スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

男同士の約束。 

2006年 2月 15日

ユウタが入院しました。



前日から
「ユウタ、やっぱり入院したくないよぉ (>_<) 」 と、言い出したり
だけど 「頑張るよ!」 を、パパと誓い合っていたり・・・
ユウタの心も、大きな不安と小さな覚悟で
たくさん揺れていました。

 

慌しく入院の準備を進める朝に、ユウタが言いました。


     「ユウタ、頑張って入院して、手術もして病気治して、
          夏になったらプールも、キャンプも、行ける様にする!」

 

パパと二人でそう言って、頑張る誓いを立てていたのを
昨夜、私はこっそり聞いていました。

ユウタはパパとの「男同士の約束☆」が嬉しかっただろうし、
そんな約束に、たくさんの勇気が湧いたんだと思います。

 

いってきます!


 

「いってきます!」

「頑張ろうね!ユウタ♪」

 

 

みんな、いい笑顔で
病院へ向かいました

 

 

 

いってきます!ママと。

 

     入院生活の淋しさを知っている
              ユウタにとっては・・・

       この笑顔の「いってきます!」に

       ユウタの願う、たくさんの希望が
       詰まっているんだと思います。

 

 

 

パパとの「男同士の約束」が、いつもユウタを支えてくれますように・・・

  


*evergreen***

  にほんブログ村 病気ブログへ ←クリックお願いします。

 

 

[ 2006/02/15 23:58 ] 2回目の入院 | TB(0) | CM(10)
スズランラン様
男同士の約束・・・何か聞いただけでも子供にとったら
一人前の男のようで、嬉しかったのだと思います。
この病気の事だけではなくて、ユウタの人生において
この約束が時に大きな勇気の素として活躍して欲しいなと
思っています。
[ 2006/02/19 01:09 ] [ 編集 ]
いい雰囲気なんですね、パパとユウタくん。
うちは息子はいませんが、女同士の約束とは、ひと味もふた味も違っているような気がします。
力強いですよね。
パパがすごく頼もしくて、ユウタくんも色々な経験をして、たくましくなったのかな、と感じました。
寂しさもたくさんあると思いますが、きっとユウタくんの心のささえになる「男同士の約束」ですね。
[ 2006/02/18 22:39 ] [ 編集 ]
+あい様
大阪からの応援が嬉しい私です♪
絶対に元気になって、プール行きます!キャンプも行きます♪
ポジティブシンキングですよね!
[ 2006/02/17 03:06 ] [ 編集 ]
ジュン様
温かな応援コメントをありがとうございます。
まだ色んな壁があるとは思うのですが、やっぱり
家族の笑顔を大事にしたいから頑張っていけるのだと思います。
本当にありがとうございます!
[ 2006/02/17 03:01 ] [ 編集 ]
yumi様
応援を、ありがとうございます
ユウタに語りかけていただいてる様なコメント・・・
とても嬉しいです。
本当に病気が、逃げていって欲しいです。
[ 2006/02/17 02:52 ] [ 編集 ]
SATO様
>だってあんまりにも素敵な笑顔なんですもの…
ありがとうございます!
ユウタの笑顔から、ユウタの中にある「希望の光」が見えたようで
私がユウタに励まされた笑顔です
どんな時であっても、親が子供の笑顔に励まされたり癒されたりって
ありますよね!
この先もパパとの男同士の約束はユウタの進む先々で力になって欲しいと願っています。
応援をありがとうございます
[ 2006/02/17 02:47 ] [ 編集 ]
ガンバレユウタくん
大丈夫 元気になったら パパとの約束「夏になったら プールもキャンプも必ずいけます」
大阪から もう一人の ななえ叔母さんがお祈りしていますよ~
[ 2006/02/16 10:58 ] [ 編集 ]
ユウタくんの笑顔、本当に素敵です
がんばれ、ユウタくん!
みんながユウタくんを応援しています!
そして、手術が成功し家族みんなに笑顔が戻りますように
心から祈っています。
[ 2006/02/16 10:47 ] [ 編集 ]
何と爽やかな素敵な笑顔でしょう!!
その笑顔に病気の方が逃げていっちゃうね。
早く元気になってこの暖かいお家に帰って来てねぇ☆
みんなで待ってるからねぇ。
ユウタくん行ってらっしゃい。
[ 2006/02/16 08:59 ] [ 編集 ]
どんなに心が揺れたか、不安だったか、
押しつぶされそうだったかと思います。
涙でユウタくんの笑顔がかすんで見えちゃった。
だってあんまりにも素敵な笑顔なんですもの…
ななえさんご家族の愛情の深さと絆の強さをひしひしと
感じています。男同士の約束も支えになるでしょうね。
日々、いろんなことを乗り越え大きく成長しているユウタくん…
手術の成功とユウタくんの頑張りを心から祈ります。
[ 2006/02/16 01:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
書いている人

