり私達に慣れてくれました。



 


IMG_2337a.jpg


 


チヒロが初めてソラを抱っこした日。


我が家に来て4日後です。


 


子犬は疲れやすく、まだ予防接種を受けていないソラは
免疫力も弱いので抱っこはなるべくしないようにと
獣医師の方から聞いていました。


チヒロも子犬と暮らすためにずっと前から
図書室から本を借りてきたり
レンタルDVDで色々と勉強していたので、よく理解していました。



IMG_2347a.jpg



でも、抱っこしたくて仕方が無く(私も!)


「ちょっとだけにしようね~お」と言って
チヒロとユウタと私の三人で順番に抱っこしました
(*´艸`)


 


 


フワフワで暖かくて、ちょっと震えていて。

子供達以上に私の方が緊張してました。






IMG_2391a.jpg




生後2ヶ月のソラ。


子犬って・・・どんどんどんどん大きくなる。
(まるでユウタのような勢いで)




カラーはアプリコットなのですが
この頃はまだ茶色が濃くて、本当にテディーベアのようでした。


 


IMG_2475a.jpg
 


 



生後3ヶ月のソラ。


だんだん茶色がなくなって、クリーム色に。


やっと予防接種が済んで
シャンプーやカットもOK!になりました。



そして、外へのお散歩も始まりました。

チヒロが待ちに待っていたお散歩です。






wanko2.gif


 チヒロは、もうずっと幼い頃から動物がダイスキで
 その中でも犬を飼いたい願望がものすごく強く

 「犬の飼い方」や「犬のしつけ」といった部類の本やビデオを借りては
        ノートに書き写したりして勉強?していました。




大人になってから、自分で世話がきちんと出来るようになってから!・・・と
いつも動物を飼う事に大反対のチチハハでした。


 


 


このマンションはペット可なのですが

「マンションは動物が飼えないんだよ~!」なんて言って
誤魔化せたのも保育園まで(汗)



そのうち、同じマンション内で
シーズーを飼っているおばちゃんと
チヒロは友達のように仲良くなって・・・


お散歩も一緒に出掛けるようになっていました。


おばちゃんにマンションでの犬の飼い方を
しっかり教えてもらっていたようです。


 


 


 


 


そんな我が家へ「ソラ」が来る事になった経緯。


 


お友達の家で飼っている、同じくトイプードルのワンちゃんを
我が家で数日お預かりした事がきっかけでした。


預かった・・・いやいや、チヒロが強引に連れてきた!というのかな。


 


 


ちっちゃくて、人懐っこいワンちゃんに
家族全員”とりこ”になりました。


中でもパパがチヒロ並みに大喜びで
「飼いたいな~飼いたいな~(;∇;) 」・・・な様子。


私は「絶対にダメ!」


 


あと数日預かるつもりが、ちょうどユウタの発熱によって
急遽ワンちゃんが帰る事になってしまい
チヒロはどんなにガッカリするかな~と心配だったのですが

「ユウタが悪いんじゃないもんね。」とあっさり。


 


 


そんな事があった夜の事でした。


 


 


 


 


部屋の隅っこでひざを抱えて
チヒロがボ~っとしていました。

「どうしたの?」と聞いても首を横に振るだけ。


その時私の中で
今朝まで居たワンちゃんの事はすっかり消えていました。


 


急に大きな声でチヒロが泣き始めました。


大声で泣くチヒロを見たのはどれ位ぶりだろう・・・


 


 



その時にやっとチヒロの淋しさが
私の胸へ、痛みのように響きました。


 


 


「ず~っとガマンばかりしてきたんだもんね。」


 


 


 


 


 


 


この時「ソラ」を新しい家族の一員として
我が家へ迎え入れる決心をパパと私で したのでした。


 


 


IMG_2535a.jpg


 



現在、生後5ヶ月のソラ。


よく食べて、よく遊んで、よく寝る元気者です。


 


噛み癖があって、コラ~!なんてよくチヒロに怒られています。


アマガミ?って言うのかな。
甘噛み?


