スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

重たい心。 

今日はとても心が重たい。


病院から帰宅しても
ずっと沈み込んでしまってる自分。





パパは仕事で1日いなかったし
チヒロは実家に行っている。


「ただいま~」と言っても、誰もいない家の玄関で
長い間座り込んだまま
もう何もしたくなくなってしまった。


 


部屋中を見渡すと
チヒロとユウタが破壊した襖や壁の汚れ・・・


そんな物までが無性に愛おしくなってきた。


 


 


 


 


 


 


今日のユウタは荒れに荒れていた。


土曜日なので
いつもよりも早くに面会に行くと
ユウタはお昼寝中だった。


 


目が覚めるとすぐに空腹を訴え出し
ユウタは、たちまち不機嫌になっていった。


 


 


               ありとあらゆる暴言を発して
            
                      一生懸命に反発してくるユウタ。


 


 




そんな事・・・


今日が初めての事ではないというのに
私は本気で悲しくなった。

どんどん、どんどん悲しくなってしまった。


 


 


見渡せば、仲良く親子で寄り添った面会風景。

ユウタの怒鳴り声だけが
大きくこの部屋に響いている。


 


 


 


みんな、もう振り返って見ることもない。
ユウタの暴言には慣れてしまっている。


聞こえないフリをしてくれているのが
私にはよ~く分かっていた。


 


 


 


 


 


 


昨日、ばあばが買って来てくれたジグソーパズルを
ユウタと二人でやっていた時に
空腹と上手く並べられないもどかしさで
ユウタがテーブルからパズルを払い飛ばした。


 


看護婦さんが来て


「お母さん、拾わないで下さい。」


 


ユウちゃんと一緒に拾いますから
お母さんは外で休憩していて下さい・・・・・・・と。


 


 


 


もう、私は泣きそうになっていた。


 


 


 


 


 


 


 


 


ごめんなさい。


ユウタが看護婦さんと謝りにきた。


 


それなのに私は、心がずっと重たかった。


 


 


 


夕飯までの間、それでもやっぱりユウタの暴言は激しかった。


怒りもしなければ、顔色も変えないママに
ユウタはだんだん不安な顔になっていった。




空腹で当り所の無い感情を
ユウタは私にぶつけるしかなかっただけなのに。


私は、ユウタの事を
わざと「無視」していた。


 


 


 


 


なんてひどい事をしたんだろう・・・。

ますます心が重たくなっていった。


 


面会時間が終わる頃
ユウタは私にぴったりとくっ付いて
そのまま眠ってしまった。


 


 


 


 




 


 


 


 


ユウタの暴言が私の心をここまで重くしたのではない。



自分自身の「情けない感情」に
ちゃんと気付いてるから、重たいだけ。








今、ママに立ちはだかっている心の壁を

明日にはちゃんと乗越えて
ユウタに会いに行こう。






 クリックしてね♪
人気ブログランキングへ 
     
   クリックをお願いします♪ o(*^▽^*)o ポチッ♪   

 


*evergreen***



 

[ 2006/05/13 23:04 ] ママの心 | TB(0) | CM(31)
v-22てる先生様
昨日はユウタに会いに来て下さってありがとうがざいました。
私も本当に嬉しかったです。

>久しぶりにユウタ君を抱っこして、ほっぺをくっつけて、目を見つめたら・・・
ユウタ君の目の中にキラキラ光るものが・・。(ごめんね、頑張ってしかいえなくて・・・)

そうですね、ユウタも一生懸命泣き出すのをガマンしていました。
私は堪えきれず、泣いちゃいましたが・・・(反省)
帰るときも、ユウタはいつまでもみんなを見送っていました。
その時はユウタも泣き出してしまいました。

もう、あの緑の帽子はユウタには入らないのかな~(笑)
でも、みんなと仲良く遊べる日を願って、あと少し頑張っていこうと思います。
退院まであとチョットだと思うんです。
退院したら、お散歩がてら園まで遊びに行かせて頂きます!
先生ありがとう。
バラさんのみんな、お花をありがとう。
[ 2006/05/17 13:03 ] [ 編集 ]
v-22野あざみ様
>あと、いい加減人間の私から一言。
「適当の勧め」
適当にやらないと、先は長いから、、、

