スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お寿司屋さんごっこ。 

明日、ユウタは入院です。

家族で楽しく送り出そうと色々考えて
「お寿司屋さんごっこ」をする事にしました。


パパは昔、少~し握った経験があったのでとっても上手です。
頭にハチマキして、職人さんになりきっていました

シゲ鮨♪



リビングのカウンターを
お寿司屋さんの
カウンターに見掛けて
子供達は大喜びでした

 


「チヒロもやる!」 「ユウタもやる!」・・・で、大騒ぎですo(*^▽^*)o~♪

ユウタ挑戦!出来た!

 



 出来たよ!ユウタ寿司だよ!

 

「ホントのお店だったら、いくらかなぁ」
なんてパパが話していたのを聞いていた二人が
コソコソと話し合い、食べ終わるとお金を持って来ました (゚皿゚) 
「お愛想~、お願いしまーす♪」

パパがいくら説明しても、説得しても、
子供達はどうしてもパパに受け取って欲しいと
終いには泣きべそです。

「いいの!パパ、これで好きな物買ってよ!」

そんな事を言われて、パパも半分笑いながら
涙を浮かべていました。

 


本当にお寿司屋さんに行ったみたいで楽しかった。
すごく、おいしかった・・・。
だから最後も、本当のお店みたいにしたい。

そんな風に、子供達が楽しく過ごせた今日の夜が、
パパは嬉しくて泣いていました。

チヒロやユウタの持ってきた「お金」は
おじいちゃんからもらった、お小遣い。
自分で働いて貰ったお給料ではないでしょう?
など、そういう教育も全部抜きにして
パパは泣いていました。

 

「ママー、パパがトイレで泣いてるよ~!」

ユウタが私の所に走ってきました。

 


ずーっと頑張って家族を支えてきてくれたパパ。
北海道で再発を聞いた日、
子供が寝た後に二人で泣きながら話をしたよね。
あの時初めて、ユウタの事で弱気になって泣くパパを見たよ。

パパだって辛いのは同じ。
あの時、パパも吐き出せて一緒に泣けて良かった。

一緒にがんばって行けるって、前より強く思えたから。

 

今日、家族で楽しく過ごせて良かった。
チヒロもユウタも
パパもママも・・・
たくさん笑えて良かった。

ユウタが帰ってきたらまたやろう!

「パパのお寿司屋さんごっこ!」

 

 


*evergreen***

  にほんブログ村 病気ブログへ ←クリックお願いします。

 


 

[ 2006/02/14 23:30 ] 日常 | TB(0) | CM(7)
スズランラン様
私は、色んな人に支えられています。これはわたしにとって
ユウタの病気の事とセットになって忘れられない事です。
辛いけど、素敵な事もあったんだと。
今でも子供達は言いますよ!お寿司屋さんごっこがしたいと
こんなに喜んでくれてパパもそれ以上に嬉しいようです。
[ 2006/02/18 00:47 ] [ 編集 ]
とっても素敵なご主人ですね。
ななえママさんにはたくさんの支えがあるのですね。
そしてユウタくんとチヒロちゃんにとってもパパって素敵なパパなんだな~と思いました。
カウンターのおすし屋さんも楽しげで、お寿司も本当においしそう。
握っているユウタくんも一生懸命で。
お子さんたちは本当に嬉しくておいしくて、パパに気持ちを伝えたかったのですね。
本当に良いお話です。
とっても良い一日を家族でお過ごしになったのだと思います。
[ 2006/02/17 22:20 ] [ 編集 ]
HAMAYA様
こちらでは「はじめまして!」ですね。
コメントを残してくれてありがとうございます
お母様の話、ビックリしました。
「個性。」
そんな風に思えるHAMAYAさんは本当にたくさんの壁を乗り越えてきたのではないかと思いました。私はまだユウタの病気を「個性」とは思えませんが「どうしてユウタが?」といって悲しむ時間は少なくなりました。完璧に消えたとはいえません運命として受け止めて、前に進むしかない!と、思っています。私の方こそ、HAMAYAさんに負けないように・・・です!貴重なお母様のお話を書き込んでくれてまで、応援の言葉をありがとうございます。
[ 2006/02/15 22:14 ] [ 編集 ]
Kazurin様
Kazurinさんのコメントは、読ませていただきながら
いつも何だか頬が緩んでしまいます。
育児も家事も仕事も、明るく楽しくこなしているんだろうなぁと
思いました。
>おばちゃんも応援してるよ~
え~!!!以前、Kazurinさんのお姿がUPされていたのをコッソリ見ていましたが(笑)、とても素敵で「おばちゃん」ではありませんでした
応援、ありがとうございます!Kazurinさんのブログはいつもチェックしているのですが
なかなかコメント残せず、読み逃げしててゴメンナサイ
[ 2006/02/15 22:03 ] [ 編集 ]
続き
『なんで私だけ?』といつも思っていました…小学校でお料理もし、弁当作り、洗濯家事全般やっていました。でも今はそれが母の個性。病気も立場も違うけれど、一歩ずつ前に進んでいるんですよね。私もななえさんに負けないように頑張っていきたいと思いました。ユウタくん、また保育園に元気に登園できるように頑張ってね。
 パパ、ママ…お体大事にしてください。
 まとまらなくてスミマセン
                HAMAYA
[ 2006/02/15 11:08 ] [ 編集 ]
ななえさん、はじめまして。ユウタくんのことをはじめて知ったのはちいちゃんが同じ保育所に通っているころ。元気なユウタくんの姿をいつも見ていたので読み返しているとなんだか涙が止まりませんでした…パパとママ、ちいちゃんのみんなの気持ちが痛いほど私の心に突き刺さり、改めて『家族』というものの意味を考えさせられました。ユウタくんの脳腫瘍もひとつの個性。私の母も私が小学校のころに脳出血で倒れ、今現在介護しています。
[ 2006/02/15 11:07 ] [ 編集 ]
パパのお寿司屋さん、いいなぁ。
しかもおあいそまで・・・
お子ちゃまだから、サビ抜きのはずなのに・・・
こっちまで鼻んびツーンと涙がでちゃいましたよ。
みんなの笑顔がゆうたくんを支えてる。
おばちゃんも応援してるよ~
[ 2006/02/15 10:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
書いている人