軽~くですが、アグアグしてきます。


 


 


 


チヒロは毎日、お散歩に出掛け
シーズーのおばちゃんとも相変わらず仲良し。


”育犬相談”をしながら並んで歩いています。



お座りも「待て!」も
チヒロが全てしつけて、オシッコもほぼ完璧になりました。


 


夏の暑い日も汗いっぱいかきながら
ソラのブラッシングに余念はありませんでした(^_^;)


 


「ソラ~!私がお母さんだよ!」って
毎日いっぱい話しかけながら

ソラを愛おしそうに抱きしめているチヒロ。


 


 


 


 


 


なのに、なんでだろう・・・


ソラはパパの事が1番好き。
オシッコもらしちゃう位好きなようで(笑)


 


チヒロがものすごく怒っています(笑)


 


 





 





 クリックしてね♪
人気ブログランキングへ 
     
   クリックをお願いします♪ 。(゜∀゜)ノ

 


*evergreen***


 

スポンサーサイト
[ 2007/09/07 00:43 ] きょうだいの事 | TB(0) | CM(16)

2回目の9月。 



2005年の8月。

今から2年前の夏に、ユウタの脳腫瘍が発覚しました。


そして9月9日。

この日も同じく2年前に
ユウタが初めて脳の手術を受けた日・・・。

痛々しい記憶のもとにあり
少しも薄れず私の中に残り続けています。







それから1年経った、2006年の9月9日←click!


この日、夕ご飯の後にユウタは突然激しい頭痛を訴え
私とチヒロとユウタの3人で、病院へ駆けつけたという騒ぎがありました。





  夜の病院の並木道を
  楽しそうに笑うチヒロとユウタが手を繋いで歩いていた・・・


過去のブログにそう書いてあるように

初めての手術から1年経った頃の私達家族は
ちょっとの不安でも大騒ぎになり
ちょっとの幸せも逃さずに見つけられていたんだと思います。 


 


 


そして2年後の今年、2007年。


今年の9月9日は、本当に平凡な日常の中にいました。


前日は我が家へ、ダイスキな人たちが集まり
深夜遅くまで飲み明かしていたので
クタクタでボロボロのパパではあったけど(笑)

・・・私は元気(^_^;)





ユウタが相変わらず腹ペコで
朝からとってもうるさくて


些細な事で泣いたり、感情が昂ぶったり
姉弟喧嘩したり、私に怒鳴られたり・・・


それはそれは色々と問題は相変わらずに多く
かなりヤカマシイ~我が家ではあったけど。


 


 


でも、信じられないくらい幸せだなって思います。


2年前に比べたらね。


 


 


 


 


 




 


 


8月、9月の後半にかけて私は
胸の奥から込み上げるような痛みに襲われます。


いつもいつもではないけど・・・

そう、思い出すと昨年も
同じように苦しんでいました。


 


 


食器を洗っていたり、友達と話をしていたり
TVを見ていたり、お風呂に入っていたり

それぞれの色んな場面で急に目の前の風景が
パッと病院の診察室に変わります。


 


 


 


「脳腫瘍です。」


2年前の8月
ユウタを初めて診察してくれた脳外科先生の言葉。


今では名前も思い出せない先生だけど

ユウタのCT画像を見つめたまま
その先生は、はっきりとそう告げました。


 


 


 


その光景が普段の生活の中で
急に目の前に広がり

自分でもよく分からない世界に飛んでいきます。


グ~って胸が痛くなって。


 


 


 


・・・病んでるな~って自分でも思うけど

何だか半分開き直っていて
特別真剣に悩んでもいない私です。


 


そういう自分も受け入れちゃえ!って
流すようにしています。




 


 


 


9月の手術の時も
早期再発した時も
3月に再手術を受けた時も


全てが衝撃ではあったけど
覚悟がそこにはあったから、違っています。



脳腫瘍だと初めて言われたあの日の衝撃だけは
特別な物として、ずっと残っていく痛みなんだと思います。


だったらやっぱり
受け入れちゃった方が私には楽なのかもしれない。


 


 


まだ2年前の事でもあるし
何より大切な子供の事でもあるし



「だって、辛かったんだもん!」って、そう開き直ろう (;∇;)


 


 


 




 


 


 IMG_0014b.jpg


 


先日、私とチヒロとユウタと
近所に住む「し~ちゃん」とで、ソラのお散歩に行きました。


ユウタは連日行なわれている運動会の練習で
両足首とひざを痛がっていて
そんなに遠くへは歩いて行けなかったけど

夕方、少し涼しくなった頃に出掛けました。


 


 


 


IMG_0029b.jpg


 


この時期、マンションの窓から見る景色は
さわさわってキレイに流れる金色の稲穂 。


緑からだんだんと金色に変わっていく光景が
単純に素晴らしくキレイでした。


 


