スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ここからスタート。 

昨日、ユウタは無事に退院出来ました。


その日の午前中
病室のお友達近くに椅子を持って来て
「淋しいよ~」とユウタは泣いたそうです。





退院は嬉しい。
でもお友達とのサヨナラが悲しかった・・・。


そんな光景が目に浮かび
私も色んな感情が込み上げてきました。


 


 


 


ベットサイドや棚の中
その周辺の片付けをしながら振り返る事は多くあり
大きなかばん3つに詰められた荷物と
それ以上の喜びに心は満ちていました。



dream12.gif


IMG_0166.jpg


 看護婦さんや先生方から


 手作りのカードを
 頂きました


 





IMG_0167.jpg

 あれだけの忙しさの中・・・

 
先生や看護婦さんが
  
作って下さったのかと思うと

  驚きと共に尊敬さえしてしまいます。








 


本当に良くして下さった・・・・・



毎日繰り返されたユウタの
空腹による暴言動に突き放す事無く
いつも一緒に悩んだり、励ましてくれた病棟のみなさんに

「ありがとう」以外の言葉は
最後の最後まで見つかりませんでした。




IMG_0146.jpg



 ユウタを見続けて下さった先生の1人。


 美人女医さんに囲まれて
 ここ最近では
 1番いい顔をしていました♪






               何度も何度もくじけそうになるたび
            私はこの先生に助けてもらってました。


 











IMG_0150.jpg


 過去の記事
 「看護師さんの涙」に登場した


 ユウタの大大大スキな看護婦さん♪
 
  いつもいつも
  
ユウタのそばに居てくれました。





IMG_0151.jpg


 「ユウタね、退院するの。」

  「退院してもユウタ、頑張るね。」


 ずっとユウタの話を聞いてくれていました。







IMG_0149.jpg


 辛かった時の思い出にも


 楽しかったり
   嬉しかったりした時の思い出にも・・・・・


  いつもユウタと私達の心の中に      
        登場している看護婦さんです。







*********************************









ユウタは小児病棟のドアを出る、最後の最後まで

「腹、減ったんだよ~(>_<) 」・・・と大騒ぎでした(汗)




最後くらいは可愛らしく?
「ありがとう♪」って笑顔のユウタでいて欲しかったな~(;∇;)


 


 


 


みんなに「おめでとう!」って手を振られながら・・・
二度とここへは戻らないと誓いながら・・・


私達は白い病院をあとにしました。


 


 


 




 


ユウタが退院で、実家から両親と
ひいおばあちゃんがお祝いに駆けつけてくれました。


鯛(めでたいの鯛?)と
ユウタ念願のケーキを持って・・・(*^ー^*)


 


 



IMG_0164a.jpg
 


     ユウタおめでとう。



     今までたくさんの人に
     たくさん助けられてきた事を


     この先ずっと
     ず~っと忘れないでね。






これからの人生の中で

「困ったな」
「辛いな」



そう思うことは人より多いかもしれないけど
掴んだ幸せはこれから決して手放す事無く
ユウタのペースで歩いていこうね。



 


 


067f3422.gif


   「やっと退院だ~♪」という喜びと同時に
                              あらたな不安も出てきます。


 


終わったというより、新しい事の始まりのような・・・


 


 


でも、今までと違うのは
希望に満ちた不安、であるという事。

この先に待っているのは
だんだん良くなっていくユウタであると信じているし
もう、暗闇に陥る事もないと思っています。


 


 


 


 


残念ながら、笑顔で病院を出て行けなかった
小さなお友達の分まで
ユウタには頑張ってもらわないと。


 


 


           ここからスタートです!