野あざみさん、いい加減人間じゃないでしょ~~(笑)
先程は長々と愚痴を聞いていただいてありがとうございます。
鼻の壁ですね、壁!(゚∇^*)
鼻も拭いてみますよ♪

ありがとうございます~♪
[ 2006/05/17 12:55 ] [ 編集 ]
v-22てつ様
初めまして。
訪問、コメントをありがとうございます。

これから、てつさんのブログの方を読ませていただきますね。

ありがとうございます。
[ 2006/05/17 12:51 ] [ 編集 ]
v-22輪 様
いつもありがとうございます。

>後悔して・・・落ち込んで・・・次はこうしようと心の切り替えができるのです。

そんな輪さんのコメントの通り、やっと切り替わってきました。
ママにだって受け止められない日があっても、当たり前だよ~♪って、
いい感じに開き直れたと言うか、のんびり行こうかな~って進み始めました。

>「無視」ではなくて見守ること・・・。
黙って静かに見守ることは・・・「無視」と違って「意味」のある関わりです。

今回、私がしてしまった「無視」は本当に意味のないものでした。
ユウタをただ不安にさせて、私に残ったのは自己嫌悪。
輪さんの言うように
見守る中で、自分の心を落ち着かせる・・・という意味もありますよね。
いっぱい後悔しましたが、いい機会だったのかな~。
私の何かが少しだけ変われる出来事でした。

ありがとう輪さん(*^▽^)ノ



[ 2006/05/17 12:43 ] [ 編集 ]
v-22ジュン様
>笑顔を忘れずに、がんばって乗り越えて!

実は、どんなに信頼出来る先生のお話よりも
お母さんの笑顔が1番大事な治療薬!って事なんだと思います。
本当「笑顔を忘れずに」だよね~。

心のケアは、先生のお薬では効きませんからね。
分かっているのに、時に受け止められなくなる私です。
病気の子供に対しての母親の態度ではないな・・・と、ものすごく凹みましたが
今はいい具合に「開き直り」ました。
この感じを保って、のんびりと構えていく事が今の私の目標かな(*^ー^*)

ありがとうジュンさん♪
[ 2006/05/17 12:32 ] [ 編集 ]
v-22せ~ちん様
嬉しくなっちゃうようなコメントをありがとうございます!

>私には何の力も無いけれど・・・。
今、頑張ってって言いいません。
そのかわり、ななえさんの心を重くしてしまった石ころを、一つ拾って戴いていきますね。

本当にありがとうございます♪
お陰さまで、ユウタも相変わらず暴言は激しいままですが
私はいいふうに力が抜け、穏やかに過ごせています。
のんびりと構えて進んで行かないと、先はまだまだ長い・・・と思い返しました。
退院後のこれからが本当の戦い(大げさですね)なんですから。
開き直る事も時に大切かもしれませんね♪

>(因みに、話が逸れまくってしまいますが。ちひろちゃんと同い年の宅の【おまぬけ息子】は、一緒にブログを訪問すると必ずブログペットのハッピー君が【ユウタ~♪】って言うまで何度もクリックさせます(^^ゞ)

ありがとう~~~♪
実は私も同じ事をしています!
何だかとっても嬉しかったです。(゜∀゜)ノ
[ 2006/05/17 12:26 ] [ 編集 ]
v-22fuu様
ここ最近、fuuさんのほうへ訪問できずにいましたが
体調の方はいかがですか?
いつも、温かいコメントをありがとうございます。

どうしようもない気持ちを母に爆発させているんだ・・・という事は
痛いほど分かっているつもりでいたのですが・・・。
全てを受け止めてあげられない、そんな日だったのかもしれません。
意地悪な無視をしてしまった事で、ユウタにとっても私にとっても
1つもいい事はありませんでした。
小さな反省を繰り返す事になりますが、1歩ずつユウタと進んで行こうと思います。
軽く開き直って歩いていこうかなって(゚∇^*)

ありがとうございます♪
[ 2006/05/17 12:18 ] [ 編集 ]
v-223え様
>ナツミの四年続いた夜驚症に、
ケリを入れてつねった私には何にも言えません・・・。

