スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スイミングとコーチ。 

今日はユウタのスイミングの日。


4回目となります。





学校でも3、4時間目が水泳の授業でした。


  学校でもプール
  放課後もスイミングスクール。



これ、大丈夫なのだろうか・・・


ハハは、ちょっとばかり心配でした。






私の心配をよそに
今日のユウタはとっても元気でした。


学校でも水泳授業があったし
いつもだったら、スイミングに行く気力も体力も
残っていないはずなんだけど。





学校から帰ると・・・


まず明日の時間割を揃えて
宿題を終わらせて

それから「こどもチャレンジ」のお勉強!



そして、スイミングへ行きました。






ユウタは「こどもチャレンジ」という
通信添削教材がダイスキで
毎月、家に届くのを楽しみに待っています。

1日1ページね!の約束は守らず
どんどんやってしまいます。




疲労が大きい日は宿題をやるのもやっと、という事も多いので
帰宅後に、それもたっぷり疲れているはずの今日の日に

元気イッパイで張り切る姿を見て
正直、驚いてしまいました。






「かあちゃ~ん!ユウタ、頑張ってくるよ!」


そう言ってユウタは
笑顔でプールの中に入って行きました。





 





 





この頃の私は・・・といっても
まだ4回目のスクール見学ですが

周りの声や視線を気にするよりも
ユウタの頑張る姿に1時間、釘付け状態です。





暴れん坊でやんちゃで、水なんてちっとも怖くなくて・・・

といった昔のユウタの見る影もないくらい
今は恐る恐る、水に顔を付けているユウタだけど

一生懸命に頑張っている姿。




無性に愛おしくなります。


気を抜くと、嬉しい涙が溢れてきます。




な~んでもないような、普通の事だけど

子供の頑張る姿が
今の私を支えてくれています。












見学席の2階まで聞こえてくる子供達の声に混ざって
ユウタの大きな返事が聞こえてきます。


「出来た人?」


「はい!」


 


みんなと同じように楽しく参加できる事が
何よりユウタの自信にも繋がっているようです。


 


 


 


背泳ぎの体勢で、お水に浮き
コーチが体を支えて水面を動いている時

ユウタの頭が一瞬水中に沈み、鼻に水が入りました。


 



「痛いよ~!!!」



う~あ~~~って泣きだしました。
  


 


 


コーチは慌てる様子もなく、ユウタの前に立ち
「泣くな!」と言っているようでした。


大丈夫か?といった様子でもなく
「はい、次の人!」と次の順番の子の方へ行ってしまいました。


 


それまで張り切っていたユウタでしたが
突然の痛みと恐怖でテンションは思いきり下がり
プールサイドにもたれて、メソメソしていました。


近くにいた別のコーチも
「泣くんじゃない!」と首を横に振り、ユウタを素通り。


 


 


 


ユウタ、どうするのかな・・・


私は心配の気持ちではなく
今日のユウタなら頑張れる気がして、じっと見ていました。



 


トボトボ顔でみんなの列に戻り、ユウタの順番。


それでもコーチは怖気づいたユウタを無視して
どんどん他の子が泳いで行きます。


 


 


やっとコーチがユウタを振り返り
泳いで来るよう促しています。


ユウタは背泳ぎが怖くなってしまったようで
ショボショボ顔のまま「バタ足でいい?」と聞いています。


 


コーチが顔を横に振ると
ユウタが意を決して、背泳ぎし始めました。


 


 


 


 


「出来るじゃないか!」と言った様子で
コーチが笑顔でユウタの頭をポンポンと叩き

ユウタも本当に嬉しそうな笑顔で
2階席の私へ”Vサイン”してきました。


 


 


 


 


**********************************


 


 


            水の中だとね、太っていても関係ないみたい。


                    走ると足が痛いけど
               泳ぐ事はみんなと同じに出来るから。









ユウタが帰りの車で嬉しそうに
そう、話していました。


 


 


 


 


楽しく参加できれば・・・

体力も筋力も付けば・・・



私はスイミングスクールに対して
そんな期待だけでしたが


何だか本当は、もっと素晴らしい事を
ここで教えていただいているのかもしれない。


 


 


そんなふうに思います。


とても有り難い事です。




 





 クリックしてね♪
人気ブログランキングへ 
     
   クリックをお願いします♪ 。(゜∀゜)ノ

 


