FC2ブログ

シャント結紮手術・2 

   
前回記事(←クリック)の続き




手術室から戻って
病棟のベットに落ち着くとすぐ

「かあちゃ~ん、お腹すいたぁぁぁ!」

・・・いつものユウタでした。



用意していた昼食を食べ終わると、量的に少し物足りなかったようで
「ヨーグルトか果物が食べたい」と言い出しました。

パパが院内のコンビニで買ってきてくれた
カロリーハーフなヨーグルトを3分の1くらい食べた所で
ユウタが頭痛を訴えました。

それから、大好きなはずのヨーグルトを「ママにあげる」と言って残し
そのままベットで眠り続けました。




手術で疲れたんだろう。

ストレスもあるだろうし
しかもステロイドを増量せず通常量のままだもん。

今朝は不安と緊張からか
3時に目覚めて、しばらく泣いていたし・・・

そうだよ、疲れているんだよ。



そう思って、ベットのそばで ずっと付き添っていました。

目が覚めると頭痛も消えて、元気なユウタに会えるんだ!と
私達は信じていました。





それからユウタは、もう長い間目を覚ます事なく眠り続けて
夕食の時間になって、トレーが運ばれてきても
「ご飯だよ!ママが食べちゃうよ!」と脅かしても

うっすら目を開ける程度で、起きようとせず
結局、夕飯は何も食べませんでした。

そのうちに、ドバ~っと嘔吐してしまいました。


主治医の先生は急いで点滴の処置を施して下さったのですが
針が1度ですんなりと入らなくて、結構グリグリしていたのにも関わらず
ユウタには痛みさえも分からなくなっていたようで
にっこりと笑って見せたり、意識もおかしい状態でした。


すぐにCTを撮りましたが、脳室に変化は見えず
シャントを縛った事によって起こっているとは考えられませんでした。

副腎不全を疑って、ソルコーテフを打つと
少し落ち着いたように見えました。

それでも空腹を訴えることなく、ユウタは眠り続けました。






朝からずっと、チヒロを病棟付近のラウンジで待たせていたので
夜の10時に私達は病院を後にしました。


明日、ユウタはきっと頭痛もなく
元気に私達を待ち構えているに違いない。

病棟を仕切る鍵付きのドアの前で
「遅いよ!」って怒っているユウタの姿を想像しながら帰りました。


込み上げてくる、大きな不安を拭い去る為に。





クリック、ありがとう(*^ー^*) 

多くの方に読んで頂くために、人気ブログランキング参加中です。
  1日1回だけ、上の(Blog Ranking)バナーをクリックして下さい。

    ユウタの病気を広く正しくみんなへ伝えたい。
    誤解も偏見も無く、子供達が生きていきやすい未来を想って・・・。


みなさん、いつもクリックありがとうございます。
短期間であっという間に最高 3位へ行きました(;∇;)

みなさんの温かいお気持ちに、とっても感激しています。
私の知らない所で、ポチっと押して下さっている皆さんも、ありがとう。

*evergreen***


[ 2009/08/20 00:20 ] シャント結紮術 | TB(0) | コメント(-)
書いている人

ななえママ



●冨塚 七枝

神奈川県在住、2児の母。
ツイッターは@Na7e_

Na7e_をフォローしましょう


フェイスブックへ


************************

●メールは右サイドバー1番下の
メールフォームよりどうぞ。

*evergreen***

Family

冨塚 七枝


僕、ユウタです。 ユウタ


2000年10月生まれ。
現在、特別支援学校1年生。
4歳の時に「頭蓋咽頭腫」という
脳腫瘍を発覚。5歳で再発。

7歳の時 骨の病気である
大腿骨頭すべり症を発症。

現在は汎下垂体機能低下症。
尿崩症。
体温調節障害。
視床下部性肥満
高次脳機能障害

もう少し詳しい経過は
以下↓をご覧下さい。

ユウタは4歳の時に
頭痛と嘔吐をくり返した為
念の為にと受けたCT検査にて
「頭蓋咽頭腫」という脳腫瘍が見つかりました。

・頭蓋咽頭腫
(ずがいいんとうしゅ)
craniopharyngioma
(クラニオファリンジオーマ)

頭痛と嘔吐の症状は
水頭症を併発していた為に
起こっていた症状でした。

腫瘍摘出の為に受けた
1度目の開頭手術では
全ての腫瘍を摘出する事は出来ませんでした。

その後すぐに再燃し
その時もまた水頭症を併発していました。

腫瘍により流れにくくなっている髄液を流しやすくする処置としてすぐにシャント手術を受けました。

2度目の開頭手術には福島孝徳先生に執刀して頂き、見える範囲の腫瘍を全摘出できました。

手術の後遺症により
視床下部性の
汎下垂体機能低下症、
尿崩症
高次脳機能障害に。

使用中の薬は
・チラーヂン
・プレドニン
・成長ホルモン
・防風通聖散
・ゴナドトロピン注射
・ミニリンメルトOD錠

視床下部性の肥満の為、高度肥満に陥りました。


7歳の時に下垂体機能低下症の影響からと思われる「大腿骨頭すべり症」という足の病気になりました。(両側)

両足の大腿骨部分にボルトを埋める手術を受け、リハビリの為、肢体不自由児施設に約半年間入院しました。

小学校は3年生までは なんとか普通級で過ごしましたが
4年生になると同時に「病弱児支援級」を学校に設置してもらい、中学校でも病弱級にお世話になり過ごしました。
高校からは支援学校高等部へ。

●不安な気持ちで
   ここに訪れた方へ

ここに書いてある事は
ユウタに起こった症状と
その経過です。
頭蓋咽頭腫のお子さん全てに当てはまるものではありません。

同じ病気であっても、それぞれ症状も経過も違っています。



私、チヒロです。 チヒロ


1997年生まれ。
現在、専門学校1年生。
一見クールな奴に見られがちだけど、実はかなり笑える女子です。ギターで弾き語りをしたりライブをしたり楽しんでいます。


*************************

これまで全ての記事
全タイトルを表示!
ブログ内検索
カテゴリ
月別