 





 クリックしてね♪
人気ブログランキングへ 
     
   クリックをお願いします♪ o(*^▽^*)o ポチッ♪   

 


*evergreen***



 


 



[ 2006/05/28 21:56 ] 3回目の入院 | TB(0) | CM(15)
朝一番にクラスの子供達から退院の話を聞いて本当にうれしくて・・・・v-395
早速皆で園を飛び出したばら組です。前方から元気に歩いてくるユウタ君を見つけた時は、
夢の様でした。待ちに待った退院!!皆が嬉しくて嬉しくて・・・でも上手に表現できずに
ウロウロ・・・。(子供達らしいです)帰り道のアクシデント。本当に痛かったんだと思います。
久しぶりの散歩だったこともあるだろうし、疲れも・・・。「ユウタ君におんぶしようか?」と
声をかけたときのあの嬉しそうなユウタ君の顔v-290思い出すだけでもフフフ・・・
でも、ユウタ君を背中に乗せたとき、つらいこと苦しい事を沢山持って帰ってきたんだなぁって
感じました。ななえママが重たいから・・・ってとっても心配してくださったのですが、
私にはこのユウタ君の体の中の物を少しでも一緒に持ってあげられたらって考えました。
何をしてあげればいいのかわからないのだけれど、私なりにできること考えて見ます。
保育園の皆が待っていた日が本当に来ました。奇跡は起こるんです!!
この素敵な子供達の未来には輝く希望があります。ばら組とユウタ君はいつまでもずーっと
仲間です。一歩一歩一緒に歩いて行こうね。(保育園で待ってます。)
[ 2006/05/29 21:44 ] [ 編集 ]
v-22yumi様
yumiさん、ありがとう~♪
やっと退院となりました。
普通の生活がこんなにまぶしいものだったのかと
今、改めて感じます。
泣き叫ぶユウタにさえ、今は嬉しさがこみ上げてきます。
ただ、明日の私は分かりませんが(笑)

これからも、どうかよろしくねyumiさん♪大ちゃん♪
[ 2006/05/29 21:36 ] [ 編集 ]
v-22ジュン様
ありがとう~~~ジュンさん(゚ーÅ)
やっと退院となりました。
いろんな事がありましたが、遠回りしながら正しい道を進んできたのだと
今は強く思っています。

暗い気持ちでブログを徘徊する中で見つけたジュンさんち。
いっぱい励ましてもらってきました。
今も素敵な写真に心が癒されています。
これからも、どうか宜しくお願いしますね♪

ジュンさん、本当にありがとう♪
[ 2006/05/29 21:33 ] [ 編集 ]
v-22ぢろ様
そうなんですよ~こちらの病院は
かわいい看護婦さんばっかりです♪
しかもみんなお若いのです!それにみんな優しい~(*^ー^*)
婦長さんもお若いのです。
それでいてしっかりされているので、いつも尊敬していました。

ぢろさんの仰るとおり、これからユウタをしっかりさせていかなくては・・・
その責任をひしひしと感じております。

これからも、ユウタの事見守って行ってくださいね♪
ありがとう、ぢろさん!
[ 2006/05/29 21:26 ] [ 編集 ]
v-22machi様

たくさんの「おめでとう」をありがとう~machiさん。

machiさんはお母様が大変な時にも係わらず
いつも私達を励ましてくださいましたよね。
ずっと忘れないと思います。

これからは私の方も少しずつ明るいブログに変わっていくと思います(^_^;)
それでもまだまだ愚痴りや嘆きも勃発すると思いますので
今後も宜しくお願い致しますね(*´艸`)

ありがとうmachiさん♪
[ 2006/05/29 21:22 ] [ 編集 ]
v-22sola様
ありがとう~solaさん♪
実は今日、園のみんなに会うことが出来ました!
(明日記事のUP予定です♪)
シーちゃんね、ずっとユウタに声を掛けてくれていたんだよ~。
「ユウタ!」「ユウタ!」って、みんな喜んでくれました。
母としても嬉しかったです。
シーちゃんとユウタはお腹の比べっこをしていました。
シーちゃん、ユウタの足元にも及ばない!!!
みんなユウタのお腹を見て「おお~すごーい。(゜▽゜*)」とビックリ顔でした!