ケリ?・・・3えちゃんでも、そんな時があったのね。
4年も掛かったとは、初耳でした。
後になって後味悪いんだよね・・・。
私もユウタやチヒロにひどいママしてるもん。
そんな後悔と共にお母さんも成長するのかな・・・と言い訳してみます(笑)

今はすっかり心も元気回復な私です。
いい意味、開き直りも大事なのかな~♪
3えちゃん、ありがとう(*^▽^)ノ
[ 2006/05/17 12:11 ] [ 編集 ]
v-22キャッピー母様
>具合悪い子に、なんて大人げないんだろう・・・と自己嫌悪に陥る事は、多々あったよ。

そんなキャッピーさんの告白に、ちょっぴり安心しちゃいました。
ユウタは病気なのに・・・と、とっても自己嫌悪だったのですが
病気だからとか、そういう事を抜きに考えてもダメダメな母となる事もありますよね。
365日、素敵なお母さんは、やっぱり私にも無理~!と
ここはチョットだけ開き直ってのんびり構えて頑張っていきます!

ありがとう(*^ー^*)
[ 2006/05/17 12:06 ] [ 編集 ]
v-22Kazurin様
>でも・・
ユウタくんの気持ち、ななえママの気持ちぶつけあってなんぼだと思います。

ユウタが病気の子供だから・・・という事に限らず
普段の育児の中でこんなような出来事は、多々ある私です。
みんなもそんなふうにぶつかりながら、
一緒に成長してる事だったりしますよね、きっと。

今は気持ちもだいぶ入れ替わり、ノンビリと構えてやっていこう♪って思ってます。
ありがとうkazurinさん(*^▽^)ノ

[ 2006/05/17 12:02 ] [ 編集 ]
v-22+あい様
何だか、どうしようもない程クタクタになっちゃっていたようにも思います。
「疲れたよ~!!!」って大っぴらに叫び辛い環境のように感じてしまって・・・。
「みんな、もっと疲れてるんだよ~」って山びこが返って来そうで
いい顔しすぎていたのかな~・・・。
今は、いい感じに割り切れてユウタも私も元気になりました!
相変わらずユウタは暴言だらけだし、私も適当に返事しています( ̄∀ ̄;)
こんなんでいいのかな・・・なんて思いますが
今はのんびり構える事が大事なように思ってきました。

いつもありがとう、あいさん♪
[ 2006/05/17 10:52 ] [ 編集 ]
v-22ぢろ様
今回は、ユウタのため・・・などではなく
ただ、母親の感情のままに意地悪をしてしまって
ものすごく後悔しました。
ただ、ユウタが病気だから・・・という事ではなく
日常の育児の中でもこんなどうしようもない出来事だらけなんですよね~私は。
チヒロに八つ当たり・・・とか。
ダメだな( ̄∀ ̄;)

今ではユウタも私も元気回復!
これからも看護婦さんを巻きこみながら?頑張っていこう!って思います。
ぢろさん、ありがとう!
[ 2006/05/17 10:47 ] [ 編集 ]
v-22さっちゃんパパ様
初めまして!
訪問、コメントをありがとうございました。
ダイスキなsatoさんの所からお越しとの事・・・とっても嬉しいです♪
さっちゃんパパさんのブログへも遊びに行かせて頂きますね!
今後もどうか、覗きに来て下さいね~。(゜∀゜)ノ
宜しくお願いします。

素敵なコメントに心が温かくなる思いです。
ありがとうございました。
[ 2006/05/17 10:41 ] [ 編集 ]
v-22Love-Jack様
いつもありがとうございます。

なんで、わざと無視したのか・・・
それは「ゴールを見据えた一つの過程」というものではありませんでした。
意地悪な無視です。
ラブさんの言うようにユウタにとっても、私にとっても意味のない事だと思います。
しばらくの間、本当に後悔していました。

今はユウタも私も元気復活♪
相変わらず、暴言も飛び出しますがユウタが「言い飽きる日」を
待つしかないかな~♪と、お気楽に考えています(^_^;)
そんなんじゃ、解決じゃないかな・・・(汗)

