スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

さくら。 

2007年 4月1日


保育園のお友達ファミリー主催のお花見に
チヒロとユウタと私で参加して来ました。



IMG_2077a.jpg


いろんなHPを覗いて見ても
この日の関東地方は絶好のお花見日和で

それはそれは気持ちのいい春の日でした♪



ユウタの調子も絶好調で
頭痛もなく、元気イッパイ。



卒園から久しぶりに会うお友達との再会にも喜びつつ
でも、ユウタの喜びはそれ以上に
ずら~っと並べられたお弁当たちに釘づけ状態でした(^_^;)



 




 



モリモリと嬉しそうに焼きそばを食べているユウタを見ながら
ついつい思い出してしまう「去年の今頃」。


手術後の安定に時間が掛かり
ユウタは少しの桜も見る事なくベットに居ました。




入院している病院への面会に向かう車中で私は
ヒラヒラと舞う、桜の花びらさえも
疎ましく感じていた日もありました。


 


入院前に「桜の花が見たいんだ~♪」と言って
春を楽しみにしていたユウタの言葉を思い出しては
胸が苦しくなっていた昨年の私。


 


春なんて、さくらなんて
大っ嫌いな私でした。


 


 


 


今、そんな事は遥か昔の事のように感じながら

大きな桜の木の下で
モリモリと焼きそばを食べているユウタと並んで
グビグビと焼酎を飲んでいる、お気楽な私がいる・・・。



 


 IMG_2027a.jpg



人見知りを全くしないユウタ。


初めて会う人とも、大人とも、すぐに仲良し(笑)




色んな人達に可愛がってもらえて
そんな様子を私はとても嬉しく見ていました。


 


IMG_2028a.jpg


 


お腹さえ満たされていれば

こんなふうに楽しく過ごせて
こんな笑顔も見せてはくれるんだけどな~・・・


 


 


 


**********************************





久しぶりに。


病気の事なんて10分の1くらいしか思い出さずに
思い切り笑って、思い切り飲んで過ごした1日でした。


 


「一緒に頑張っていこうよ。」


「仲間だろ。」




そんな風に言ってくれたお友達のパパの言葉が
酔っている私の胸にはず~っと繰り返し響いていて

人の温かさに、優しさに
嬉しくて泣いたりするのも久しぶりだったな。


 


 


IMG_2033a.jpg




ユウタがかけると、中学生のヤンキー少年みたいで
実はずっと吹き出しそうだったんだけど

このサングラスをユウタは1日中借りていて
ずっと最後まで「欲しい!欲しい!」とねだっていました・・・


 


楽しい1日だったね。


 


 


 


春もさくらも、好きになれた日です。


 




 クリックしてね♪
人気ブログランキングへ 
     
   クリックをお願いします♪ 。(゜∀゜)ノ

 


*evergreen***


 

[ 2007/04/11 22:55 ] お出掛け | TB(0) | CM(10)
v-22ち~まま様
>兄貴なユウタくん・・・似合い過ぎです。
>そして、貫禄有り過ぎです。

でしょう?
本人も、相当欲しがっていました(笑)
久しぶりにいい写真が撮れたと思っています(*´艸`)

それよりそれより!
今、まさに頑張っている時でしょうか?
頑張れ、ち~ままさん!頑張れ、赤ちゃん!
[ 2007/04/18 14:29 ] [ 編集 ]
v-22mai様
ユウタ、サングラス好きだよね~(笑)
実家にある写真を思い出したよ(^_^;)

maiは今頃、沖縄だね。
海に入ってるのかな?
[ 2007/04/18 14:26 ] [ 編集 ]
v-22みゆきちゃん様

今年は外で、みんなとご飯を食べたり遊んだりしながら
綺麗な桜を見る事が出来ました。
来年も、こんな風に皆で笑いながら桜の木の下で過ごしたいです♪
[ 2007/04/18 14:24 ] [ 編集 ]
v-22嵐 様
嵐さんも切ない思い出と共に桜があるんですね。

>その時の事でなく
>優しい笑顔、楽しかった事、頑張ってた母の姿を思い出しながら

私も、2006年の嫌いだった桜の思い出が少しずつ消えて
温かい思い出に変わっていくのかな(*^ー^*)

人それぞれの桜ですよね。
[ 2007/04/18 14:23 ] [ 編集 ]
v-22むつき様
むつきさんの桜の思い出、風景が浮かんできますね。
来年も、そして再来年も、桜と共に残っていく思い出たちが
素敵なものでありますように。

昨年は桜の花が綺麗だった頃が、ちょうど辛い時期だったので
満開の桜を見ても悲しくなるだけでした。
綺麗なら綺麗なほど、憎たらしくなって。
でも、落ち込み気味だった心も、春だったから救われた部分も多かったんです。

今年の桜がとっても綺麗で、皆が笑っていて、幸せだな~と感じられて
本当に良かったです♪
[ 2007/04/18 14:19 ] [ 編集 ]
兄貴なユウタくん・・・似合い過ぎです。
そして、貫禄有り過ぎです。

でもサングラスの下に隠れる笑顔が可愛いv-432


青空と桜・・・このコントラストは春の象徴。v-252v-252v-252
私の好きなワンショットでもあります。

私の今年の桜は夜桜だったんだけど、来年は青空の下、家族4人で桜を満喫したいと思っています。
未だ産まれていない次女・・・来年の今頃は、どれ位成長しているんでしょうかねぇ~v-511