*evergreen***


 

[ 2007/06/19 23:22 ] 日常 | TB(0) | CM(10)
v-22ののはなお様
コメントありがとうございます♪

この日のユウタはとっても元気で私も本当に嬉しくて
思わず投稿しましたが、それ以降は疲労気味な様子です(涙)
元気だったり、どんより疲れきっていたり、そんな毎日の繰り返しです。
最近は湿気も多く、そんな日はとても疲れるようです。
カンカン照りの日も体温調節が出来ないので本当に大変です。

小学校生活で初めての夏を体験するのですが
梅雨時期でもくたばっているので、どうなる事やら・・・と心配です(>_<)

>6月10日、帰る時に、ユウタ君がうちのチビにニコニコ
笑顔で握手してくれました。
その笑顔がとっても可愛くて、嬉しくて、どさくさにまぎれて
私も握手しちゃいました(#^.^#)
今度は遅刻せずに行きます。

>6月10日、帰る時に、ユウタ君がうちのチビにニコニコ
>笑顔で握手してくれました。
>その笑顔がとっても可愛くて、嬉しくて、どさくさにまぎれて
>私も握手しちゃいました(#^.^#)

最後の最後になって仲良しになったようですね。
良かった~(*^ー^*)

ユウタは太っているので目立つのですが
結構女子高生やおばあちゃん方からは
「カワイイ!」と言われる事が多いんですよ(笑)
いい顔で笑うね~!と言ってもらえるのが最高の褒め言葉です♪
言われるユウタよりもむしろ私も方が大喜びです(親バカ)

ありがとう~(*^_^*)


[ 2007/06/26 21:58 ] [ 編集 ]
ユウタ君の笑顔、目に浮かびます。
本当に、楽しいのでしょうね。

子供の頑張っている姿は、どんな言葉よりも大きな
力を持っていますよね。
私も、何度まいこから元気をもらった事か、、、。

ななえママさんの気持ち、痛い程伝わってきます。
ユウタ君の楽しい時間が増えて、良かったです。


6月10日、帰る時に、ユウタ君がうちのチビにニコニコ
笑顔で握手してくれました。
その笑顔がとっても可愛くて、嬉しくて、どさくさにまぎれて
私も握手しちゃいました(#^.^#)
今度は遅刻せずに行きます。

[ 2007/06/21 22:21 ] [ 編集 ]
v-22むつき様
そう、鼻に入ると「ツ~ン!」として最初は痛いんですよね(*_*)
むつきさんの言うように、慣れれば鼻にも入らなくなると思うのですが
最初はそれも試練ですね。
乗越えなくちゃ・・・な所です。

そうそう、チヒロもスイミングやってますよ!
チヒロはずっと小さい頃から習いたがっていたので
念願のスイミングとあって、気合いも入りまくりな様子です。
ユウタの時と同様、1時間ずっと私が2階席から見ているのですが
チヒロは目が悪い為「ママが怒った顔してチヒロを見てる」と勘違いし
そりゃあもう必死に泳いだそうです。
普段、鬼母なので怖いんだろうか(笑)
[ 2007/06/20 23:02 ] [ 編集 ]
v-22せ~ちん様
ユウタにとって今、このスイミングが失い掛けている自信を
取り戻す大きな力となってくれると信じています。

せ~ちんさんの仰るとおり、ユウタのセリフはちょっぴり切なかったです。
だけど、生き生きとしたユウタを見るのは
本当に久しぶりの事なので、切ない思いに勝って嬉しい気持ちになりました。

>悩んだり、凹んだり、喜んだりでいいんだからね♪

せ~ちんさん、いつもありがとう。
この言葉に救われます。
悩んで凹んで、悩んで凹んでの繰り返しで来ていますが
こんな私でも時々は心も1歩前進出来るようになって来ました。

>背泳ぎ出来るユウタ君。凄いです!
>うちの翼はまだ息継ぎで壁にブチ当たっていますとほほ・・・

翼君もスイミング習っているんですね♪
ユウタは背泳ぎとはいっても、ビート板を胸に抱えて浮かんで泳ぐだけです(笑)
それでも、一生懸命な姿を見られる事が本当に嬉しくて。
親バカですが、かわいいなって思えます。
[ 2007/06/20 22:56 ] [ 編集 ]
v-22くみママ様
>ユウタくんが元気に頑張ってる様子を見ると、嬉しく安心します。