ラブさんありがとう♪


[ 2006/05/17 10:35 ] [ 編集 ]
v-22野あざみ様
本当に「脳」って不思議~。

色々分からないだらけの脳だから、この先の事もまだまだ分からないですよね♪
いい方に進むに決まってるよ~♪って心の中では思ってます(^^)

今回は何だか疲れちゃったみたいで、凹んでしまったのですが
今は元気になってます!
my little loverのpv、嬉しかった~~~♪
私の記事に貼り付けちゃおうかな♪
いっつもありがとう!
[ 2006/05/17 10:25 ] [ 編集 ]
v-254今日は貴重な時間をばら組のために有難うございました。
ずっとずっと会いたかった本物のユウタ君に合えて、子供達も
本当に嬉しさでいっぱいでした。帰り道も、「ユウタまた゜見てるよ」
なんて皆が後ろを振り向きながらの帰路となり、「今度はいつかなぁ・・・」と、
期待に胸をふくらませていますv-22
久しぶりにユウタ君を抱っこして、ほっぺをくっつけて、目を見つめたら・・・
ユウタ君の目の中にキラキラ光るものが・・。(ごめんね、頑張ってしかいえなくて・・・)
でも、「早く保育園に行きたい」という力強い言葉も聴けたし、本当に良かったです。
まだまだ道のりは長いけれど、一緒に歩いていこうね。
子供達も担任たちもyuki先生も本当に嬉しい一日でした。
ぱぱ・ななえママ・ユウタ君・・・いつでも保育園はユウタ君の帰りをまつてます。
一緒に笑って・一緒に遊んで・一緒に怒られて・・・の日が来ますように。
また、一時退院が決まったら教えてください。会いにいきますね。
頑張れ!頑張れ!ユウタv-221
[ 2006/05/16 21:56 ] [ 編集 ]
おはよ~!
今ね。めっちゃ元気になる曲。ナナさんスペシャルの選曲してます。
お楽しみに゛☆⌒o(*^ー゜)

あと、いい加減人間の私から一言。
「適当の勧め」
適当にやらないと、先は長いから、、、
[ 2006/05/16 09:14 ] [ 編集 ]
ユウタくんがんばっていますね。お母さんも!私のブログでは体の機能細胞のアンテナ「とうさ」を紹介しています。小児がんに関する支援を表明しています。ブログ内でアメリカの小児がんに対するニュースを紹介しています。ユウタ君の手助けになるのではないでしょうか。
[ 2006/05/16 08:50 ] [ 編集 ]
ユウタ君は、ななえママさんに感情をぶつけることができる・・・。
それはとても大事なこと・・・。
でも、それを受け止め続ける ななえママさんの心は・・・。
いつもいつも同じ心で受け止めることなど・・・誰にできましょう・・・。
私たちでさえ・・・心が悲鳴を上げることたくさんあります。

親だけど、1人の人間・・・。
堪えられなくなる時 多々あります・・・。
我慢しなくていいんですよ。
気持ちを抑えることがいいことだとは 私は思いません・・・。

どんな感情も ぶつけられるたび 受け止めれるものではないです。
いつもいつも受け止めれるわけないです。
私の普段の日常でも、それはありますもの・・・。
そして、何てダメな母親なんだろうと後悔すること・・・多々あります。
そんな後悔など比べられないですが・・・どうか自然な感情なんだと思ってください。

でも、後悔して・・・落ち込んで・・・次はこうしようと心の切り替えができるのです。

考え方を変えてみましょうか・・・。
「無視」ではなくて見守ること・・・。
黙って静かに見守ることは・・・「無視」と違って「意味」のある関わりです。
自分の心を落ち着けるための時間です。
ユウタ君に思うことを伝えることも、決して悪いことではないと思いますよ。
「お母さん・・・ちょっといっぱいになっちゃった・・・。」と
お互いの気持ちのやりとりをすることで・・・ユウタ君も気づく思いがあると思うのです。







