スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

チラーヂンを ・・・。 


   
2月に入ってもユウタの調子はとても悪くて。

主な症状は、やはりヒドイ頭痛です。
それはどんどん悪くなっているような状態でした。




学校も休んだり早退したり、そんな繰り返しの日々。

泣いて痛みを訴えるので、救急に掛ったり
掛り付けの大学病院に行ったり。

それでも解決しないので
そのまま子ども病院へ行ったり・・・。




何だか、もう諦めるしかないのかなって一瞬立ち止まってみても
隣の辛そうなユウタを見て、たまらない気持ちになります。

「頭痛と、うまく共存しながら生きて行く」という事には
まだまだ納得できない私でした。




何とか原因を究明して、まるごと取り去ってあげたい。

頭の中には その思いだけ。


それ以外の考えは「妥協」なのだと思い込んでいました。








ユウタは毎日の薬を自分で用意して自分で飲むのですが
念の為に飲み終わった薬のゴミは私が処分して、確認だけしていました。

これまで間違えたりする事もなかったし、薬を嫌がる事もなかったから
信用していたというか、それほど真剣に確認もしていませんでした。


はっきり言えば、ユウタに任せていたという事。

私がそんなユウタに、ただ甘えてました。



「この子は大丈夫。」

そうやって自分の都合のいいようにね。






毎月貰う1ヵ月分の薬の他に、大学病院から入院中にもらった分もあるので
ストックで全種類1ヵ月分余計に在庫として家にあります。

何日か前に、なぜかチラーヂンだけが無くなっている事に気が付きました。



前回、子ども病院で私がもらい忘れたのかと思って、
救急に掛ったついでに1週間分を新たに処方してもらいました。

そして、しばらく経って気が付いたんだけど
なぜかその、頂いたばかりのチラーヂンが、もう無い・・・。


今回は1週間分をきちんと確認したし、無くなるなんておかしいから
ユウタを問い詰めたら、朝と夜の2回飲んでいたらしく。


つまり、1ヶ月くらい倍量のチラーヂンを飲み続けていたんだよね。

こっそり。




なんで?って聞くと、やっと理由を話してくれて
「痩せると思った。」って・・・。


薬をいっぱい飲めば、もっと痩せて
もっとお菓子とか食べられると思ったって。

公園で友達がコンビニのお菓子を買い食いしていて、うらやましかったって・・・。





優大の ここの所の頭痛と体調の悪さは、けっこうヒドイ状態だから
薬の影響も絶対にあると思い、処方してくれた子ども病院に電話しました。

主治医の先生は不在だったので
夜勤の先生に話したら相当ビックリしていたけど

「今、意識などはおかしくないようなら
明日もう1度主治医の先生に電話して相談して下さい」と言われました。

ユウタの今回の間違った服用では
 血液検査での甲状腺数値が少し高めになった以外、体に影響は有りませんでした。







飲んじゃっていたものを今どうする事も出来ないし、もう仕方ないけど

何をしていても涙が止まらなくて、悔やんで悔やんで
本当に苦しくなりました。




優大の想いも切ない。

そして自分の不甲斐なさ、
任せてしまっていた事、面倒になっていた事・・・ホント情けない。





チラーヂンという薬についてここをclick!

今回、初めて知ったんだけど
「チラーヂン」で検索してみると”ダイエットに有効!”といった情報であふれています。

ユウタは それを知っていて倍量服用していたのではなく
ただ、やみくもに「何でもたくさん飲めば、その分効果を得られる」と思ったようです。

・・・ちなみに、痩せませんでしたよ。







クリック、ありがとう(*^ー^*) 

多くの方に読んで頂くために、人気ブログランキング参加中です。
  1日1回だけ、上の(Blog Ranking)バナーをクリックして下さい。

    ユウタの病気を広く正しくみんなへ伝えたい。
    誤解も偏見も無く、子供達が生きていきやすい未来を想って・・・。


みなさん、いつもクリックありがとうございます。
短期間であっという間に最高 2位へ行きました(;∇;)

みなさんの温かいお気持ちに、とっても感激しています。
私の知らない所で、ポチっと押して下さっている皆さんも、ありがとう。

*evergreen***


[ 2010/02/05 00:00 ] 日常 | TB(0) | コメント(-)
書いている人

ななえママ



●冨塚 七枝

神奈川県在住、2児の母。
ツイッターは@Na7e_

Na7e_をフォローしましょう


フェイスブックへ


************************

●メールは右サイドバー1番下の
メールフォームよりどうぞ。

*evergreen***

Family

冨塚 七枝


僕、ユウタです。 ユウタ


2000年10月生まれ。
現在、特別支援学校1年生。
4歳の時に「頭蓋咽頭腫」という
脳腫瘍を発覚。5歳で再発。

7歳の時 骨の病気である
大腿骨頭すべり症を発症。

現在は汎下垂体機能低下症。
尿崩症。
体温調節障害。
視床下部性肥満
高次脳機能障害

もう少し詳しい経過は
以下↓をご覧下さい。

ユウタは4歳の時に
頭痛と嘔吐をくり返した為
念の為にと受けたCT検査にて
「頭蓋咽頭腫」という脳腫瘍が見つかりました。

・頭蓋咽頭腫
(ずがいいんとうしゅ)
craniopharyngioma
(クラニオファリンジオーマ)

頭痛と嘔吐の症状は
水頭症を併発していた為に
起こっていた症状でした。

腫瘍摘出の為に受けた
1度目の開頭手術では
全ての腫瘍を摘出する事は出来ませんでした。

その後すぐに再燃し
その時もまた水頭症を併発していました。

腫瘍により流れにくくなっている髄液を流しやすくする処置としてすぐにシャント手術を受けました。

2度目の開頭手術には福島孝徳先生に執刀して頂き、見える範囲の腫瘍を全摘出できました。

手術の後遺症により
視床下部性の
汎下垂体機能低下症、
尿崩症
高次脳機能障害に。

使用中の薬は
・チラーヂン
・プレドニン
・成長ホルモン
・防風通聖散
・ゴナドトロピン注射
・ミニリンメルトOD錠

視床下部性の肥満の為、高度肥満に陥りました。


7歳の時に下垂体機能低下症の影響からと思われる「大腿骨頭すべり症」という足の病気になりました。(両側)

両足の大腿骨部分にボルトを埋める手術を受け、リハビリの為、肢体不自由児施設に約半年間入院しました。

小学校は3年生までは なんとか普通級で過ごしましたが
4年生になると同時に「病弱児支援級」を学校に設置してもらい、中学校でも病弱級にお世話になり過ごしました。
高校からは支援学校高等部へ。

●不安な気持ちで
   ここに訪れた方へ

ここに書いてある事は
ユウタに起こった症状と
その経過です。
頭蓋咽頭腫のお子さん全てに当てはまるものではありません。

同じ病気であっても、それぞれ症状も経過も違っています。



私、チヒロです。 チヒロ


1997年生まれ。
現在、専門学校1年生。
一見クールな奴に見られがちだけど、実はかなり笑える女子です。ギターで弾き語りをしたりライブをしたり楽しんでいます。


*************************

これまで全ての記事
全タイトルを表示!
ブログ内検索
カテゴリ
月別


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。