くみちゃん、いつもありがとう。
いつも希望が持てなくなった時に
立ち直る道を教えてくれる くみちゃんがいてくれて
本当に感謝しています。
そろそろ逆転して、私がくみちゃんを笑わせたいな♪
・・・と思っています。

>私事ですが、かのんの病気が発覚して、今日でちょうど1年です。
>今の状態に感謝する嬉しい気持ちと、過去を思い出し胸が締め付けられるような
>気持ち・・・色んな気持ちが入り混じって複雑な一日を過ごしています。

今日で1年か。
発覚した日の事は、本当にNO・1の衝撃だったよね。
手術とか、再発とか、その後の経過の中で衝撃も色々だけど
1番堕ちたのは医師からの「脳腫瘍です」の宣告だと思う。

色んな気持ちが入り混じる、複雑な心は痛いほどよく分かるよ。
過去を振り返ると、涙が出てくる事がまだ多い私だけど
今のこの状況も数年後には過去として懐かしく見ているのかな・・・。

「あの時は本当に頑張っていた!」と自分で自分を褒めて見つめ返せるように
頑張らなくちゃって思っています。

1年間はあっという間のように感じる反面、もう何年も過ぎているような変な感覚でしょう?
私もくみちゃんと知り合ってから、もうすぐ1ねんだというのに
長い間、ずっと一緒な感じがする(笑)
*cranio park*のみんなともそんな感覚だよね(*´艸`)


これからも、私達の子供が少しでも良い方向へ向かって行きますように・・・。

この平穏な日々が続きますように・・・。


そう、一緒に願い続けようね。
[ 2007/06/20 22:33 ] [ 編集 ]
v-223え様
>病気があるからって、ヘンにやさしくされないほうが
>助かるね。子供って、手加減とか同情に敏感だものね。

そうね、本当にそう思った。
同情されて、悔しくて頑張る気持ちが芽生えてくれたらいいのだけど
そうではなくて、ユウタの場合はそれに甘えそうで怖い。

出来なくて当たり前には思って欲しくないし
コーチも本当はドキドキしてる部分が多いと思うのね。
でもあえて、厳しく対応してくれるコーチに感謝です。

なっちゃんちの壁掛け時計をみて
「ドラゼミ、いいなぁ!」と連呼していたチヒロとユウタです。
3えちゃんの子供だもん、頭脳優秀に育つでしょうな!
チヒロ(今、4年生)の勉強もだいぶ難しくなってきてるよ~。
[ 2007/06/20 22:20 ] [ 編集 ]
早速良い方向にいっているみたいですね♪

水が鼻に入ったりとかすると痛いよねぇ…。分かります!
でも、水泳をやっていたらそんなこと日常茶飯事なんです。これから何度もそういうこと必ずあるの、ユウタくん。
最初は嫌かもしれないけど、慣れたら大丈夫。それに上手くなったらそういうことも少なくなります。
だから頑張って! 上手くなるためには苦しいこともたくさんある。でも、それが当たり前なんですよ。だから、くじけずに頑張ってね♪ユウタくん。

ところで、チヒロちゃんはどうなんですか? スイミングやっているんですか??
[ 2007/06/20 20:05 ] [ 編集 ]
ユウタ君の台詞は、切ないけれど。身体の状態からくるハンデを感じない場所が出来た事は、ユウタ君にとっては良かったですねえ。

私の大親友は筋ジスで、歩くこともままならなかった頃に、一緒にハワイに行って、泳いだのですが、水の中では私よりノビノビ動いていてとても気持ち良さそうだったのを覚えています。

一歩ずつね♪

大丈夫だから。

ユウタ君が、明るく物怖じしないのは、ななえママさんやパパさん、チヒロちゃん、一家全員の見つめる方向が、間違っていないからだと思いますよ(^^♪

悩んだり、凹んだり、喜んだりでいいんだからね♪

背泳ぎ出来るユウタ君。凄いです!うちの翼はまだ息継ぎで壁にブチ当たっていますe-330とほほ・・・。
[ 2007/06/20 17:42 ] [ 編集 ]
ユウタくんが元気に頑張ってる様子を見ると、嬉しく安心します。