[ 2006/05/16 07:16 ] [ 編集 ]
ななえママさんの気持ち、ものすごく痛いほど伝わってきました。
誰だって、我が子の辛い姿を見たら心が重くなるに決まってるよ!
それでも、ななえママさんは頑張ってる。そして、自分の事もユウタくんのこともわかってるんだよね。感情をコントロールできる人なんていないよ。
みんなそんな、ななえママさんを応援してるよ。
笑顔を忘れずに、がんばって乗り越えて!
[ 2006/05/15 13:15 ] [ 編集 ]
疲れもおありでしょうに、一人一人のコメントに、丁寧に返信を綴るななえさんが大好きです。
(以前は、深夜に返信されていて、今は朝の、本当ならホッとひと息コーヒータイムに、返信されてますよね。)
お逢いした事はもちろんありませんが、ユウタ君やチヒロちゃんやパパさんに向ける愛情溢れるななえさんが大好きです。
ギリギリの状況でも、ひと筋の灯りを求めて前に進もうとされるななえさんが大好きです。
ユウタ君を叱ったり、不安に凹んだり、その事で悩んだりするななえさんも大好きです。
もし、ななえさんが『あんた達に何が判るのよぉ!!!』って叫んでも、ななえさんの事が大好きよ♪

私には何の力も無いけれど・・・。
今、頑張ってって言いいません。
そのかわり、ななえさんの心を重くしてしまった石ころを、一つ拾って戴いていきますね。

大好きなななえさんへ。
愛を込めて。

(因みに、話が逸れまくってしまいますが。ちひろちゃんと同い年の宅の【おまぬけ息子】は、一緒にブログを訪問すると必ずブログペットのハッピー君が【ユウタ~♪】って言うまで何度もクリックさせます(^^ゞ)


e-316e-316e-316
[ 2006/05/15 01:22 ] [ 編集 ]
ここに来ている方はほとんどがお子さんのいるママさんでしょうから
子供の変化や心の様子は、きっと私なんかより分かるのかも。
でも、辛い気持ちは伝わってきます・・・。

ユウタ君も、わがまま言いたい訳でも、暴言吐きたい訳でもなくて。
ただ、イライラすると、感情がどうしても抑えられないんでしょうね。
入院生活もちょっと長くなってしまっているし、
自分でも知らないうちにストレス溜めてるんだろうなって。
それを抑える事なく吐き出せる場所が、
ママの前しか無いんですよ、多分。

ごめんなさい、って素直に言えるユウタ君の心。
優しいじゃないですか(^^)
本当はこんな事言いたくないんだよって。
ママごめんねって・・・
帰った後、ひとりで思っているのかも。

今はちょっと、苦しい時かもしれませんが・・・
心から笑って会える日も、絶対ありますから!
・・・でも、ななえママさんもあまり一人で背負い込まないで・・・
無理しないでくださいね。
[ 2006/05/14 22:02 ] [ 編集 ]
長丁場だもの、疲れたねー・・・。
ナツミの四年続いた夜驚症に、
ケリを入れてつねった私には何にも言えません・・・。
「人間だから、そういう日もある。」
そういうことを親から学ぶときもあるさ。
と、わたしは思う。
(それにしても私のはひどいね。)
[ 2006/05/14 20:01 ] [ 編集 ]
明日(月曜日)は外泊の日になるのかな? 
ばら組の皆がすごく・すごく会いたがっているんです。
下の公園から叫んでもいいですか?
もし、まだでしたら子供達に話してまたの機会にします。
新しい園長先生もユウタ君に会えるのを
楽しみにしていてくれています。
待っていますと・・・。
[ 2006/05/14 18:24 ] [ 編集 ]
退院後に娘がず~っと調子悪くて、ず~っと学校をお休みしてた時
家にいるのは二人だから、娘が「お母さ~ん」を連発する。
「お母さ~ん」って言われて「なぁに?」って返事出来ればいいんだけど
[なにっ???」ってなっちゃうの。
ビビッタ娘が「・・・・。なんでもない。」って言うと、自分が威嚇したからだって分かってるのに
「なんでもないなら呼ばないでよねっ!」
具合悪い子に、なんて大人げないんだろう・・・と自己嫌悪に陥る事は、多々あったよ。


ななえママは、疲れも溜まってるし、一時退院への緊張もあるんじゃない?


