スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お祈り。 

自分がピンチになると頼ってしまうけれど
普段は全く、神様の存在を信じていなかった私。

厄年も「怖い」という気持ちはあるものの、
今まできちんと御祓いもしてきませんでした。

逆にパパはかなり気にする人。
私は小心者のくせに、
その辺は気にしていなかったんです。



ユウタの病気を発覚後、
そんな私でも、ものすごく神様にすがりたくなりました。

こんな言い方をすると非常識で不謹慎なのかもしれませんが
ありとあらゆる神様にお願いしていました。
どうしても1つに絞れず・・・。

宗教に入会!とまでは行かなくても
良いと思ったもの、良いと聞いたもの全てを信じていました。

 

人伝に知った有名な先生の所にも行き
ユウタの事を見て頂いたり
いい方向に進むための過ごし方を聞いては
毎日欠かさずに取り入れました。

細木○子さんの本も3冊買って、パパと二人
大切な部分にはマーカーを引いて、何度も読みました。

年明けは家族で八方除けの御祈願にも行き
今、我が家の全部の部屋と方位には
白い御札様のお守りがペタペタと貼られてあります。

 

 

一日の始まりは、お祈りから始まる我が家。

パパがいる時は私と二人で。
居ないときは、私一人でお祈りします。

 

子供達には強制しませんでしたが
「一緒にする?」と聞いて、気が向けば一緒に祈ってました。

 

 

夜、布団に入ったユウタがしかめっ面で手を合わせていました。

「神様・・・・○△・・・×¥♪%☆・・・・・・・生きていけますように」
と、お祈りをしています。



最初の「神様」と「生きていけますように」しか
聞き取れなかったので、私はものすごく不安になりました。

       

         もしかしてユウタは自分が死ぬんだと思っているの?

 

ドキドキしながらユウタにお祈りの内容を聞いてみました。

 

  「ユウタの病気が治って、もうみんなに迷惑を掛けませんように。」

     「家族みんながいつも元気で生きて行けます様に」

              その二つだけだよ

 

 

迷惑なんて掛けてないんだよって説明していると
聞いていたのか、聞いていなかったのか・・・・・
ユウタは満足気な顔で寝ちゃっていました

 

 

 

毎朝のお祈りに、最初は「何やってんのぉ」的だった子供達も
たまに、そっと私の隣に並んで手を合わせています。

 

         神様を信じる、信じないの問題でもなく
        ユウタの手術の成功を祈る為だけでもなく


子供達が・・・・・
「家族みんな、元気で過ごせますように」と、願う事に
毎日我が家で行っている、神様お願い!の儀式?は
やっていて良かったなって思います。

 


 

この間、家電の修理に来たお兄さんが
玄関や廊下やリビングなど、
そこらじゅうに貼られた白い八方除けのお守りに
ちょっとビビッていました

そして修理の家電の上、
ちょうど、お兄さんの目線辺りに
小児脳腫瘍についてのポスターや
腫瘍についてのメールコピーが貼られてあり
お兄さんは・・・・・

「ポスター ⇔ ユウタの頭 」 と、繰り返し見ていました。

ユウタはおかまい無しでお兄さんに話しかけています

 

お兄さん 「やばい所に来ちゃったなぁ~」な感じだったかな(笑)

でもユウタといっぱい話をしてくれた
優しい修理屋さんでした。

 

 

不幸を背負った、かわいそうな家庭に映るかもしれないけど
これで結構、幸せな我が家です



 クリックしてね♪
人気ブログランキングへ 
     
   クリックをお願いします♪ o(*^▽^*)o ポチッ♪   

 

 

*evergreen***

 

 

