スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

馬とイルカと貯金箱。 

脱水騒動後のユウタは
しばらく家で大人しく過ごしていました。


特に安静という指示はないのですが
体中の水分量が落ち着いてくれるのを
焦らず待ってみることにしました。




やっと涼しくなってきて
せっかく保育園へ通いだした矢先・・・だったけど
まずは安定させてあげなければ!


「さぁ~、のんびり行こうかね~♪」という
開き直りに似た落ち着きが
私の中に、良い意味で定着してきました。






    長く掛かっても、いつかは落ち着く日が来るでしょう♪


    その日まで、一緒に頑張ろうか。








 




 


 


考えてみれば

こんなにのんびりと
子供と家で過ごせる時間というのは
今だけなのかな?とも思います。






      来年の4月には小学校にあがるユウタ。




今みたいに1日中「ママ~♪」って、くっ付いて来るのも

「一緒に遊んでよ!」って甘えてくるのも


今だけのとても貴重な時間のように感じるのです。





IMG_0747a.jpg



 


私と家の中で遊ぶ・・・といえば「レゴ」が多いです。



ユウタをほったらかしで
ついついママが夢中になっていて (^_^;)




ユウタが使っている部品を
言葉巧みに丸め込み
ちゃっかり譲ってもらっている・・・


わる~いハハです(笑)



IMG_0138a.jpg


ユウタ作。


馬小屋ではありません(笑)



庭で馬を飼っているそうです。







このお馬さん・・・


今年の初め、ユウタの病気で
セカンドオピニオンを受けに北海道へ行った時
テレビ塔で泣いて騒いで買ってもらったものです。



でも、ユウタが本当に欲しがったものは
私の身長程ある、お馬さんの剥製でした( ̄∀ ̄;)


「無理だからーーー!!!」って(笑)




どうしてあんなに欲しがったんだろう・・・


今でもパパと笑ってしまうエピソードです。







泣いて馬の剥製を欲しがるユウタの隣で
じいじも笑っていました。



いつもなら
「ワガママ言うな!」と一喝のじいじ。


あの日のじいじは、あと少しで本当に
巨大な剥製を買ってしまいそうな勢いでした。






じいじはニコニコ、ユウタをなだめて

隣に並んだ
この手のひらサイズのお馬さんを買ってくれました。


 


ユウタは今でも、このお馬さんを
大事に大事にしています♪




IMG_0765a.jpg


 


もう1つ。


この貯金箱は小樽の「銀の鐘」にて
これまた泣いて泣いて、ユウタが欲しがった物 (-_-;)



北海道で買わなくたって・・・なものです。


神奈川に戻り
自宅周辺のお店で売られているのを
何度も見かけます(;∇;)


 


やっぱりこの貯金箱も
じいじが買っちゃってくれました。







IMG_0769a.jpg



このイルカも北海道で買ったものです。



ユウタが北海道の病院でMRIを撮る間に
チヒロがばあばと一緒に

”頑張っているユウタへ”と、御褒美を用意していてくれました。




当日は診察が長引き、深夜にホテルへ戻ったので
次の日の朝、ユウタが大喜びで包みを開けました。



喜んだ拍子にユウタは転んで
ガラスのイルカは、思いっきり割れてしまったのです。


包みを開けて、3秒後の出来事でした(;∇;)





・・・・・・・・・ユウタは、もちろん大泣き。


私は再発の事実を知り、泣くのをガマンしていたのですが
堪えきれず、ユウタと一緒に大泣き。



2人で「あ~あ~」泣いていました。



そしてもう1度、
同じガラスのイルカを買いに行ったのでした(´・ω・`)







   お馬さんも


   貯金箱も


   ガラスのイルカも・・・




私にとって、見ているだけで辛かったもの達。




だけどユウタの中では
全てが楽しかった北海道の思い出としてあるようです。


全部をキレイに覚えていて
それが私にとっても、すごく嬉しく思えます。




   「また行きたいな!」と言うユウタ。

   「また行こうな!」と言うパパ。

   「寒くない時に行きたい!」と言うチヒロ。

   
「今度行ったら、おいしいものをたくさん食べたい!」と意気込む私。





辛かった北海道での事が
ちゃんと1つずつ

楽しい思い出に変わって行ってるのかもしれません。


 