母親も人間だから、24時間365日 普通~良い母親でいられないよ。
きっと、みんなそうだよ。
わたしなんか 悪い~普通モードの時が結構多いよ!
反省してるけど・・・・・。





[ 2006/05/14 13:59 ] [ 編集 ]
ななえママさんの心の重さ、すごくわかります。
つい1週間前まで私もそうでしたから・・・
1人になると、ズーンと重くのしかかる自己嫌悪&罪悪感に押しつぶされそうになりますよね。

でも・・
ユウタくんの気持ち、ななえママの気持ちぶつけあってなんぼだと思います。

うまくいえないけど・・・
一番大事で一番そばに居てほしい存在なママだからユウタくんは丸ごとぶつかってくるんだと思います。
でもママだってしんどい時もありますよ。
昨日はしんどかったんですよ。そんな時はしんどいって言っていいんです。

明日はどう変わるか誰にもわからないけど、気の持ちようで変わったりもします。

明日は必ず来ます。イヤでも来ます。
今日起きてしまったこと反省したら、深く考えて自分を追い込まないで、「またあしたがんばろ!」って思えばいいんじゃないかなと思います。
[ 2006/05/14 08:20 ] [ 編集 ]
ななえママ ダイジョウブ?
loveちゃんも書いてくれてるんだけど 前を向こうって それはわかってるんだろうけど シンドイ?疲れてるね。。。
たぶん ゴールが見えないから そんな気がする いつまで頑張ったら どこまで頑張ったら それがわからないもんね。

「気持ちが萎え、ときには涙することもある。だが、涙を恥じることはない。この涙は、苦しむ勇気を持っていることの証だからだ。 」



[ 2006/05/14 08:07 ] [ 編集 ]
うーん。
ほとんど自分で文章にしてはって、整理ついてるから大丈夫やと思うけど。。
一瞬の怒りと、後まあで引きずる思いはどちらがかなしいか。

だけ、ユウタも、ママも(まだユウタは、一瞬の爆発のほうが大事なように思うけど)ママは、後に引きずらないように、

ユウタの気持ちを抑えるために、
今日の看護婦さんの行動を、おぼえてたほうがいいやんね。

わしも、どうしても不安になって、左のおなか抑えて、

「もう、肝臓が痛いから、もうだめヤーン、早くお医者さんヨンデ、注射でもなんでもして、助けてー」

って、初めて愚痴を言ったときの看護婦さんの一言。

「かんぞうはひだりぢゃなくて、みぎなんやよ」
「ちょっといっしょにはなししよか」
って言われて、一人部屋のベッドに潜った。

一日、一週間のうちのホンのひと時、一人になるのも、
まぁありなんやに。

ママしんどいのが、まだホンマニわからんけど(うちの母に聞きたくても、もう聞けへん。そんな話はするもんではないという、うちの方針)
いままではなしきいてて、ゆうたにはいいかなって。
[ 2006/05/14 01:16 ] [ 編集 ]
はじめまして。satoさんの所からお邪魔しました。以前から時々拝見しておりましたが、いつも読み逃げでした。申し訳ありません。
ななえママさんは、お写真がとても上手ですね。もちろん毎日の記事の内容も構成も、とても繊細で素晴らしいと思っています。それくらいに、全ての事をとても大切に扱われる、ななえママさんにとって、何よりも大切な我が子の病はどれほどの心の重石になっているか想像も出来ません。私などが、軽々に励ましの言葉など述べる事など出来ませんが、ななえママさんの深い愛情を一番欲し、一番必要とし、一番愛されている事を感じているのはユウタくんなのだなと推察しております。
子供の病気は、子供だけの戦いでなく、親子で戦う物なのだと改めて知りました。ユウタ君のためにも、心身のお疲れに充分に気をつけて下さい。
[ 2006/05/14 00:24 ] [ 編集 ]
ななえママさん。
一歩先を見て考えてみましょう。

なんでわざと無視したのか。
「無視」というのは、ゴールを見据えた一つの過程でなければいけないですからね。
無視したことを結果にしてしまったら、彼のためにもお母さんのためにもなりません。