来年の桜・・・・楽しみです。
[ 2007/04/14 14:00 ] [ 編集 ]
ゆうたサングラスすきだよね!
よく似合ってると思うよ(゚ー゚)
もうサクラもちっちゃうねー。。。
[ 2007/04/13 10:11 ] [ 編集 ]
ユウタ君、今年は桜見れたんだね。よかったv-25
[ 2007/04/13 08:06 ] [ 編集 ]
桜って不思議ですね
みなさんそれぞれに色んな思い出や思いいれの有る花

私にもあります

親父を早くに亡くし女手一つで育ててくれた母親

大学に行きたくても行く事も出来ず、働き出したとたんに・・・

病院へ桜の一枝をもっていったのが最後でした

桜を見ると何時も思います

毎年お墓の傍に有る桜の木から一枝折って墓前に

その時の事でなく

優しい笑顔、楽しかった事、頑張ってた母の姿を思い出しながら



[ 2007/04/12 22:34 ] [ 編集 ]
桜は、いろいろな思い出があります。
小学校の入学式のとき、土砂降りの中、桜の前で写真を撮ったこと。
幼稚園時代の友人と、幼稚園の前にある公園でお花見をしたこと。
小学校卒業の時、少し早咲きの桜の前で写真を撮ったこと。
井の頭公園の桜を見に行ったこと。
桜の前で中学入学式の写真を撮ったこと。
自分が以前住んでいた場所を見に行ったら面影すらなくてぼんやりと桜を見上げたこと・・・・・・。
そして・・・桜の舞う時期にお会いした病院の先生が、1年経ってまたこの季節に退職なさったこと。
さらには主治医の先生の『大学辞める宣言』も今年東京でちょうど桜が満開になった時です。

友人が白血病で入院する前、まだ元気だった秋に遊びに行った時「今度会うのはきっとお花見だねぇ~」と言っていました。でも、その年のお花見は叶いませんでした。
「今年は無理だったから来年こそはきっと…。」
そう言っていました。

あれから1年。
半分散りながらも桜は残っていました。
その中で、退院した友人とそのご姉妹、そして私の妹で公園に行き、桜を見ることができました。
ひらひらと舞う桜の花びらを友人と2人で一生懸命つかまえようと頑張っていました(笑)
手のひらに乗った20枚の桜の花びら。
それをふわっと投げて、また舞っていく姿をそっと見ていました。
また来年、再来年・・・・・・。
これからも一緒に桜を見られますように・・・と祈りながら。

開花前後の桜は切ってはいけないと言います。
その時期に枝を切ると、真っ赤な樹液が流れるのです。
まるで血のように・・・・・・。
桜が赤い涙を流す。
だから、開花前後の桜を切るのはとても不吉なことなのです。
不思議・・・・ですよね。
[ 2007/04/12 18:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
書いている人

ななえママ



●冨塚 七枝

神奈川県在住、2児の母。
ツイッターは@Na7e_

Na7e_をフォローしましょう


フェイスブックへ


************************

●メールは右サイドバー1番下の
メールフォームよりどうぞ。

*evergreen***

Family

冨塚 七枝


僕、ユウタです。 ユウタ


2000年10月生まれ。
現在、特別支援学校1年生。
4歳の時に「頭蓋咽頭腫」という
脳腫瘍を発覚。5歳で再発。

7歳の時 骨の病気である
大腿骨頭すべり症を発症。

現在は汎下垂体機能低下症。
尿崩症。
体温調節障害。
視床下部性肥満
高次脳機能障害

もう少し詳しい経過は
以下↓をご覧下さい。

ユウタは4歳の時に
頭痛と嘔吐をくり返した為
念の為にと受けたCT検査にて
「頭蓋咽頭腫」という脳腫瘍が見つかりました。

・頭蓋咽頭腫
(ずがいいんとうしゅ)
craniopharyngioma
(クラニオファリンジオーマ)

頭痛と嘔吐の症状は
水頭症を併発していた為に
起こっていた症状でした。

腫瘍摘出の為に受けた
1度目の開頭手術では
全ての腫瘍を摘出する事は出来ませんでした。

その後すぐに再燃し
その時もまた水頭症を併発していました。

腫瘍により流れにくくなっている髄液を流しやすくする処置としてすぐにシャント手術を受けました。

2度目の開頭手術には福島孝徳先生に執刀して頂き、見える範囲の腫瘍を全摘出できました。

手術の後遺症により
視床下部性の
汎下垂体機能低下症、
尿崩症
高次脳機能障害に。

使用中の薬は
・チラーヂン
・プレドニン
・成長ホルモン
・防風通聖散
・ゴナドトロピン注射
・ミニリンメルトOD錠

視床下部性の肥満の為、高度肥満に陥りました。


7歳の時に下垂体機能低下症の影響からと思われる「大腿骨頭すべり症」という足の病気になりました。(両側)

両足の大腿骨部分にボルトを埋める手術を受け、リハビリの為、肢体不自由児施設に約半年間入院しました。

小学校は3年生までは なんとか普通級で過ごしましたが
4年生になると同時に「病弱児支援級」を学校に設置してもらい、中学校でも病弱級にお世話になり過ごしました。
高校からは支援学校高等部へ。

●不安な気持ちで
   ここに訪れた方へ

ここに書いてある事は
ユウタに起こった症状と
その経過です。
頭蓋咽頭腫のお子さん全てに当てはまるものではありません。

同じ病気であっても、それぞれ症状も経過も違っています。



私、チヒロです。 チヒロ


1997年生まれ。
現在、専門学校1年生。
一見クールな奴に見られがちだけど、実はかなり笑える女子です。ギターで弾き語りをしたりライブをしたり楽しんでいます。


*************************

これまで全ての記事
全タイトルを表示!
ブログ内検索
カテゴリ
月別


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。