スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

保育園とママと。 

保育園復帰の朝・・・

ユウタはそれ程緊張した様子も無く
いつも通りに過ごしていました。



パパがたまたま、お休みだったので
一緒に園へ行く事になりました。


朝からバタバタと準備に慌しく
そわそわしちゃっているのは私だけ( ̄∀ ̄;)・・・でした。




前の晩に「ママと離れたくないよ~!」なんて
ユウタはメソメソしていたけど
そんな事もすっかり忘れて
園に持っていく通園バックを早々と肩に掛けたユウタは
ずっと笑顔でご機嫌でした♪



table_s.gif




園に着くと、久しぶりに見る
   


            まぶしくて懐かしい朝の風景。




みんなが「良かったね♪」「ユウタ君、おはよう!」と
次々、声を掛けてくれました。



涙ぐんで、一緒に喜んでくれたお母さんも居ました。


いつの間にか、弟が生まれているお友達も居ました。


新しく貼られた靴箱のお名前シールや、ユウタのロッカー。



新鮮だけど・・・
すべてが懐かしくて、嬉しくて。





正直言って、こんな日は来ないのだろうと考えていた頃もありました。


もう、園児としては戻れないんだろうと
覚悟していた部分もありました。







みんなの中に混ざり、床に座って歌うユウタに
涙が止まらなくなりました。



保育園に戻るんだ♪と言って
入院中によくうたっていた歌。


家でもお姉ちゃんと一緒にうたっていた歌。



私もパパも、すっかり覚えてしまった「リズムのうた。」





先生の弾くピアノに合わせて、スキップしたり
ユウタは顔を真っ赤にして頑張っています。


体が以前のように動かないんだろうな~・・・。


とっても重たそうなユウタの体です。



必死になってる赤い顔のユウタに
私はずっと「頑張れ!頑張れ!」と心で応援していました。





**********************************



パパと私と「バイバイ」する時に


やっぱりユウタは大泣きでした (^_^;)




これもまた、懐かしいことの1つです。


後ろ髪をひかれる思いで仕事に向かっていた朝とは
今は少しだけ違うけど。



ユウタはいっぱい泣いていたけど
何だか嬉しい私でした。(ユウタ ごめんね~♪)








昨日も今日も、ユウタは園をお休みしました。





原因は分からないけど・・・
朝、頭が痛いと言って苦しみます。


 


それまでは、お友達に渡すんだ!と言って
一生懸命汗だくになってお手紙を書いているのですが
急に頭を抱えて痛がります。


 


 


今日は布団を敷くと、しばらくの間眠っていました。


本当に痛い様子ですが、ちょっと感じるのは
ママと離れたくない、ユウタの心。


 


ず~っと一緒に居たからな~・・・。


赤ちゃんの時から、ずっと園に通っていたし
こんなに長い間ママと一緒に居たのは初めてだったし。


 


 


 


 


昼間、二人で布団に寝転び
「本当の気持ちを教えて」とユウタにコッソリ聞いてみると
ユウタが教えてくれました。


 


保育園に行って、みんなと遊びたい。」


「でも、ママとも一緒にいたい。」


 


       何でだか分からないけど、


             淋しくなると頭が割れそうに痛くなるんだよ・・・。




あんなに園への復帰を楽しみにしていたんだけどね。


ユウタは今、複雑な心境のようです(´・ω・`)



ここを乗越えれば、きっと楽しいのにな~って思うけど
ユウタの頭は、本当に痛い様子なので
もうチョットだけ、のんびり進んで行こうかな~(*^ー^*)


仕方ないよね♪



でも・・・・・


頭を痛がるユウタには、やっぱりハラハラしてしまいます。







寝る前にユウタがお姉ちゃんに話していました。


「明日は頭が痛くならないといいな・・・。」



ユウタなりに、もがいてるんだと思います。



ユウタの通園バックには
お友達宛に書いたお手紙が


たくさん、たくさん入っています。







 クリックしてね♪
人気ブログランキングへ 
     
   クリックをお願いします♪ o(*^▽^*)o ポチッ♪   

 


*evergreen***



 


 



[ 2006/07/05 22:23 ] 保育園 | TB(0) | CM(9)
そうそう、その気持が大事だよ

つい焦りから人と比較してしままう
そんな心の中は微妙にユウタくんの負担になってしまうからね

そんな気持になってしまうのは当然だと思うけど
そこは酷な様でもななえママが頑張らなくっちゃ

ユウタくんも頑張ってるから、ななえママも頑張れ!!