 


 



今週は木曜日と金曜日に
ユウタが保育園に行けました。



お迎えに行くと

園庭でお友達と遊んでいたり
鉄棒の練習をするお友達を手伝っていたり

以前までのユウタが少しだけ見えてきました。



先生に四六時中くっ付いて

      「お腹すいた~!」とか

      「もうヤダ~!」とか言ってるのだろうか・・・




そんな事を思っていたけど (^^;

ユウタがユウタらしさを取り戻しつつある姿と光景に
パパも私も本当にホッとしました。






長く掛かっても、いつかは落ち着く日が来るでしょう♪


    その日まで、一緒に頑張ろうか。





 


 




 クリックしてね♪
人気ブログランキングへ 
     
   クリックをお願いします♪ (゚∇^*)   

 


*evergreen***


 


 


 

[ 2006/09/15 21:00 ] 日常 | TB(0) | CM(18)
v-22konamama様
剥製の似合うような家でもないし、第一にそれを置く場所もないし
konamamaさんの言うように置けたとしても、怖いですよね(笑)
そんな風に泣いていたユウタの事も、今では笑える思い出となっていて私も嬉しいです♪

楽しい思い出の品が増えていくといいな♪

レゴ、konamamaさんちもやりますか?
思わず大人が夢中になってしまいますよね。
傑作品?が出来ると、見てみて!!!なんて、帰宅したパパにも見せてしまう私です(^^;
[ 2006/09/20 00:39 ] [ 編集 ]
v-22fuu様
チヒロも小さい時、ずっと「馬、飼いたい~~~!」って
言ってました(笑)
私も幼い頃、馬に乗って出かけてみたい・・・と憧れていました(笑)
この親にして・・・・ですかね。

ユウタの思い入れのあるもの達って、何だかヘンテコだらけです。
プリンの容器や、ビン牛乳のフタ。シロップのお薬の容器も(笑)
引き出し開けるとビックリです( ̄∀ ̄;)

だんだん、お互いに過ごしやすい時期になってきましたね♪
これからの季節にはウォーキングだ!と、張り切っています。(3日坊主かな)
ユウタと一緒に歩いて体脂肪を減らさなければ・・・。
[ 2006/09/20 00:34 ] [ 編集 ]
v-22てる先生様
週末、チヒロと3人、マンションの公園で練習しました。
・・・が、ユウタは何度か跳んではみたものの、ちょうどお昼前だった事もあり
すぐに止めてしまいました(^^;
まぁ、少しずつね・・・とは思ったのですが
上手く出来ない事に対して諦め感がユウタの様子に見え隠れしていたので
公園からの帰宅後に実はちょっと真剣に話をしました。

「どうせ出来ないから!」とか「もう、いいや!」って気持ちだと何にも出来ないよ!!!
結構厳しい口調で突き放すといつものようにキレましたが、こっちも真剣に「キレて」みました。
「頑張るところ、みせてごらん!!!」って。
無理はさせないけど、何でも「しょうがないね~」でごまかせないので
そんな所が今、家族の課題の1つとなっています。
たくさ~~~ん課題はありますが、ユウタに合わせていかないとまた振り出しに戻ってしまいそうなので、気をつけます♪

先生、こんなバトルをしょっちゅう本当に申し訳ないです(;∇;)
これからもよろしくお願いします(゚ーÅ)

[ 2006/09/20 00:27 ] [ 編集 ]
v-22むつき様
むつきさんもガラス物に弱いんですね♪
私も好きですよ!
箱根ガラスの森、私も今度行ってみようかな~!

