スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

思い出遠足。 

2007年 3月7日(水)


保育園の年長さん達とでは最後となる
「思い出遠足」の日でした。



行き先は「よこはま動物園 ズーラシア」


みんなでバスに乗って1時間半くらいの道のりです。




当日は、とてもいいお天気でした。


 


 


 


 


今回の遠足、なんと”おやつ持参”です


前日にウキウキおやつを買いに出掛けました。


「お菓子を買っても良い!」という事自体が
ユウタにとっては最高~に嬉しすぎる事。


スーパーのお菓子コーナーでは30分以上も悩んで悩んで・・・。


 


欲しい!と手に取る物はチョコレート系がほとんど( ̄∀ ̄;)

「それはちょっと・・・。」というものばかりです。


 


「チョコを遠足に持って行くと溶けちゃうから、おいしくないよ!」と
チヒロが何とか説得してくれて

それでも悩んで悩んで悩んで。


やっとグミを買いました。


 


IMG_1463.jpg


 


だ円型のグミの中に
1つだけハート型のものが入っていたようで


ユウタは嬉しそうに持ち帰ってきました♪


 


 


 


 


遠足は何度かみんなと参加できるようになっていましたが


今回はバスに乗っている時間も長い為
色々と心配な事はありました。


 


まずは、おしっこ。


尿崩症の点鼻薬は出発前に打って行っても
帰りの時間に薬が切れてしまったら・・・とか
バスの中で突然「おしっこ~っ!」となってしまったら・・・とか。


車酔いもひどくなっているので、大丈夫かな~って。


 


 


 


先生方の配慮と様々な協力によって
色んな心配事も大きな問題とはならずに


みんなとは最後となる遠足へ無事、参加する事が出来ました。


 


感謝でいっぱいです。


 


 




 


 


 


その頃のユウタ。


以前の入院中に服用していた「食欲抑制」のお薬を
再度、使ってみようという事になり
服用し始めたばかりの頃でした。


 


食欲の抑制であるお薬ですが、使っている人達からのデータにより
体重の増加も抑えられているという事が見えるとのお話で

異常な体重増加が少しでも抑えられたら・・・という思いで
始める事にしたのです。


私は期待大!でした。

でも、パパはその薬を使う事に反対でした。

     ”薬で抑えるなんて・・・”


その時、私はパパの言葉に耳を傾けようともしていませんでした。


 


 


 


なにより気になるのが、副作用。


「うつ」症状が出るかもしれないという事でした。


 


 


ユウタは視床下部性のものからと思われる、鬱っぽい症状が
もともと普段から出ているので、分かりづらいだろうと思っていたのですが


明らかにその変化に気が付いてくれたのが
保育園の先生でした。



情けない事に私は
先生にユウタの様子を聞いた後、それに気付きました。




そう、確かに「しょぼ~ん」としていて。

肩をガク~ンと落として、被害妄想にどっぷりハマり
「ユウタなんか、どうせ・・・」が口癖に。



手術後に退院して保育園に復帰してからのユウタは
心の葛藤や色々な事から来ている被害妄想はとても激しくなっていて
同時に、落ち込みを見せる事は多々ありましたが

薬を始めてからのユウタは
もっともっとひどく打ちのめされているようでした。


 


主治医の先生からは

「うつ症状が表れたら、すぐ服用中止してね!」と言われていたので
結局は1週間も続ける事無く、やめてしまいました。


 


 


 


 


遠足当日も、この薬を飲んで出掛けていました。


もっと早く気付いてあげられていたらなぁ。


 


もっともっと楽しい遠足になったかなって
お母さんはとても悔やんでいます(涙)


ごめんね、ユウタ。


 


 




 



 


遠足には500円、お小遣いを持って行っていました。


みんな、個人個人で選んでおみやげを買うのです♪



な~んて楽しい遠足なんだろうね(*^_^*)



IMG_1475.jpg


ユウタの選んだおみやげは


日本ではこの動物園にしかいないとされている
「オカピ」のボールペン。



ユウタってなぜか事務用品に目が無くて・・・(笑)


三色ボールペンとか、修正テープとか。
100円ショップで欲しがるものは、いつもそんな物ばかりなのです
(^_^;)




自分で選んで、自分で買ってきたおみやげに
ユウタはとても満足気で、嬉しそうにしていました。


でも、その後は例の薬の副作用もあったのか
疲労も加わってメソメソ。


何が悲しいのか、自分でもよく分からないようでした。




「みんなと遠足行って、良かった。」


「でも、疲れて足が痛いよ。」


「みんなとお別れ、嫌だよ~。」


 