たまらなく辛い時は弱音を吐くのって恥ずかしいことじゃないから
ここでも良いから書いてたらいいよ
[ 2006/07/09 00:20 ] [ 編集 ]
v-22嵐 様
ユウタ頑張れ~って、いつも応援をありがとうございます!
少し前に進んだかと思うと、立ち止まって後ろに下がってしまったり
それでもちゃんと1歩ずつ、ちょっとでも進んでいるような気がして
こんなにのんびりとした気持ちで育児?が出来たのは、もしかしたら初めての事かもしれません。

ほかの子とくらべたり、みんなに追いつかなきゃとあせったり
まだ日常の中でそれが全部無い!と言えばウソになるかもしれませんが
ユウタはユウタのまま、進んで行ければいい~って思うようになっています、自然と。
そんな自分も何だか好きです。

1歩ずつ、立ちどまってもいいから休み休みで進んでいけたら・・・と思っています。

嵐さん、ありがとう♪
[ 2006/07/08 21:23 ] [ 編集 ]
v-22yumi様
>でもママとも一緒にいたい~その気持ち何だか凄くよくわかる。。
そして、そう言ってもらえるのって母として凄く嬉しいですよね。

うんうん、この感じは今しか味わえないものですよね。
きっと、すぐママよりお友達~になってしまうのだろうし・・・
そ、そうじゃないと困るし~!(笑)

ちなみに・・・
ユウタも最近、いつかの大ちゃんの様にね、
園の帰りは「コンビニ、行く~!」と言い出しています。
同じだ~と、笑ってしまいました(*^ー^*)

金曜日は何とか園に行って楽しめたのですが
土日と2日間空くので、いまいち不安は残っていますが
きっと笑顔で登園できる♪って思います。
いや、ちょっと泣くかな(笑)

ありがとうね~yumiさん!

[ 2006/07/08 21:14 ] [ 編集 ]
v-22むつき様
心配をしてくれて、本当にありがとう(;∇;)
金曜日に何とか登園できました。
ちょっと強引に連れて行ったのですが、親が思うほどのものではなかったようです。
園に着くと、たちまち元気になっていました。
1歩踏み出す所まで行けなかったようです。
土日と2日間空くので、どうなることやら・・・とまだ不安ですが、きっと平気♪・・・ダヨネ(^_^;)
ユウタの勇気と自信を信じるしかないかな。
この先、親がいつまでも助けてあげられる事ではないしね。
飛馬の姉のように影から見守るつもりです(*´艸`)

ありがとう~むつきさん♪
[ 2006/07/08 21:07 ] [ 編集 ]
v-22sola様
solaさん!久しぶり~♪

やっとユウタが園に復活しました!
応援してくれたみんなのお陰です、ホントに(;∇;)
先生方にもたくさんの配慮をして頂いています。
クラスのお友達にも、園のお友達にも、いっぱい応援してもらえて・・・。
素晴らしい園に通えているんだな~と実感しています。
ユウタは長い間ママとべったりだったので、ママから離れるのがイヤな様子でしたが
金曜日はみんなとプールに参加して、その後みんなで給食を食べて
少し、いやだいぶ自信がついたようです♪
月曜日も元気で登園出来ると・・・いいな(^_^;)チョットまだ不安ですが。
シーちゃんが色々ユウタの世話をやいてくれています。
あり難くてね~涙出るよ。
これからも色々あると思うけど、どうかヨロシクね(*^ー^*)

ありがとう~(*^▽^)ノ
[ 2006/07/08 21:00 ] [ 編集 ]
大人になると人前でなかなか涙は見せられない
悲しみを必死でこらえていると、こめかみがく~っと痛くなる

ユウタくん長い入院生活で悲しみを、寂しさをこらえるようになってたんだ、涙をこらえる事も

ママとずっと一緒の日々が続いて、念願の保育園にも復帰して楽しいはずなのに・・・

ユウタくんまたまた試練が訪れましたね(^_-)-☆

ユウタくん!がんばれ!!
[ 2006/07/06 22:03 ] [ 編集 ]
まずは待望の園に復帰おめでとうございます。
いや~~良かったね~1歩1歩前進していってるユウタくんが誇らしいです♪
でもママとも一緒にいたい~その気持ち何だか凄くよくわかる。。
そして、そう言ってもらえるのって母として凄く嬉しいですよね。
私も大知が入園当時の頃・・お母さん~って泣きべそかいてるのを見て・・
心の中で喜んでましたもん。
少し時間は掛かるかも知れないけど・・・
ゆっくりユウタくんの気持ちに寄り添って~のんびり行きましょう。
園はどこにも逃げないしね^^v
[ 2006/07/06 15:47 ] [ 編集 ]
ちょっと複雑ですね…。保育園に行きたい!でもママと一緒にいたい。そんな思いが入り混じっちゃうんだろうなぁ。
私もありましたよ、そういうこと。幼稚園の年長(5歳)の時、幼稚園は楽しいんだけど一日中母と一緒にいる妹がうらやましくて幼稚園に行きたくないって思ってたらなんだか調子が悪くて…って。そんなこんなで1ヶ月ちょっと登園拒否になっちゃったんですよ(-"-)  ななえママさんが言うようにそれを乗り越えれば楽しいんですけどね。私の場合は妹への嫉妬もありましたから母と2人きりの時間を作ってもらったことによって乗り越えました((笑
ただ、ユウタくんは病気のこともあるからちょっと心配ですよね。心からきているものだったらいいんですけど(いや、本当は良くないんだけど
ユウタくんが保育園にいる間、そばでずっと見ていてあげるっていうことはできないのかなぁ…。不安そうな顔をして見てきたら「ここにいるよ」って安心させてあげる。それを繰り返していくうちに自分から「もう大丈夫だよ!」って言える日がくるんじゃないかなぁって思います。あくまで私の意見ですけどね(^_^;)
通園バックの中の手紙のことを考えると切ないです(>_<) 
早く登園できる日がくることを願いつつ、ゆっくり見守ってあげてくださいね。
頑張れユウタくん!!
[ 2006/07/06 14:59 ] [ 編集 ]
ななえサンこんばんはっ!
そしてそして ユウタお帰り~~~っ♪♪♪だねぇ!!
時間がずれててまだユウタくんには(ななえサンにもだね)会えてないんだけど。

