スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

退院間近。 

入院8日目。

今日のユウタはいつもよりかなりテンションでした。


ピョンピョン

  なぜかと言うと・・・・・



回診に来た主治医の先生に

「もう、明日あたりにでも退院していいかもねぇ。」
と、言われたようです。

 



手術後、初めて頭から洗ってもらい
お風呂に入れてもらったようでした。

面会に行くと、頭にネットもかぶらずに
スッキリとしたユウタがお友達と遊んでいました。


傷口には縫った糸がピョンピョンとはみ出していて
とても痛々しい感じでしたが
本人はほとんど痛みも無い様子で、
私達もやっと一安心といった心境です。

 

 

もうすぐ退院となった今、
毎日、面会終了時にあれだけ泣いていたユウタが
お兄ちゃんブリを発揮して、頑張り始めました。
とは言っても、まだまだ泣いてはいますが。


私は、ほぼ面会終了時間ピッタリに病棟を出て行きます。
チヒロが待っているので大急ぎです。

半分、泣きべそで病室に戻ったユウタは
これからママやパパとバイバイするお友達を
「泣かないでね!」なんて言って慰めている・・・との事でした

 


それを聞いていたので、今日はコッソリと
別れた後のユウタを影から覗いてみました。


小児病棟の境となるガラスのドア越しで
私と別れてユウタは泣いていました。
私が見えなくなると、ゴシゴシ涙を拭いて
泣き顔を 「ちょっぴり淋しい普通顔」 に整えてから
病室の中に入って行きました。


すごく切なかったけど、すごく嬉しかった。

 

 

ユウタは頑張ってると思ったよ、本当に。
お兄ちゃんになったね。

みんなに優しく出来る、強いユウタを
ママも見習って行かなくちゃね。

 


いつも、不平不満ばかりの私。
自分勝手で自己中心的な私。
泣いては後ろばかり見ている私。

いつか自分で自分を
好きになれるように歩いていきたいな。
ユウタを見て、思ったよ。

 

 


*evergreen***

  にほんブログ村 病気ブログへ ←クリックお願いします。

 

 