久しぶりに楽しい時間が蘇りました。
子供達と一緒に居るユウタの姿は本当にまぶしかったです。

復帰まではまだ掛かると思いますが
どうかこれからも宜しくね。
ありがとう(*^ー^*)
[ 2006/05/29 21:09 ] [ 編集 ]
v-223え様
私も、実際ユウタを引き取るまでは心配でした。
やっぱり延期・・・なんてことになったらすっごく落ち込むなぁ(;_;)って
前の晩密かにハラハラドキドキしていました(^_^;)

やっと帰ってきたよ。
いいね、やっぱり多少うるさくても、兄弟は一緒がいいね。
多少じゃないけど(汗)

早く3えちゃんちに行きたいな♪
寒天宜しくね。(゜∀゜)ノ
ヘルシーな食事はユウタの為だけじゃなく、本当は家族にとってもいい事。
私も便乗ダイエットかな?
3えちゃんお勧めの、ヘルシーメニューとかないかな?
[ 2006/05/29 21:02 ] [ 編集 ]
v-22むつき様
初めまして、むつきさん♪
訪問、コメントをありがとうございます(*^ー^*)
退院おめでとうのコメント、応援のコメント、とっても嬉しいです。

>どうしてもやりきれなくなったとき、このブログに勇気をもらいました。

すごく嬉しいです(;_;)
今まで私は色々な方のブログなどに勇気や希望を頂いたり
癒してもらったりしてきたのに
そんな風に私のブログで元気を出された方がいらっしゃるなんて・・・

本当にありがとうございます。

[ 2006/05/29 20:54 ] [ 編集 ]
退院おめでとうございますv-22
良かったですね~♪
待ちに待った時間でしたね☆
家族水入らず楽しい時間を過ごして下さいね。
[ 2006/05/29 17:45 ] [ 編集 ]
すっかり出遅れてしまいました!!
ユウタくん、ななえママさん、退院本当に本当におめでとう!
よかった~!写真を見て、感動してしまった。
嬉しくって、胸がいっぱいになったよ!
新しいスタート・・・たくさんの希望を胸に
これからも、ユウタくんとななえママさんの幸せを想っています!
[ 2006/05/29 12:39 ] [ 編集 ]
こらーゆうた。

こんなにかわいい先生とか、看護婦さんがいるって、
ちゃんとわしに、いわないかんやんかー。

退院前に、言ってくれなかったら、会いに行かれ変やん。

でも、病棟は、入院するだけの場所じゃないからね。

こんなにげんきだよー、って、

看護婦さんたちに、お披露目する場所だからね。

絶対に、舞い戻らない決意は重要やけど、

違った意味で、チカラもらえる場所やから。


ママ、今から、ぎゃんぎゃんと、ユウタをしつけていってくださいね。

自分を攻めるのは、程ほどにして。な。
[ 2006/05/29 09:57 ] [ 編集 ]
ななえママさん ユウタ君
あらためて 退院おめでとうございます。

今日の写真見てね・・・ 私 涙が止まらなかったよ・・・
本当におめでとう!

言葉にならない 感動の涙で 今 いっぱい・・・

おめでとう!おめでとう! おめでとう~~~~~!!!!!!!!
[ 2006/05/29 06:29 ] [ 編集 ]
ユウタくん、退院オメデトウっっっっっ・゚・(ノД`)・゚・

ここからスタートです!

ってななえサンの文字を見ても、でもやっぱり嬉しい。
終わりではなくて新たなスタートかもしれないけど
もうあの病院に、ユウタくんは戻らない。そう思うと嬉しくて涙が出たよ。

実家に行く途中の道で 必ずあの、病院が見えるんだ。
シーと2人、大きな病院だね...って
ちょっと威圧感にビビって、でもユウタくんの病室はどこだろう...って
話しながら通ってたのを考えてました。
もちろん、シーには早速「ユウタ退院したんだよぉぉぉ!!!」って報告しちゃった。
「キャァァァァァ~~~!!」なんてひっくり返って喜んでたw

退院して、お友達との別れは辛いけど
でもこれからもっともっと、素敵が出会いが待ってるよね。
そして楽しいことも、もちろん辛いことも...たくさんね。
でもそれはアカルイミライだし。
ななえサンの文章から、とっても強い気持ちが感じられました。
新しい、これからのユウタくんに、笑顔で会えるのを楽しみにしてますっ♪
もちろ~ん、ななえサンにも!
[ 2006/05/29 01:06 ] [ 編集 ]
きのう一日、
「いまごろ何をしてるんだろか・・・」と何かにつけ
思っていました。
なんかアクシデントがあって、延期になったら
どーしよ・・・とか。いらぬ心配でした。

そう、退院ってもちろんうれしいんだけど、ちょっぴり
寂しいんだよネ・・・病棟で、いろんな思い出が
できたからなのかな。ドクターも、看護士さんも、
若くて美人揃いなのね・・・ビックリしました。
みんなこどもたちの太陽だもんね。
うちに帰ってくると、あ、自分ちってこんな匂い
なんだなとか思ったりして。

これからななえママ、二十四時間体制だね。
冷蔵庫にカギ?かな。
ほんと、ここからがスタート、なのね。
v-467ホームステイにおいでーー
寒天つくって、待ってるよ!
夕飯は、きのこ雑炊、海藻サラダなんてどお?