毎日見てると劇的な変化も無く、分からないけど
ちゃんと変わって行ってるんだな~。


ユウタも田んぼもね。




IMG_0024b.jpg


 


金色の稲穂は近くから見ると
何だかものすごく力強さが伝わってきて
私はしゃがみ込んで、何枚も写真を撮ったりしていました。


 


IMG_0033b.jpg


 


子供達は子供達で
毎日通っている田んぼの道ではあるけど
改めて見つめると感動がいっぱいあったようで


 


 「お米なんだよね~、これって!」


 「田植えとか稲刈りとか、やってみたいな~♪」


 「すごい、いっぱいだね~!」



私なんかよりもずっと見慣れたはずの光景に
大騒ぎしていました。


 


IMG_0034b.jpg


 「これがご飯なのかぁ。」


 「ご飯、何杯分なのかなぁ。」


 「お腹すいてきたなぁ。」


 


・・・ユウタはユウタらしい感想でした(笑)


 


 


 


 


今年も夏はユウタにとって辛い季節でした。


体温調節がほとんど出来ないので
普段の体温は常に38度台。


だけど、ユウタ頑張っていたよね。




重たい体でよっこらよっこらと
毎日校門から見送る背中に

「頑張れ!」って念を送り続けてきたけど




私の方こそ、頑張らなくちゃって
ユウタの姿に支えてもらっていました。


 


9月も終わり、今度は運動会!


雨で延期続きだけど
明日は晴れるカナ?


 


 


3回目の9月はきっと
今より元気なユウタに会いたい。


ママもどこかに飛んじゃったりしないで

本当の意味で全てを
受け入れられていたらいいな。


 





 クリックしてね♪
人気ブログランキングへ 
     
   クリックをお願いします♪ 。(゜∀゜)ノ

 


*evergreen***


 

[ 2007/09/30 23:00 ] ママの心 | TB(0) | CM(8)

パパ達のお誕生会。 

2007年 9月8日。


この日、パパと”ツヨポン”のお誕生日でした。


         ・・・・・ちなみにパパは37歳。つよぽんは35歳。




ツヨポンは私のバイト先の経営者、つまり”社長!”ですが

私と同い年という事もあり
ざっくばらんなお店という事もあり(笑)
とっても馴れ馴れしく接しさせて頂いています (^_^) v




「2人のお誕生会をしよう♪」


パパたちの誕生日を こじつけに するために
我が家に仲良しが集まってワイワイ大騒ぎしました。



IMG_1169.jpg



↑ ボロボロの襖が、か~なり恐ろしい・・・( ̄∀ ̄;)


チヒロのお友達から以前
「お化け屋敷っぽいね!」と名言が飛び出たこの部屋で
子供達もパパ達にオメデトウの一言も無く(笑)
モリモリ食べて飲んで遊んでいました。



IMG_1180.jpg



左の女子は、このブログにも時々登場している
「し~ちゃん」のママ、かおりん。


真ん中の女子はツヨポンの奥様で
つまり社長夫人だ!(笑)の、ともちん。


右が私。




共通点は子供達がみんな同じ保育園。


子供達が一緒に大きくなって
今も一緒の小学校に通っています。



そして「大騒ぎ」で「バカ騒ぎ」の
おもしろくて楽しいお酒が、とにかくダイスキな私達です。





メインのパパ達と合わせて男性陣合計5人に
私達3人の総勢8人で、この日も結構やりました。



IMG_1214.jpg



あっという間に飲んでしまった梅酒2本。



IMG_1225.jpg



何だか高そうな焼酎。



IMG_1220.jpg



怖い大きさ(4リットル)のJINROさん。



IMG_1174.jpg



こちらも負けずに怖い、1.5リットルの白ワインさん。



その他に、缶ビールが数本あったかな・・・。






かおりんは早々に自宅へ非難して
ともちんは夜中の2時に寝室に非難して
私は朝の4時半に眠るユウタの横へ非難して


パパとツヨポンは何と、朝6時半まで飲んでいて(;∇;)



そのままリビングで雑魚寝をしたという
本当は主役だったはずのパパとツヨポンでした。








お料理上手のともちんが”パパパっ”と作ってくれた品々は


本当にどれもおいしくて、子供達も大喜びでした。



IMG_1228.jpg



久しぶりに手にしたコンデジで撮影したのですが
半分いい気分になっていたので、画像がヨボヨボでした。


ユウタも「もっと食べたい~!」と
最後の最後までフンフン言っていたけど
いえいえ、結構食べましたよ~ (^_-)







そして、そして!