[ 2006/02/22 23:58 ] 2回目の入院 | TB(0) | CM(19)
ぢろ様
初めまして。
コメントをありがとうございます。
とても、奥深いコメントで、たくさん考えました。
ユウタを応援してくださってありがとうございます。
[ 2006/02/24 22:06 ] [ 編集 ]
うん。ママが、
そうやって、
「我慢してたら・・・」っていわないと、
自分自身が、分かってしまうから。
ママが、無理やりすることナインさ。
わかってしまうのさ。本人は。って、ママにはつらい事なのかも知れへんけど。
押さえ込むより、放認して欲しい。っておもうよ。
わしは、自分の部屋から、一歩も出れなくても逃げぬいてきたから...
逃げるよ、ちいいちゃい子供は。
親の目を盗んで・・・感染しなくてもいい場所へ。。
ちょっとだけ、ほっといてあげて。
つぎのopeまで。。。。。
うれしいんだよわしはーーーーー。。。。
[ 2006/02/24 00:01 ] [ 編集 ]
SATO様
私も、SATOさんのコメントを読んでハッとしました。
子供は親を通して世の中を見ている・・・。
それに「子どもは何よりも母親が自分の人生をいきいき暮らして欲しい。」という事。
その通りですね。
自分自身を好きじゃない母親をみて、ユウタも自分を好きになれなかったら辛すぎる・・・そう思いました。
SATOさんの過去記事で「今の自分」が胸に残っています。(タイトル違ってたらゴメンナサイ)
[ 2006/02/23 23:04 ] [ 編集 ]
てる先生へ
ユウタはとっても元気です!
いつも「今頃、保育園はお昼寝かなぁ」とか
「病気が治ったらまた保育園、行きたいなぁ」とか言ってます。
いざ行くとなると「ママ~」な、ユウタですが。
3月の手術で絶対に完治できる事だけを考えています。
そうしたら、四月から登園できます!
先生、他園に行っちゃわないでください~
お天気の良い開放日に遊びに行きますのでよろしくです
[ 2006/02/23 22:52 ] [ 編集 ]
スズランラン様
>親も子供と共に少しずつ成長しているのですよね。
そうなんですね、きっと。そうでありたいと思います。
でも、ユウタが病気になる前の私よりは、今の私の方が
自分でもいい母さんを出来てきているようには、思います。
だから、私でも成長できているんだなって思えました。
>子供って親の見ていない所では意外とシッカリとやっているのですね。
そうなんですよね!入院生活に限らず、親の方が心配になってしまうだけで
本当は子供は、親が思うよりもしっかりやっている事が多いと感じます。
もっと子供を信じなきゃって思いました
[ 2006/02/23 22:46 ] [ 編集 ]
+あい様
>ななえママ 自分をそんなに責めないで 人間なんて皆自己中 それが普通だって
何だか背中を押されたように、安心してしまいました。
病棟の子供達を見ていて、自分の情けない部分があからさまに
見えてしまって、自分にがっかりしてました。
そんな自分の事も、少しずつ受け止められるようになってきたので
自然体の自分を全部ひっくるめて受け入れられるように歩いていきたいです。あいさん、いつもありがとう
反省したら 顔を上げて 前を向こうね
[ 2006/02/23 22:37 ] [ 編集 ]
泰山様
初めまして、コメントを残してくださってアリガトウゴザイマス。
あいさんの所から来られたと言う事で・・・、嬉しく思います。
あいさんの「読者様」は皆さん心温かで、人情味溢れた方が多いと
感じます
応援の言葉をアリガトウゴザイマス。
[ 2006/02/23 22:28 ] [ 編集 ]
ぢろう様
いい子にしていたら、頑張れば、あと何回入院したら・・・
そうしたら退院できるの?
その言葉を1日に何度も言っていたユウタです。
みんなが何気なく言う「いい子にしてないと退院できないよ~」
の言葉に子供がどれだけショックを受けるか、と思って
それだけは言いませんでした。
だって、みんな十分がんばっていましたからね。
ぢろうさん、いつもありがとうございます
[ 2006/02/23 22:21 ] [ 編集 ]
JUN様
ユウタが病気になる前から、私はもともとが後ろ向き気質で
そんな自分に常に自信がなく、好きになれずにいました。
この病気を通しての、子供の成長に追いつけないような焦りがありますね。
泣きながらも頑張っているところなどを見ると。
でも、そんな自分を素直に受け止められた部分もあって、
こんな私でもいいじゃん!という感情が楽にさせてくれた所もあります。
少しずつですが、私も進めているのかな・・・そう思っています。
JUNさん、ありがとう
[ 2006/02/23 22:14 ] [ 編集 ]
ろんま様
そうですね~♪
お地蔵様効果がバッチリ効いています
この調子で、病気なんて吹っ飛ばしてくれ~!
>ブログペットのシゲ次郎くんも寝言で
「ユウタ・・・ムニャムニャ」って言ってました(笑)
ブログペット、シゲ三郎です
パパの家でのニックネームです(笑)
いつも応援して頂いてアリガトウゴザイマス♪
[ 2006/02/23 22:01 ] [ 編集 ]
入院8日目、涙をふいて顔を整えてなんて、えらいね!
ユウタくん、また大きく成長をした中身の濃い8日間ですね。
子どもを通して、自分が見える。自分のことを知っていたようで
知らなかった面…弱いところ、臆病なところ、後ろ向きなところとか…
でもそれも自分でみんなひっくるめて好きでいたいですよね。
無理して強い自分をつくらなくても、いつのまにか自然に強い自分が
そこにいるような気がします。
子どもはいつも親を成長させてくれますね(*^_^*)
昨日大先輩から言われた言葉を聞いて私もハッとしました。
忘れずにいようと思った言葉…
「子どもは何よりも母親が自分の人生をいきいき暮らして欲しい。
子どもは世の中を親を通して見ているのよ。」
ななえママの姿を見て、ユウタくんはこんなに頑張りやさんで明るい子に
育ってきたんだと思いました。
[ 2006/02/23 21:33 ] [ 編集 ]
入院8日目、涙をふいて顔を整えてなんて、えらいね!
ユウタくん、また大きく成長をした中身の濃い8日間ですね。
子どもを通して、自分が見える。自分のことを知っていたようで
知らなかった面…弱いところ、臆病なところ、後ろ向きなところとか…
でもそれも自分でみんなひっくるめて好きでいたいですよね。
無理して強い自分をつくらなくても、いつのまにか自然に強い自分が
そこにいるような気がします。
子どもはいつも親を成長させてくれますね(*^_^*)
昨日大先輩から言われた言葉を聞いて私もハッとしました。
忘れずにいようと思った言葉…
「子どもは何よりも母親が自分の人生をいきいき暮らして欲しい。
子どもは世の中を親を通して見ているのよ。」
ななえママの姿を見て、ユウタくんはこんなに頑張りやさんで明るい子に
育ってきたんだと思いました。
[ 2006/02/23 21:33 ] [ 編集 ]
ご無沙汰しています。保育所の掲示板でブログを知り皆でユウタ君の経過を祈る毎日になりました。今日当たり退院とのこと。よかつたね。ユウタ君おめでとう(^^)V。ちゅうりっぷ組の皆もユウタ君に会いたくて会いたくて・・・。もちろん先生達も!!保育所のみ~んなが元気になったユウタ君に会えるの楽しみにしています。明日お天気が良かったらお手紙届けに行きますね。  早く会いたいよ~(^O^)
[ 2006/02/23 20:59 ] [ 編集 ]
良かったですね。
手術って聞くと、大変なんだと思ったから、どのくらい入院しないといけないんだろうって思っていました。
早くて本当に良かったです。
でもななえママさんやご家族にとっては長い数日間だったと思います。
ユウタくんもお母さんの見ていないところでもすごく頑張っているのですね。
子供って親の見ていない所では意外とシッカリとやっているのですね。
私も未だに毎日反省すること多々あります。
でも、子供から学ぶ事も多々ありますよね。
親も子供と共に少しずつ成長しているのですよね。
[ 2006/02/23 20:50 ] [ 編集 ]
良し 良し 順調だね
ななえママ 自分をそんなに責めないで 人間なんて皆自己中 それが普通だって
反省したら 顔を上げて 前を向こうね
[ 2006/02/23 17:46 ] [ 編集 ]
初めまして。泰山と申します。
あいさんのところから来ました。
ユウタさんとご両親の闘病記、読ませていただきました。
お母さまの心の叫び、脳腫瘍と言う大変な病気をしてるのに健気に頑張るユウタくんの姿に涙が出ました。
しかし、もうじき退院するとの事、おめでとうございます。まだ退院するまでは大変だと思いますが、お身体に気をつけて、ご無理なさらないで下さいね。
まずはご挨拶まで…
[ 2006/02/23 12:29 ] [ 編集 ]
いいこにしてると、うちにかえれるんだ、
ってきもちなんだよねー。
うーん堪らない健気さだねー。
賢い!!。
[ 2006/02/23 12:10 ] [ 編集 ]
もうすぐ退院!ひとまず、ホッとしました!
よかったね^^ユウタくん。おうちでママのご飯も食べれるね!
>いつも、不平不満ばかりの私。
自分勝手で自己中心的な私。
泣いては後ろばかり見ている私。
そんなに自分を責めないでほしいな!だって、本当にがんばっているよ、
ななえママさん!そんな感情もひっくるめて、戦っているななえママさん。本当に素敵なお母さんだと思います
[ 2006/02/23 11:14 ] [ 編集 ]
すごい!早速『お地蔵様効果』ですかね?!
もちろんユウタくんの頑張り効果もますます増大して
病気が吹っ飛んでいってくれますように。
ブログペットのシゲ次郎くんも寝言で
「ユウタ・・・ムニャムニャ」って言ってました(笑)
[ 2006/02/23 05:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
書いている人