常に先を見続けていれば、「情けない感情」を抱く暇もなくなりますよ。

大丈夫。
前を向いていきましょう。
[ 2006/05/13 23:51 ] [ 編集 ]
昨日か一昨日か、テレビでやっていました。
最近、キレる子供が多いでしょう。
それで、脳科学の先生が発見したんだって。
脳の中の感情を生み出すところ。
<扁桃体>神経細胞の集まりなんだって。
そこを育てるには、<笑顔>だそうだよ。
それも、身近な人の笑顔。
笑顔を見る。それが刺激となって<扁桃体>が活発になるんだって。

それで、
脳は14の部分に分かれていて、その中の<46野>というところが感情を抑えるのに重要な役割をしていることが判ったんだって。
それを育てるには
オセロとか、相手の有るゲーム。
コミュニケーションしながらのゲームだって。
相手の手を読んだりするのが良いらしいよ。

どんどん新しい発見が出てくるね。

やっぱ。脳って複雑極まりないって感じだもんね。
あっちがダメでも、こっちで補って。っていくらでも出来そう。
催眠術だって。考えてみれば、脳が勘違いして、思い込んでいるわけで、、、
不思議だらけだよね~。。。
だから、希望をもってv-363笑ってこv-293
[ 2006/05/13 23:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
書いている人

ななえママ



●冨塚 七枝

神奈川県在住、2児の母。
ツイッターは@Na7e_

Na7e_をフォローしましょう


フェイスブックへ


************************

●メールは右サイドバー1番下の
メールフォームよりどうぞ。

*evergreen***

Family


僕、ユウタです。 ユウタ


2000年10月生まれ。
現在、特別支援学校1年生。
4歳の時に「頭蓋咽頭腫」という
脳腫瘍を発覚。5歳で再発。

7歳の時 骨の病気である
大腿骨頭すべり症を発症。

現在は汎下垂体機能低下症。
尿崩症。
体温調節障害。
視床下部性肥満
高次脳機能障害

もう少し詳しい経過は
以下↓をご覧下さい。

ユウタは4歳の時に
頭痛と嘔吐をくり返した為
念の為にと受けたCT検査にて
「頭蓋咽頭腫」という脳腫瘍が見つかりました。

・頭蓋咽頭腫
(ずがいいんとうしゅ)
craniopharyngioma
(クラニオファリンジオーマ)

頭痛と嘔吐の症状は
水頭症を併発していた為に
起こっていた症状でした。

腫瘍摘出の為に受けた
1度目の開頭手術では
全ての腫瘍を摘出する事は出来ませんでした。

その後すぐに再燃し
その時もまた水頭症を併発していました。

腫瘍により流れにくくなっている髄液を流しやすくする処置としてすぐにシャント手術を受けました。

2度目の開頭手術には福島孝徳先生に執刀して頂き、見える範囲の腫瘍を全摘出できました。

手術の後遺症により
視床下部性の
汎下垂体機能低下症、
尿崩症
高次脳機能障害に。

使用中の薬は
・チラーヂン
・プレドニン
・成長ホルモン
・防風通聖散
・ゴナドトロピン注射
・ミニリンメルトOD錠

視床下部性の肥満の為、高度肥満に陥りました。


7歳の時に下垂体機能低下症の影響からと思われる「大腿骨頭すべり症」という足の病気になりました。(両側)

両足の大腿骨部分にボルトを埋める手術を受け、リハビリの為、肢体不自由児施設に約半年間入院しました。

小学校は3年生までは なんとか普通級で過ごしましたが
4年生になると同時に「病弱児支援級」を学校に設置してもらい、中学校でも病弱級にお世話になり過ごしました。
高校からは支援学校高等部へ。

●不安な気持ちで
   ここに訪れた方へ

ここに書いてある事は
ユウタに起こった症状と
その経過です。
頭蓋咽頭腫のお子さん全てに当てはまるものではありません。

同じ病気であっても、それぞれ症状も経過も違っています。



私、チヒロです。 チヒロ


1997年生まれ。
現在、専門学校1年生。
一見クールな奴に見られがちだけど、実はかなり笑える女子です。ギターで弾き語りをしたりライブをしたり楽しんでいます。


*************************

これまで全ての記事
全タイトルを表示!
ブログ内検索
カテゴリ
月別


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。