ななえママ



●冨塚 七枝

神奈川県在住、2児の母。
ツイッターは@Na7e_

Na7e_をフォローしましょう


フェイスブックへ


************************

●メールは右サイドバー1番下の
メールフォームよりどうぞ。

*evergreen***

Family

冨塚 七枝


僕、ユウタです。 ユウタ


2000年10月生まれ。
現在、特別支援学校1年生。
4歳の時に「頭蓋咽頭腫」という
脳腫瘍を発覚。5歳で再発。

7歳の時 骨の病気である
大腿骨頭すべり症を発症。

現在は汎下垂体機能低下症。
尿崩症。
体温調節障害。
視床下部性肥満
高次脳機能障害

もう少し詳しい経過は
以下↓をご覧下さい。

ユウタは4歳の時に
頭痛と嘔吐をくり返した為
念の為にと受けたCT検査にて
「頭蓋咽頭腫」という脳腫瘍が見つかりました。

・頭蓋咽頭腫
(ずがいいんとうしゅ)
craniopharyngioma
(クラニオファリンジオーマ)

頭痛と嘔吐の症状は
水頭症を併発していた為に
起こっていた症状でした。

腫瘍摘出の為に受けた
1度目の開頭手術では
全ての腫瘍を摘出する事は出来ませんでした。

その後すぐに再燃し
その時もまた水頭症を併発していました。

腫瘍により流れにくくなっている髄液を流しやすくする処置としてすぐにシャント手術を受けました。

2度目の開頭手術には福島孝徳先生に執刀して頂き、見える範囲の腫瘍を全摘出できました。

手術の後遺症により
視床下部性の
汎下垂体機能低下症、
尿崩症
高次脳機能障害に。

使用中の薬は
・チラーヂン
・プレドニン
・成長ホルモン
・防風通聖散
・ゴナドトロピン注射
・ミニリンメルトOD錠

視床下部性の肥満の為、高度肥満に陥りました。


7歳の時に下垂体機能低下症の影響からと思われる「大腿骨頭すべり症」という足の病気になりました。(両側)

両足の大腿骨部分にボルトを埋める手術を受け、リハビリの為、肢体不自由児施設に約半年間入院しました。

小学校は3年生までは なんとか普通級で過ごしましたが
4年生になると同時に「病弱児支援級」を学校に設置してもらい、中学校でも病弱級にお世話になり過ごしました。
高校からは支援学校高等部へ。

●不安な気持ちで
   ここに訪れた方へ

ここに書いてある事は
ユウタに起こった症状と
その経過です。
頭蓋咽頭腫のお子さん全てに当てはまるものではありません。

同じ病気であっても、それぞれ症状も経過も違っています。



私、チヒロです。 チヒロ


1997年生まれ。
現在、専門学校1年生。
一見クールな奴に見られがちだけど、実はかなり笑える女子です。ギターで弾き語りをしたりライブをしたり楽しんでいます。


*************************

これまで全ての記事
全タイトルを表示!
ブログ内検索
カテゴリ
月別


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。