それにしてもユウタ、剥製の馬を欲しがったりして
周りのお客さんも笑ってました。
そんな風に楽しいことに思い出が移り変わっていく事が
今の私にとっては、とても嬉しい事です。
[ 2006/09/20 00:14 ] [ 編集 ]
v-223え様
オモチャで遊ぶ・・・という事がそろそろ終わりだと思うと
淋しいような感じだよね。
でも、部屋がスッキリでいいかな♪なんて(^_^;)
赤ちゃん用品がいらなくなった時も淋しかった。
チヒロの時はユウタへオモチャを引き継ぎしたけど、今回はもういらないからな~。
3人目?・・・・・・ないでしょうな(^^;  3えちゃんは?
私は3人兄弟にしたかったけどね~。
[ 2006/09/20 00:08 ] [ 編集 ]
v-22嵐 様
>一つ一つ辛かった思い出が楽しい思い出に変わっていくやん

そうですね~人間って不思議なものです。
今回、ユウタの病気で色んな辛いことに出会ってしまいましたが
ちゃんと立ち直れる力が1人1人備わっているんだな~と感じました。

辛かった事を消すのは無理だとしても、その中で
嬉しかった事や楽しかった事、そして感謝の気持ちを急に思ったりしています。
そんな風に出来てるんだと思います、人間の生きていく力として。
[ 2006/09/20 00:01 ] [ 編集 ]
v-22+あい様
いつもご心配お掛けしていますが
そう、ユウタもマイペースで頑張っています♪
私もそんな歩幅になじんできたカナ?
いつも、いつの間にか急ぎ足になってしまうので・・・。

寒かったと思えば、残暑が蘇ったりで
体調を崩しやすいですよね。
あいさん地方はとてもとても暑いようですが
やっとホッと出来る季節ですね~!
[ 2006/09/19 23:56 ] [ 編集 ]
v-22ぢろ様
ごめんね、ぢろさん!
笑ってしまいました(*´艸`)・・・真珠の化粧箱!
私の中の「ぢろさん」イメージには全く浮かばないものでした!
意外だ・・・(*^ー^*)

看護婦さんに頂いたものはもちろん
ユウタは病院で出たゼリーやプリンの容器までとって置いてるんです。
捨てると激怒なので、困りものですが好きにさせてあげようと思っています♪
[ 2006/09/19 23:51 ] [ 編集 ]
v-22さっちゃんパパ様
>笑う事と同じように、
涙も心のビタミン剤と言いますが
涙にも色々あるんですね。

そうですね!
泣いて泣いて、スッキリと元気になれることってありますよね。
あの日、ユウタと北海道で思い切り泣けた事で
その後、笑える事が出来たように思うんです♪

馬に乗りたい・・・な気持ちは分かるんですが・・・。
剥製はちょっとね(笑)
[ 2006/09/19 23:45 ] [ 編集 ]
身長サイズの馬の剥製・・家には置けないですよね~置けても怖い?
さすがにこればかりはいくらねだられても・・・ですね。
沢山の品物,一つ一思い出が詰まっていて素敵ですね。
これからも素敵な思い出の品物が増えていくんでしょうね~。

レゴ!よく出来てますね。
親の方が夢中になっちゃうのわかります。
[ 2006/09/17 15:52 ] [ 編集 ]
私も北海道に行った時、牧場の柵越しだけど本物の馬に触ったり
草をあげたりしてました(^^)
馬の目はとっても澄んでいて綺麗なんですよねvv
動物大好きな自分は、馬欲しい!とかちらっと脳裏によぎりましたが・・・
・・・なのでユウタ君の気持ちも分からないではないですが・・・
でもその剥製だけは買うに買えませんよね(笑)
家に置くっていってもどこに置けとOTZ
まぁ、私よりはいいですよ、本物を連れて帰りたかったんですから(^^;

小物好きなので、部屋にはたくさんぬいぐるみや雑貨があります。
やっぱり、気に入っているものって、それなりの思い出もあって。
楽しい事も、悲しかった事も、みんなみんな・・・
その一つ一つに、大事にこめられているんですよね(^^)