いろんな訴えをボソボソ声で呟いているかと思ったら
いつの間にか、熟睡していました。


 



IMG_1479.jpg


お腹丸出しで
メソメソしながら寝ちゃってるユウタだけど。


重たい体で、よく頑張ったよね。



”おもいでえんそく”


行けて良かった。


みんなと一緒に行けて良かった。


本当に良かった。




忘れないでね。


先生と手を繋いで歩いて頑張った事も
先生の手が暖かかった事も。


ちゃんと頑張れた事も。


 


 




 クリックしてね♪
人気ブログランキングへ 
     
   クリックをお願いします♪ 。(゜∀゜)ノ

 


*evergreen***


 

[ 2007/03/15 22:54 ] 保育園 | TB(0) | CM(6)
v-223え様
<(゚ー^)ノ^*・'゚☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゚:*:・'゚☆なっちゃん卒園おめでとう~♪

やっぱ、号泣だった?そうだよね。
チヒロの時も始まりからすでにポロポロきていたけど
園児の歌とかで来るんだよね~~~(;_;)

今年は園児が受け取った卒園証書を親が近くまで歩み寄り
受け取るらしいから、私がおかしな事をしちゃわないか、そんな変な心配もあるよ(笑)
あと、3日です。
[ 2007/03/17 11:00 ] [ 編集 ]
v-22むつき様
いつもコメントありがとう~。

そう、薬って難しいですね。
メディアでは危険と広まっている薬を先入観から拒否してしまったり
使い方によっては素晴らしい薬だったりするのに・・・。
その人にとってはピッタリと合う薬でも
私には、どうしても合わない・・・と、そんな事も良くある事ですし。
主治医の先生の話しだけではなく、その経過を上手く患者側から伝えて
まかせっきりではなく、二人三脚で治療して行くのが私の理想です。

思い出遠足、行けて良かったです。
ユウタももちろん喜んでいたけど
私もやっぱり感無量な思い出として残り続けて行くと思います。
ありがとう~(^^)
[ 2007/03/17 10:54 ] [ 編集 ]
v-22sola様
今日は17日。
卒園式までとうとう3日だね~。
その後も30日まで登園するから、本当のサヨナラではないんだけど
やっぱり淋しさばっかり込み上げて来るね。
し~ちゃんとは小学校でも一緒だね。
どうかこれからも親子共々よろしくお願いします(*^ー^*)

し~ちゃん、シナモン喜んでくれて良かった。
どうしても1人で渡しに行くって言い張って、出掛けて行ったよ^^
こちらこそ、いつもありがとうね♪
[ 2007/03/17 10:49 ] [ 編集 ]
こんな格好で寝ちゃうなんてよほど疲れたんだね。
無事、終わってよかったよかった。

なつみは、今日卒園式だったよ。
前半、真奈美が暴れて暴れて泣くどこじゃなかったんだけど、
もうみんなが泣き終わったころに号泣して恥かいたよ・・・。
昔はこんなに泣かなかったのになあ。歳とったのかな。
保育園は長いから、卒園式は泣けそーー。
こどもってすぐ大きくなっちゃって、つまんない。
[ 2007/03/16 22:11 ] [ 編集 ]
よかったですね♪ 最後の遠足が最高のものとなって!

薬は・・・パパさんの意見もわかるし、ななえママ様の意見もわかるなぁ。子どものうちから薬を使うということには抵抗があるし、薬に頼るのは・・・って気持ちもありますよね。。 
でも、副作用が出ちゃっただなんて。つらい思いをしたね。でもね、ななえママ様もそんなに自分のことを責めないで下さい。そんな一人で抱え込まなくても、周りの誰か(今回は保育園の先生)が必ずフォローしてくれるんだから! ななえママや家族だけで一生懸命ユウタくんを守るんじゃなくて、ユウタくんの周りの人みんなで守っていけば良いと思いますよ♪
人に頼ってもいいじゃない。

私自身、生理痛がひどい人なのですが、薬の副作用が不安だからという理由でずっと飲んではいけないと思っていたことがあります。今は市販薬を使っているんだけど、もっと早く使ってればな…と後悔しています。
処方薬のほうも主治医の先生に体への影響とかを聞いて「強いお薬じゃないから大丈夫!」とお墨付きをもらってようやく安心したし…。