ななえママ



●冨塚 七枝

神奈川県在住、2児の母。
ツイッターは@Na7e_

Na7e_をフォローしましょう


フェイスブックへ


************************

●メールは右サイドバー1番下の
メールフォームよりどうぞ。

*evergreen***

Family

冨塚 七枝


僕、ユウタです。 ユウタ


2000年10月生まれ。
現在、特別支援学校1年生。
4歳の時に「頭蓋咽頭腫」という
脳腫瘍を発覚。5歳で再発。

7歳の時 骨の病気である
大腿骨頭すべり症を発症。

現在は汎下垂体機能低下症。
尿崩症。
体温調節障害。
視床下部性肥満
高次脳機能障害

もう少し詳しい経過は
以下↓をご覧下さい。

ユウタは4歳の時に
頭痛と嘔吐をくり返した為
念の為にと受けたCT検査にて
「頭蓋咽頭腫」という脳腫瘍が見つかりました。

・頭蓋咽頭腫
(ずがいいんとうしゅ)
craniopharyngioma
(クラニオファリンジオーマ)

頭痛と嘔吐の症状は
水頭症を併発していた為に
起こっていた症状でした。

腫瘍摘出の為に受けた
1度目の開頭手術では
全ての腫瘍を摘出する事は出来ませんでした。

その後すぐに再燃し
その時もまた水頭症を併発していました。

腫瘍により流れにくくなっている髄液を流しやすくする処置としてすぐにシャント手術を受けました。

2度目の開頭手術には福島孝徳先生に執刀して頂き、見える範囲の腫瘍を全摘出できました。

手術の後遺症により
視床下部性の
汎下垂体機能低下症、
尿崩症
高次脳機能障害に。

使用中の薬は
・チラーヂン
・プレドニン
・成長ホルモン
・防風通聖散
・ゴナドトロピン注射
・ミニリンメルトOD錠

視床下部性の肥満の為、高度肥満に陥りました。


7歳の時に下垂体機能低下症の影響からと思われる「大腿骨頭すべり症」という足の病気になりました。(両側)

両足の大腿骨部分にボルトを埋める手術を受け、リハビリの為、肢体不自由児施設に約半年間入院しました。

小学校は3年生までは なんとか普通級で過ごしましたが
4年生になると同時に「病弱児支援級」を学校に設置してもらい、中学校でも病弱級にお世話になり過ごしました。
高校からは支援学校高等部へ。

●不安な気持ちで
   ここに訪れた方へ

ここに書いてある事は
ユウタに起こった症状と
その経過です。
頭蓋咽頭腫のお子さん全てに当てはまるものではありません。

同じ病気であっても、それぞれ症状も経過も違っています。



私、チヒロです。 チヒロ


1997年生まれ。
現在、専門学校1年生。
一見クールな奴に見られがちだけど、実はかなり笑える女子です。ギターで弾き語りをしたりライブをしたり楽しんでいます。


*************************

これまで全ての記事
全タイトルを表示!
ブログ内検索
カテゴリ
月別


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。