[ 2006/05/28 22:58 ] [ 編集 ]
はじめまして。ずっと読ませていただいておりましたが、子供の私がコメントできそうな記事ではなく、なんとなくコメントしそびれいていました。
退院おめでとうございます。今までの流れをすべて読んでいたので、本当によかったなぁと思っています(^o^) 
私も病気と闘っています。入院するようなものではないのですが、つらいこともたくさんあります。どうしてもやりきれなくなったとき、このブログに勇気をもらいました。ユウタくん、ななえママさん、ありがとう。これからも頑張ってください♪ 応援しています!
[ 2006/05/28 22:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
書いている人

ななえママ



●冨塚 七枝

神奈川県在住、2児の母。
ツイッターは@Na7e_

Na7e_をフォローしましょう


フェイスブックへ


************************

●メールは右サイドバー1番下の
メールフォームよりどうぞ。

*evergreen***

Family

冨塚 七枝


僕、ユウタです。 ユウタ


2000年10月生まれ。
現在、特別支援学校1年生。
4歳の時に「頭蓋咽頭腫」という
脳腫瘍を発覚。5歳で再発。

7歳の時 骨の病気である
大腿骨頭すべり症を発症。

現在は汎下垂体機能低下症。
尿崩症。
体温調節障害。
視床下部性肥満
高次脳機能障害

もう少し詳しい経過は
以下↓をご覧下さい。

ユウタは4歳の時に
頭痛と嘔吐をくり返した為
念の為にと受けたCT検査にて
「頭蓋咽頭腫」という脳腫瘍が見つかりました。

・頭蓋咽頭腫
(ずがいいんとうしゅ)
craniopharyngioma
(クラニオファリンジオーマ)

頭痛と嘔吐の症状は
水頭症を併発していた為に
起こっていた症状でした。

腫瘍摘出の為に受けた
1度目の開頭手術では
全ての腫瘍を摘出する事は出来ませんでした。

その後すぐに再燃し
その時もまた水頭症を併発していました。

腫瘍により流れにくくなっている髄液を流しやすくする処置としてすぐにシャント手術を受けました。

2度目の開頭手術には福島孝徳先生に執刀して頂き、見える範囲の腫瘍を全摘出できました。

手術の後遺症により
視床下部性の
汎下垂体機能低下症、
尿崩症
高次脳機能障害に。

使用中の薬は
・チラーヂン
・プレドニン
・成長ホルモン
・防風通聖散
・ゴナドトロピン注射
・ミニリンメルトOD錠

視床下部性の肥満の為、高度肥満に陥りました。


7歳の時に下垂体機能低下症の影響からと思われる「大腿骨頭すべり症」という足の病気になりました。(両側)

両足の大腿骨部分にボルトを埋める手術を受け、リハビリの為、肢体不自由児施設に約半年間入院しました。

小学校は3年生までは なんとか普通級で過ごしましたが
4年生になると同時に「病弱児支援級」を学校に設置してもらい、中学校でも病弱級にお世話になり過ごしました。
高校からは支援学校高等部へ。

●不安な気持ちで
   ここに訪れた方へ

ここに書いてある事は
ユウタに起こった症状と
その経過です。
頭蓋咽頭腫のお子さん全てに当てはまるものではありません。

同じ病気であっても、それぞれ症状も経過も違っています。



私、チヒロです。 チヒロ


1997年生まれ。
現在、専門学校1年生。
一見クールな奴に見られがちだけど、実はかなり笑える女子です。ギターで弾き語りをしたりライブをしたり楽しんでいます。


*************************

これまで全ての記事
全タイトルを表示!
ブログ内検索
カテゴリ
月別


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。