でもね、思ったんですよ。
確かに薬は使い方によっては毒になる。でも、時には我慢する事が薬を使う事以上に毒になることがあるんです。
だから、ケース・バイ・ケース。
余計に苦しまずに生活するという事を前提に利用すれば良いのではないかと思います。
[ 2007/03/16 14:44 ] [ 編集 ]
ななえサンへ

今日はありがとうね~~~!!
帰りに思いがけず、プレゼントv-25もらえてシーも大喜びだったよ!
帰ってきて早速一緒に開けたんだけど、発狂してたよ~Σ(〃▽〃 )
「さすがユウタだね~~~♪」なんて言ってた!(シナモン大好きだからね~!)
「いつもお菓子とかパンとかくれてアリガトウっ!!」ってニコニコ笑顔で言ってくれて
わたしまで嬉しくなっちゃったよ~。
別れ際、また持ってきてね♪って言ってたのが超かわいかったわ(笑)(´∀`∩)

あと4日後に卒園式なんて、全然信じられない...( ・ g・)
(今月いっぱい登園するからってのもあるかな~)
思い出遠足が終わった時点で既に泣いたよ、わたし...(,, ゚×゚)
ほんとにいい先生とお友達に恵まれて、幸せ者だと思う。
新しい生活も楽しみだけど、やっぱり寂しいよ。
卒園式は思いっきり泣こうね...。゚・(ノД`)人(´Д`)人(Д` )・゚。

ハート型のグミ、なんだかカワイイね~。
あぁいうの見つけると、いい事あるような気がするなぁ...v-22
[ 2007/03/16 01:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
書いている人

ななえママ



●冨塚 七枝

神奈川県在住、2児の母。
ツイッターは@Na7e_

Na7e_をフォローしましょう


フェイスブックへ


************************

●メールは右サイドバー1番下の
メールフォームよりどうぞ。

*evergreen***

Family

冨塚 七枝


僕、ユウタです。 ユウタ


2000年10月生まれ。
現在、特別支援学校1年生。
4歳の時に「頭蓋咽頭腫」という
脳腫瘍を発覚。5歳で再発。

7歳の時 骨の病気である
大腿骨頭すべり症を発症。

現在は汎下垂体機能低下症。
尿崩症。
体温調節障害。
視床下部性肥満
高次脳機能障害

もう少し詳しい経過は
以下↓をご覧下さい。

ユウタは4歳の時に
頭痛と嘔吐をくり返した為
念の為にと受けたCT検査にて
「頭蓋咽頭腫」という脳腫瘍が見つかりました。

・頭蓋咽頭腫
(ずがいいんとうしゅ)
craniopharyngioma
(クラニオファリンジオーマ)

頭痛と嘔吐の症状は
水頭症を併発していた為に
起こっていた症状でした。

腫瘍摘出の為に受けた
1度目の開頭手術では
全ての腫瘍を摘出する事は出来ませんでした。

その後すぐに再燃し
その時もまた水頭症を併発していました。

腫瘍により流れにくくなっている髄液を流しやすくする処置としてすぐにシャント手術を受けました。

2度目の開頭手術には福島孝徳先生に執刀して頂き、見える範囲の腫瘍を全摘出できました。

手術の後遺症により
視床下部性の
汎下垂体機能低下症、
尿崩症
高次脳機能障害に。

使用中の薬は
・チラーヂン
・プレドニン
・成長ホルモン
・防風通聖散
・ゴナドトロピン注射
・ミニリンメルトOD錠

視床下部性の肥満の為、高度肥満に陥りました。


7歳の時に下垂体機能低下症の影響からと思われる「大腿骨頭すべり症」という足の病気になりました。(両側)

両足の大腿骨部分にボルトを埋める手術を受け、リハビリの為、肢体不自由児施設に約半年間入院しました。

小学校は3年生までは なんとか普通級で過ごしましたが
4年生になると同時に「病弱児支援級」を学校に設置してもらい、中学校でも病弱級にお世話になり過ごしました。
高校からは支援学校高等部へ。

●不安な気持ちで
   ここに訪れた方へ

ここに書いてある事は
ユウタに起こった症状と
その経過です。
頭蓋咽頭腫のお子さん全てに当てはまるものではありません。

同じ病気であっても、それぞれ症状も経過も違っています。



私、チヒロです。 チヒロ


1997年生まれ。
現在、専門学校1年生。
一見クールな奴に見られがちだけど、実はかなり笑える女子です。ギターで弾き語りをしたりライブをしたり楽しんでいます。


*************************

これまで全ての記事
全タイトルを表示!
ブログ内検索
カテゴリ
月別


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。