ユウタくんがかえってくるの、ほんとに待ってたよ。
ひとつあいたロッカーを見ては「ユウタ...早く帰ってきてね」って。

ついこの間、偶然お迎えのとき、園でユウタくんとパパに会ったの!!
園庭で遊んでたテル先生が「ユウタくん来てるよーっ!ホールにいるっ!!」って
教えてくれてすっ飛んで行ったのー!
大きな壁を乗り越えたユウタくんはとってもたくましく見えて、久々だったし本当に嬉しかった!
名残惜しかったけどバイバイして帰ってきたけど...
これからは園で会えるんだねぇ!
夏祭りも遠足も、色んな行事で会えるんだ...本当に嬉しいですっ!
「保育園に行きたい」けど「ママと一緒にいたい」って気持ち
きっとユウタくん自身が一番もどかしいんだよね。
無理せずあせらず、ユウタくんの強さを信じて。また園で会えるの楽しみにしてるよっ♪
[ 2006/07/06 01:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
書いている人

ななえママ



●冨塚 七枝

神奈川県在住、2児の母。
ツイッターは@Na7e_

Na7e_をフォローしましょう


フェイスブックへ


************************

●メールは右サイドバー1番下の
メールフォームよりどうぞ。

*evergreen***

Family

冨塚 七枝


僕、ユウタです。 ユウタ


2000年10月生まれ。
現在、特別支援学校1年生。
4歳の時に「頭蓋咽頭腫」という
脳腫瘍を発覚。5歳で再発。

7歳の時 骨の病気である
大腿骨頭すべり症を発症。

現在は汎下垂体機能低下症。
尿崩症。
体温調節障害。
視床下部性肥満
高次脳機能障害

もう少し詳しい経過は
以下↓をご覧下さい。

ユウタは4歳の時に
頭痛と嘔吐をくり返した為
念の為にと受けたCT検査にて
「頭蓋咽頭腫」という脳腫瘍が見つかりました。

・頭蓋咽頭腫
(ずがいいんとうしゅ)
craniopharyngioma
(クラニオファリンジオーマ)

頭痛と嘔吐の症状は
水頭症を併発していた為に
起こっていた症状でした。

腫瘍摘出の為に受けた
1度目の開頭手術では
全ての腫瘍を摘出する事は出来ませんでした。

その後すぐに再燃し
その時もまた水頭症を併発していました。

腫瘍により流れにくくなっている髄液を流しやすくする処置としてすぐにシャント手術を受けました。

2度目の開頭手術には福島孝徳先生に執刀して頂き、見える範囲の腫瘍を全摘出できました。

手術の後遺症により
視床下部性の
汎下垂体機能低下症、
尿崩症
高次脳機能障害に。

使用中の薬は
・チラーヂン
・プレドニン
・成長ホルモン
・防風通聖散
・ゴナドトロピン注射
・ミニリンメルトOD錠

視床下部性の肥満の為、高度肥満に陥りました。


7歳の時に下垂体機能低下症の影響からと思われる「大腿骨頭すべり症」という足の病気になりました。(両側)

両足の大腿骨部分にボルトを埋める手術を受け、リハビリの為、肢体不自由児施設に約半年間入院しました。

小学校は3年生までは なんとか普通級で過ごしましたが
4年生になると同時に「病弱児支援級」を学校に設置してもらい、中学校でも病弱級にお世話になり過ごしました。
高校からは支援学校高等部へ。

●不安な気持ちで
   ここに訪れた方へ

ここに書いてある事は
ユウタに起こった症状と
その経過です。
頭蓋咽頭腫のお子さん全てに当てはまるものではありません。

同じ病気であっても、それぞれ症状も経過も違っています。



私、チヒロです。 チヒロ


1997年生まれ。
現在、専門学校1年生。
一見クールな奴に見られがちだけど、実はかなり笑える女子です。ギターで弾き語りをしたりライブをしたり楽しんでいます。


*************************

これまで全ての記事
全タイトルを表示!
ブログ内検索
カテゴリ
月別


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。