[ 2006/03/09 23:40 ] ママの心 | TB(0) | CM(7)
スズランラン様
ちょっとした事に、大きな幸せを感じる事が出来るようになったのは
ユウタのお陰だと思っています。
それから、だめになってしまった時の私をさりげなく支えてくれた
たくさんの友人や周りの方々・・・。家族。
それがなければ、いつまでも気付けない事がたくさんあったように思います。
宗教とは?・・・そんな風に深く考える事はありませんが
やっぱりピンチになるとすがりたくなりますよね。
本当にわがままなお願いばかりの私達です。宗派も関係なく
全ての神様に今は祈るばかりの日々です。
[ 2006/03/10 22:19 ] [ 編集 ]
+あい様(続き)
写経、最近では「写経セット」なるものが売られているのを
以前見かけました。
それにしても、ネット写経というものがあるとは驚きました。
どんな形にしても、心の平静がなくては出来ないものですね。
それに、長く続ける事って本当に大変な事です。
色々な写経があるとの事、私も調べたくなりました。
あいさん、ありがとう
[ 2006/03/10 22:13 ] [ 編集 ]
+あい様
>そして 身近な人達の心配事 勝手は百も承知で お願いしたりしています。。
何だか、あいさんの人柄の見えたコメントでした。
いつもいつも、周りの人に気を配って応援したり励ましていたり・・・。
さりげなく「がんばれ!」といってくれるあいさんにいつもホッとします。
> 健康や幸せを願うのに お金は要らないという事です、 幸せに値段がつくという話は違います。。。
そうですね。その通りだと思います。義妹が「お姉ちゃんが宗教にはまらないように・・・!」といつも気に掛けてくれていました、あの頃
[ 2006/03/10 22:07 ] [ 編集 ]
私も主人もまったく宗教など信じてはいなかったのですが、やはり娘や私が入院したりした時には、厄年などを気にして、厄払いをしました。
普段はまったくその気はないのに、わがままな神頼みをしてしまいました。
だけど、そういうときのために宗教や占いなどがあるのでしょうね。
「不幸を背負った、かわいそうな家庭に映るかもしれないけど
これで結構、幸せな我が家です」
素晴らしい言葉です。
多分、不幸を知らない人は毎日が幸せだという事には気が付かないのだと思います。
辛い事を知っているからこそ、より一層幸せを感じる事が出来るのだと思います。
ユウタくんも自然にお祈りしているのですね。
私もそういうときがあります。誰にというわけではないですが「お願い!」と思うことがあります。
人間の自然な姿なんだと思います。
[ 2006/03/10 21:57 ] [ 編集 ]
追伸
心が落ち着くために というわけでもありませんが 写経をしています。
本物の写経は用意が何かと大変だし 続けられないかもしれません、そんな時に 私はネット写経をみつけました。。。百日間続けられましたし 今も続けています。
長いお経は 毎日ともなると 中々面倒で時間もとられます でもお経にも色々あるのを知りました。
そして 無料です。それどころか 丁寧に お守り 数珠 お札も頂きました。
お礼は 献血してくだされば結構ですというのです。
自己満足の世界かもなぁ って感じもあるんですが あくまで気持ちの問題ですけどね。。。
[ 2006/03/10 09:50 ] [ 編集 ]
おはようございます
人間って 弱いですね 悩みが無い時には 何も考えませんが ココロが弱ってくると 何かに頼ったり すがりたくなってしまいます。
そういうワタシも同じです 子供の病気 自分や主人の健康 そして 身近な人達の心配事 勝手は百も承知で お願いしたりしています。。
そういう時にこそ 一番気をつけてくださいね 詐欺まがいの人が付け入ってきます。
基本は 健康や幸せを願うのに お金は要らないという事です、 幸せに値段がつくという話は違います。。。
そこさえ シッカリ抑えておけば 間違いは無いでしょう。
[ 2006/03/10 09:35 ] [ 編集 ]
たった5歳の子がそんなお祈りをするなんて・・・
なんだか切なくなっちゃうよ。
本当に優しいね、ゆうたは。
ゆうたの病気がわかった時、神様でも誰でも何でもすがりたくなった
ななの気持ち痛いほどわかるよ。
私もゆうとが無事生まれることができるかわからなかった時、
誰でもいいからとにかく助けてってそれだけだった。
今のななとは比べ物にならないほど短い時間だったけど。
ドタバタ過ぎていく毎日の中にも家族を想うそんな時間て大切だね。
私もこれから毎朝家族が元気に過ごせるようお祈りしよう!
ちなみに家族の中にはななの家族も入ってます。
[ 2006/03/10 01:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
書いている人

ななえママ



●冨塚 七枝

神奈川県在住、2児の母。
ツイッターは@Na7e_

Na7e_をフォローしましょう


フェイスブックへ


************************

●メールは右サイドバー1番下の
メールフォームよりどうぞ。

*evergreen***

Family


僕、ユウタです。 ユウタ


2000年10月生まれ。
現在、特別支援学校1年生。
4歳の時に「頭蓋咽頭腫」という
脳腫瘍を発覚。5歳で再発。

7歳の時 骨の病気である
大腿骨頭すべり症を発症。

現在は汎下垂体機能低下症。
尿崩症。
体温調節障害。
視床下部性肥満
高次脳機能障害

もう少し詳しい経過は
以下↓をご覧下さい。

ユウタは4歳の時に
頭痛と嘔吐をくり返した為
念の為にと受けたCT検査にて
「頭蓋咽頭腫」という脳腫瘍が見つかりました。

・頭蓋咽頭腫
(ずがいいんとうしゅ)
craniopharyngioma
(クラニオファリンジオーマ)

頭痛と嘔吐の症状は
水頭症を併発していた為に
起こっていた症状でした。

腫瘍摘出の為に受けた
1度目の開頭手術では
全ての腫瘍を摘出する事は出来ませんでした。

その後すぐに再燃し
その時もまた水頭症を併発していました。

腫瘍により流れにくくなっている髄液を流しやすくする処置としてすぐにシャント手術を受けました。

2度目の開頭手術には福島孝徳先生に執刀して頂き、見える範囲の腫瘍を全摘出できました。

手術の後遺症により
視床下部性の
汎下垂体機能低下症、
尿崩症
高次脳機能障害に。

使用中の薬は
・チラーヂン
・プレドニン
・成長ホルモン
・防風通聖散
・ゴナドトロピン注射
・ミニリンメルトOD錠

視床下部性の肥満の為、高度肥満に陥りました。


7歳の時に下垂体機能低下症の影響からと思われる「大腿骨頭すべり症」という足の病気になりました。(両側)

両足の大腿骨部分にボルトを埋める手術を受け、リハビリの為、肢体不自由児施設に約半年間入院しました。

小学校は3年生までは なんとか普通級で過ごしましたが
4年生になると同時に「病弱児支援級」を学校に設置してもらい、中学校でも病弱級にお世話になり過ごしました。
高校からは支援学校高等部へ。

●不安な気持ちで
   ここに訪れた方へ

ここに書いてある事は
ユウタに起こった症状と
その経過です。
頭蓋咽頭腫のお子さん全てに当てはまるものではありません。

同じ病気であっても、それぞれ症状も経過も違っています。



私、チヒロです。 チヒロ


1997年生まれ。
現在、専門学校1年生。
一見クールな奴に見られがちだけど、実はかなり笑える女子です。ギターで弾き語りをしたりライブをしたり楽しんでいます。


*************************

これまで全ての記事
全タイトルを表示!
ブログ内検索
カテゴリ
月別


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。