ななえママ



●冨塚 七枝

神奈川県在住、2児の母。
ツイッターは@Na7e_

Na7e_をフォローしましょう


フェイスブックへ


************************

●メールは右サイドバー1番下の
メールフォームよりどうぞ。

*evergreen***

Family

冨塚 七枝


僕、ユウタです。 ユウタ


2000年10月生まれ。
現在、特別支援学校1年生。
4歳の時に「頭蓋咽頭腫」という
脳腫瘍を発覚。5歳で再発。

7歳の時 骨の病気である
大腿骨頭すべり症を発症。

現在は汎下垂体機能低下症。
尿崩症。
体温調節障害。
視床下部性肥満
高次脳機能障害

もう少し詳しい経過は
以下↓をご覧下さい。

ユウタは4歳の時に
頭痛と嘔吐をくり返した為
念の為にと受けたCT検査にて
「頭蓋咽頭腫」という脳腫瘍が見つかりました。

・頭蓋咽頭腫
(ずがいいんとうしゅ)
craniopharyngioma
(クラニオファリンジオーマ)

頭痛と嘔吐の症状は
水頭症を併発していた為に
起こっていた症状でした。

腫瘍摘出の為に受けた
1度目の開頭手術では
全ての腫瘍を摘出する事は出来ませんでした。

その後すぐに再燃し
その時もまた水頭症を併発していました。

腫瘍により流れにくくなっている髄液を流しやすくする処置としてすぐにシャント手術を受けました。

2度目の開頭手術には福島孝徳先生に執刀して頂き、見える範囲の腫瘍を全摘出できました。

手術の後遺症により
視床下部性の
汎下垂体機能低下症、
尿崩症
高次脳機能障害に。

使用中の薬は
・チラーヂン
・プレドニン
・成長ホルモン
・防風通聖散
・ゴナドトロピン注射
・ミニリンメルトOD錠

視床下部性の肥満の為、高度肥満に陥りました。


7歳の時に下垂体機能低下症の影響からと思われる「大腿骨頭すべり症」という足の病気になりました。(両側)

両足の大腿骨部分にボルトを埋める手術を受け、リハビリの為、肢体不自由児施設に約半年間入院しました。

小学校は3年生までは なんとか普通級で過ごしましたが
4年生になると同時に「病弱児支援級」を学校に設置してもらい、中学校でも病弱級にお世話になり過ごしました。
高校からは支援学校高等部へ。

●不安な気持ちで
   ここに訪れた方へ

ここに書いてある事は
ユウタに起こった症状と
その経過です。
頭蓋咽頭腫のお子さん全てに当てはまるものではありません。

同じ病気であっても、それぞれ症状も経過も違っています。



私、チヒロです。 チヒロ


1997年生まれ。
現在、専門学校1年生。
一見クールな奴に見られがちだけど、実はかなり笑える女子です。ギターで弾き語りをしたりライブをしたり楽しんでいます。


*************************

これまで全ての記事
全タイトルを表示!
ブログ内検索
カテゴリ
月別


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。