最近ほんとに涼しくなりましたよね~。
ほんの少しだけ、ホッとできる季節でしょうか。
ユウタ君の調子も、不安定なりにも少しずつ前を向いているはず♪
気負いせずに、見守ってあげて下さいね~(^^)
[ 2006/09/16 22:34 ] [ 編集 ]
暑さも和らぎ始めユウタ君も元気に登園し始めました。
色々バトルは日々耐えませんが、本気でぶつかってあげることが一番なんだなーと
思いました。縄跳びがその一つ。
みんながどのくらい飛べるか確認のチェックをと金曜日に園庭ではじめました。
縄跳びデビューのユウタ君は思うように飛べないことに一人怒っていました。
「何で出来ないんだよー!!もうやらない」と投げ出し寸前。
「ユウタ、できなくて当たり前でしょ!みんなはユウタが入院した2月からやっているんだから」
「ユウタは今スタートしたばかり。みんなに待ってーって追いつける様に頑張るんじゃないの?」と話を
しました。先月、先々月のユウタ君だったらきっと大泣きだったことと思いますが、
昨日のユウタ君は違いました。「そうだよね。ユウタこれから頑張ればいいんだよね。先生ユウタ頑張ってみる」と
縄跳びの縄を握り締めて頑張っていました。その姿はキラキラ輝いていました。
努力は必ず実を結びます・・・1回飛べました!!「先生できたよー」本当に嬉しそうでした。
この仕事をしていて一番嬉しい事、それは子供達の「出来たよー」が保護者の皆さんより先に子供と喜べること。
子供って本当に素敵です!!そして、ユウタ君もとってもとっても素敵です。
帰りに「おうちでも練習してくるね」と手に縄を握り締めていたユウタ君。きっと来週も素敵な姿を
見せてくれると思います。皆で一緒に頑張ろうね!!では、また来週(^^)p~
[ 2006/09/16 21:31 ] [ 編集 ]
ななえママ様の背丈もある馬の剥製…。ねだられてもさすがに…ってビビッてしまいますよね(^▽^;)
イルカの置物。かわいいですねe-266  私、ガラス細工って大好きなんですよ!! 見つけるとつい買ってしまいます(*´艸`)  箱根ガラスの森に行った時は目が輝いてたんだろうなぁ(★-∀-)
つらかった思い出もだんだんいい思い出になっていくんですね!  のんびりいこうという姿勢、すごくいいと思いますよ♪ 私もそうしないとねぇ・・・。ゆっくりとでも確実に頑張りましょうね!
[ 2006/09/16 17:28 ] [ 編集 ]
う、馬の剥製・・・。
お客さんが度肝を抜くね。
ユウタくん、馬に乗せてあげたいね。

ブロックも、オリガミも、お絵かきも、きっともうすぐ
卒業だもんね。
ちょっとさびしいキモチでオモチャを処分する日が、
もうすぐ来るのかな・・・。
そうだよね、ゆったりと今の時間を、ただ楽しめば
いいよね。
かくいう私も、子供を早く寝かせるためとか、なるべく手作りのご飯を食べさせようとか思うと、相手をしてやる余裕もなくガミガミ言ってしまう毎日。
後悔しそうだなー。
今日は、ゆっくり相手してみようかな。
[ 2006/09/16 06:33 ] [ 編集 ]
長く掛かっても、いつかは落ち着く日が来るでしょう♪

    その日まで、一緒に頑張ろうか。


そうそう、その気持その気持

一つ一つ辛かった思い出が楽しい思い出に変わっていくやん

ユウタくんもそんなななえママが好きなんだよ
心配ばかりしてるママよりもね

[ 2006/09/16 00:55 ] [ 編集 ]
いつも感心するのは ななえママの写真 上手だなぁって思います。
こういう風に撮れたら良いのに でも ま いっか。

ユウタ君 マイペースで 何とかやってますね!
他のご家族も元気そうだし とりあえず安心しました。

これから 寒くなります 風邪などひきませんように・・・
[ 2006/09/16 00:02 ] [ 編集 ]
時間ね。いろいろ考えてしまうけど、時間は、流れるな。
それに沿って流れていくのが、いいなーーー。