これからも、色々皆よりしんどく感じることがあるかもしれないけど、
その都度、ベソをかきながらも乗り越えていって欲しいね。

私事ですが、かのんの病気が発覚して、今日でちょうど1年です。
今の状態に感謝する嬉しい気持ちと、過去を思い出し胸が締め付けられるような
気持ち・・・色んな気持ちが入り混じって複雑な一日を過ごしています。

これからも、私達の子供が少しでも良い方向へ向かって行きますように・・・。

この平穏な日々が続きますように・・・。
[ 2007/06/20 13:52 ] [ 編集 ]
太っていても、というか太っているのほうが浮くって
聞いたんだけどどうなのかな?
水の抵抗は受けそうだけど(笑)。
病気があるからって、ヘンにやさしくされないほうが
助かるね。子供って、手加減とか同情に敏感だものね。
ナツミはきょうが初めてのプール授業です。

うちも、コラショじゃないけどナツミに教材をとって
一緒に勉強しています。やんなさい、というだけじゃ
アレかなと思って、コピーをとって
ワタシも同じものをやり、交換して採点しています。
あいうえおとか、1たす1から・・・。
根気がいるぅー(汗)
このまま続けて、つまづいて嫌いになってしまったままの
算数、数学とやりなおしていけたらいいな。
たぶん、教える立場が四年生あたりで逆転しそうな・・・。

[ 2007/06/20 11:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
書いている人

ななえママ



●冨塚 七枝

神奈川県在住、2児の母。
ツイッターは@Na7e_

Na7e_をフォローしましょう


フェイスブックへ


************************

●メールは右サイドバー1番下の
メールフォームよりどうぞ。

*evergreen***

Family

冨塚 七枝


僕、ユウタです。 ユウタ


2000年10月生まれ。
現在、特別支援学校1年生。
4歳の時に「頭蓋咽頭腫」という
脳腫瘍を発覚。5歳で再発。

7歳の時 骨の病気である
大腿骨頭すべり症を発症。

現在は汎下垂体機能低下症。
尿崩症。
体温調節障害。
視床下部性肥満
高次脳機能障害

もう少し詳しい経過は
以下↓をご覧下さい。

ユウタは4歳の時に
頭痛と嘔吐をくり返した為
念の為にと受けたCT検査にて
「頭蓋咽頭腫」という脳腫瘍が見つかりました。

・頭蓋咽頭腫
(ずがいいんとうしゅ)
craniopharyngioma
(クラニオファリンジオーマ)

頭痛と嘔吐の症状は
水頭症を併発していた為に
起こっていた症状でした。

腫瘍摘出の為に受けた
1度目の開頭手術では
全ての腫瘍を摘出する事は出来ませんでした。

その後すぐに再燃し
その時もまた水頭症を併発していました。

腫瘍により流れにくくなっている髄液を流しやすくする処置としてすぐにシャント手術を受けました。

2度目の開頭手術には福島孝徳先生に執刀して頂き、見える範囲の腫瘍を全摘出できました。

手術の後遺症により
視床下部性の
汎下垂体機能低下症、
尿崩症
高次脳機能障害に。

使用中の薬は
・チラーヂン
・プレドニン
・成長ホルモン
・防風通聖散
・ゴナドトロピン注射
・ミニリンメルトOD錠

視床下部性の肥満の為、高度肥満に陥りました。


7歳の時に下垂体機能低下症の影響からと思われる「大腿骨頭すべり症」という足の病気になりました。(両側)

両足の大腿骨部分にボルトを埋める手術を受け、リハビリの為、肢体不自由児施設に約半年間入院しました。

小学校は3年生までは なんとか普通級で過ごしましたが
4年生になると同時に「病弱児支援級」を学校に設置してもらい、中学校でも病弱級にお世話になり過ごしました。
高校からは支援学校高等部へ。

●不安な気持ちで
   ここに訪れた方へ

ここに書いてある事は
ユウタに起こった症状と
その経過です。
頭蓋咽頭腫のお子さん全てに当てはまるものではありません。

同じ病気であっても、それぞれ症状も経過も違っています。



私、チヒロです。 チヒロ


1997年生まれ。
現在、専門学校1年生。
一見クールな奴に見られがちだけど、実はかなり笑える女子です。ギターで弾き語りをしたりライブをしたり楽しんでいます。


*************************

これまで全ての記事
全タイトルを表示!
ブログ内検索
カテゴリ
月別


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。