手作りのバースデーケーキ!!!



IMG_1241.jpg



かおりんが前日から、残暑厳しいこの季節に
オーブンと格闘しながら作ってきてくれました。


かおりんはお菓子とパンを作らせたら天才です。



        ・・・泡盛を飲ませても天才的におもしろいのですが。





大人も子供も、みんなで合わせて


   happy birthday to you~ を歌いました(*^_^*)





**********************************




前記事でも書きましたが


私にとっての9月は
とても重たい月でした。



何て言っても、この翌日9日は
ユウタが初めて手術を受けた日でもあり


2年経った今でも、その日の感覚が


重くずっしりとした恐怖に変わって
心に込み上げ・・・



本当だったら一人で
ウジウジと泣いていた日なのかもしれない。




全てが変わってしまったユウタを見つめて


色んな事を思っては
悔やんだり悲しんだり


どうしようもない事に怒りも込み上げて
笑う事なんかひとつも無かったんじゃないかな。




無理をして笑っていると
余計に辛くなる事もあるけど


心から笑っていられたこの日が
9月の新しい思い出に


私の中で
家族の中で


変わってくれるといいな。



 










 クリックしてね♪
人気ブログランキングへ 
     
   クリックをお願いします♪ 。(゜∀゜)ノ

 


*evergreen***


 

[ 2007/09/30 23:59 ] 日常 | TB(0) | CM(14)
書いている人

ななえママ



●冨塚 七枝

神奈川県在住、2児の母。
ツイッターは@Na7e_

Na7e_をフォローしましょう


フェイスブックへ


************************

●メールは右サイドバー1番下の
メールフォームよりどうぞ。

*evergreen***

Family

冨塚 七枝


僕、ユウタです。 ユウタ


2000年10月生まれ。
現在、特別支援学校1年生。
4歳の時に「頭蓋咽頭腫」という
脳腫瘍を発覚。5歳で再発。

7歳の時 骨の病気である
大腿骨頭すべり症を発症。

現在は汎下垂体機能低下症。
尿崩症。
体温調節障害。
視床下部性肥満
高次脳機能障害

もう少し詳しい経過は
以下↓をご覧下さい。

ユウタは4歳の時に
頭痛と嘔吐をくり返した為
念の為にと受けたCT検査にて
「頭蓋咽頭腫」という脳腫瘍が見つかりました。

・頭蓋咽頭腫
(ずがいいんとうしゅ)
craniopharyngioma
(クラニオファリンジオーマ)

頭痛と嘔吐の症状は
水頭症を併発していた為に
起こっていた症状でした。

腫瘍摘出の為に受けた
1度目の開頭手術では
全ての腫瘍を摘出する事は出来ませんでした。

その後すぐに再燃し
その時もまた水頭症を併発していました。

腫瘍により流れにくくなっている髄液を流しやすくする処置としてすぐにシャント手術を受けました。

2度目の開頭手術には福島孝徳先生に執刀して頂き、見える範囲の腫瘍を全摘出できました。

手術の後遺症により
視床下部性の
汎下垂体機能低下症、
尿崩症
高次脳機能障害に。

使用中の薬は
・チラーヂン
・プレドニン
・成長ホルモン
・防風通聖散
・ゴナドトロピン注射
・ミニリンメルトOD錠

視床下部性の肥満の為、高度肥満に陥りました。


7歳の時に下垂体機能低下症の影響からと思われる「大腿骨頭すべり症」という足の病気になりました。(両側)

両足の大腿骨部分にボルトを埋める手術を受け、リハビリの為、肢体不自由児施設に約半年間入院しました。

小学校は3年生までは なんとか普通級で過ごしましたが
4年生になると同時に「病弱児支援級」を学校に設置してもらい、中学校でも病弱級にお世話になり過ごしました。
高校からは支援学校高等部へ。

●不安な気持ちで
   ここに訪れた方へ

ここに書いてある事は
ユウタに起こった症状と
その経過です。
頭蓋咽頭腫のお子さん全てに当てはまるものではありません。

同じ病気であっても、それぞれ症状も経過も違っています。



私、チヒロです。 チヒロ


1997年生まれ。
現在、専門学校1年生。
一見クールな奴に見られがちだけど、実はかなり笑える女子です。ギターで弾き語りをしたりライブをしたり楽しんでいます。


*************************

これまで全ての記事
全タイトルを表示!
ブログ内検索
カテゴリ
月別


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。