わしも持ってんで。
真珠の化粧箱(何でこんなん、欲しくなったのか分からんけど買ってもらった)、キーホルダー(地元のやのに、買ってもらった)、ぬいぐるみ(そのとき一回だけ、ぬいぐるみを買った。くまちゃん。まだ部屋にあるの)

看護婦さんにもらったものも、かなりあるし、捨てらんない。
みんな良い思い出。


いいおもいでになってるよ。
[ 2006/09/15 23:22 ] [ 編集 ]
笑う事と同じように、
涙も心のビタミン剤と言いますが
涙にも色々あるんですね。

馬が欲しかったユウタ君の気持ちが解る気がします。
だって、格好いいもんねえ。

いつかは、本物の馬に乗れる時もくるでしょうね。
[ 2006/09/15 23:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
書いている人

ななえママ



●冨塚 七枝

神奈川県在住、2児の母。
ツイッターは@Na7e_

Na7e_をフォローしましょう


フェイスブックへ


************************

●メールは右サイドバー1番下の
メールフォームよりどうぞ。

*evergreen***

Family

冨塚 七枝


僕、ユウタです。 ユウタ


2000年10月生まれ。
現在、特別支援学校1年生。
4歳の時に「頭蓋咽頭腫」という
脳腫瘍を発覚。5歳で再発。

7歳の時 骨の病気である
大腿骨頭すべり症を発症。

現在は汎下垂体機能低下症。
尿崩症。
体温調節障害。
視床下部性肥満
高次脳機能障害

もう少し詳しい経過は
以下↓をご覧下さい。

ユウタは4歳の時に
頭痛と嘔吐をくり返した為
念の為にと受けたCT検査にて
「頭蓋咽頭腫」という脳腫瘍が見つかりました。

・頭蓋咽頭腫
(ずがいいんとうしゅ)
craniopharyngioma
(クラニオファリンジオーマ)

頭痛と嘔吐の症状は
水頭症を併発していた為に
起こっていた症状でした。

腫瘍摘出の為に受けた
1度目の開頭手術では
全ての腫瘍を摘出する事は出来ませんでした。

その後すぐに再燃し
その時もまた水頭症を併発していました。

腫瘍により流れにくくなっている髄液を流しやすくする処置としてすぐにシャント手術を受けました。

2度目の開頭手術には福島孝徳先生に執刀して頂き、見える範囲の腫瘍を全摘出できました。

手術の後遺症により
視床下部性の
汎下垂体機能低下症、
尿崩症
高次脳機能障害に。

使用中の薬は
・チラーヂン
・プレドニン
・成長ホルモン
・防風通聖散
・ゴナドトロピン注射
・ミニリンメルトOD錠

視床下部性の肥満の為、高度肥満に陥りました。


7歳の時に下垂体機能低下症の影響からと思われる「大腿骨頭すべり症」という足の病気になりました。(両側)

両足の大腿骨部分にボルトを埋める手術を受け、リハビリの為、肢体不自由児施設に約半年間入院しました。

小学校は3年生までは なんとか普通級で過ごしましたが
4年生になると同時に「病弱児支援級」を学校に設置してもらい、中学校でも病弱級にお世話になり過ごしました。
高校からは支援学校高等部へ。

●不安な気持ちで
   ここに訪れた方へ

ここに書いてある事は
ユウタに起こった症状と
その経過です。
頭蓋咽頭腫のお子さん全てに当てはまるものではありません。

同じ病気であっても、それぞれ症状も経過も違っています。



私、チヒロです。 チヒロ


1997年生まれ。
現在、専門学校1年生。
一見クールな奴に見られがちだけど、実はかなり笑える女子です。ギターで弾き語りをしたりライブをしたり楽しんでいます。


*************************

これまで全ての記事
全タイトルを表示!
ブログ内検索
カテゴリ
月別


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。