スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

青いバラ。 

青いバラ

 

青いバラ・・・・・・・一瞬、何だろうって思った。


いとこからメールが届いて、
私はその「青いバラ」に釘付けになりました。

 

*******************************

       赤い小鳥メール

 

      クローバーのところを読んでいて
      思い出したことがあった。

      まえに英語を勉強していたら、
      blue rose という言葉に ついての説明があったんだ。

      直訳すればもちろん青いバラなんだけど、
      英語圏ではこれは
      「実現不可能、ありえない」って意味もあるんだって。

      バラは大変交配が難しく、
      とくに青いバラは何百年にもわたって
      たくさんの人々がなんとか作り出そうとしているが
      いまだに成功していないっていうのが、
      その文を読んだときの 内容だった。

      なんか素敵な言葉だなあと思って印象に 残っていたんだ。

      そうしたら、おととし日本のサントリーが成功したっていう記事
      新聞にのってて、びっくりしたんだ。


******************************

 

青いバラ・・・・・・・・・。
メチャクチャ欲しくなった

バラはあまり好きなお花ではないけど、
メールを読みながら思っていました。

 

青い小鳥メール

 

      「この世に”絶対”はないんだ」っていうのが
      昔の職場の先輩の 口癖だったけど、
      いままで生きてきて、ホントそうだよなって思う。

      「歌がうまい人は大勢いるけれど、歌手になる人は少ない。
      あきらめるかあきらめないか、
      そこが分かれ道だよね」 って言った人もいた。

      ゆうたくんの青いバラ、みんなであきらめないで咲かそうね・・・

 



そう。
私が欲しがっていたのはユウタの青いバラ。


ユウタは次回の手術でも全腫瘍の摘出は無理だと思うと言われています。

でも「絶対に無理!」ではないんだ。

 

私達もこの先ずっと
ユウタの青いバラを、あきらめない。

 
       

*evergreen***

  にほんブログ村 病気ブログへ ←クリックお願いします。

 
 

[ 2006/02/01 23:30 ] ママの心 | TB(0) | CM(17)
てるせんせい様
先生、お忙しい中いつもこちらにメッセージを下さって
本当にありがとうございます。
そして、本当にたくさんのお母さん達が応援のメッセージを
毎日のように残して下さってて、感謝しています。
とても、感動しています。
この保育園に通えた事にとても嬉しく、誇りに思っています。
皆さん、仕事から帰って家事や色々と大変な時間のやりくりの間に
私達を気に掛けてくれて・・・。パパもとても感動しています。
こんな事になってしまっても「幸せ」だと思えるという事は
支えてくださるみなさんのお陰だと思います。先生、どうか皆さんに
宜しくお伝え下さい。ありがとうございます
ひな祭りは親子で楽しめました
[ 2006/03/10 21:57 ] [ 編集 ]
かずきママ様
かずき君とは検診でお会いしましたよね♪
何だかその頃が、とても懐かしいです。
先生の配慮で、まだユウタのロッカーが
移動されず、無くなる事もなくそのままになっていたのを見て
持ち帰る荷物を整理しながら、泣きそうになっていました。
ユウタが無事退院して、元気になったら
またみんなと仲良く遊びまわれる日が来る事だけを信じて、
家族で乗り越えて行きたいと思っています。
暖かな応援、アリガトウゴザイマス
[ 2006/03/10 21:30 ] [ 編集 ]
そうそう、ユウタ君は保育所で良く家族の絵を描いていました。
いつもパパもママもチヒロちゃんもユウタ君ニコニコ笑っていて
とっても素敵な絵です。そして必ず「だいすきなかぞく」と、
書いてありました。 保育所に来ている間の家族・・・
3人の担任ママと31人の子供達は大好きな家族の帰りを
楽しみに待っています。みんなに暖と光を届けてくれる
太陽に祈りながら・・・。そして神様にも・・。
(来週の手術が神の手で「大成功!!」となりますように。)
入院する前にみんなで会いに行きますね。
下の公園に・・(^^)v
[ 2006/03/10 21:05 ] [ 編集 ]
ななえママ&ゆうたくん!!暖かかったり、寒かったりで体調を崩していませんか?ひな祭りの日は楽しんでいただけましたか?
ゆっくりお話もできずにごめんなさい(^^;))
ブログの中のちゅうりつぷ組の沢山のお母さん達からの書き込みを見て
涙している担任です。「先生、何か私達に出来ることは
ないかしら・・・」と、毎日のように声をかけて下います。
ちゅうりっぷ組を4月から受け持たせていただいて一年。
子供達の友達への思いやりの心・優しさがあふれているの
は、保護者の皆さんが一人一人のお子さんを大事にし、愛して
いらっしゃるからこそ・・と確信した年度末です。
[ 2006/03/10 21:04 ] [ 編集 ]
こんにちわ。保育所が一緒のかずきママです。
私もヒロタカままさんのように掲示板からユウタ君の病気を知り涙しながら
読ませて頂きました。一樹もユウタ君と誕生日が近いので検診でお会いした事も
ありましたね。ちなみに保育所のロッカー&タオルかけは隣同士♪今は保育所を
退所されたようですが、元気になって戻ってきてね♪♪待ってるよ♪
ご家族の方は入院、手術と大変だけど、頑張ってね♪
ユウタ君が元気になるように祈ってます。
[ 2006/03/10 16:32 ] [ 編集 ]
タイセイはは様
>「気をひこうとして足を伸ばした!?」
そそそ・・・そうなんですか?
本当にゴメンナサイでした
こんな息子と母ですが、今後もどうか宜しくお願いします♪
>ななえママさんも、ほんとにお若くみえます!(笑)
も~最高に嬉しいです♪
保存します(笑)
[ 2006/03/09 20:02 ] [ 編集 ]
ありゃりゃ、ビックリさせてしまってごめんなさい。
そんなつもりではなかったんです。
私の表現が悪かった。。「鮮やかなキック」ではなく、
「気をひこうとして足を伸ばした!?」でした。(笑)
そうしてきっかけをつくって話しかけてきてくれたのが、
私もうれしかったんです。
ユウタくん、覚えてなくて当然です、ごめんなさい~!!
ななえママさんも、ほんとにお若くみえます!(笑)
うれしい再会を楽しみにして!!
[ 2006/03/09 18:47 ] [ 編集 ]
タイセイはは様
「鮮やかなキック」
・・・大変申し訳ないです
ビックリしてしまいました( ̄∀ ̄;)
本当に元気、というかお調子者で・・・。本当にゴメンナサイ。
ユウタを問い詰めましたが、本人は覚えてないとの事で
保育園、復活の際には「ゴメンナサイ」をさせますので、待っててください。
たくさんのコメントをありがとうございます。
ユウタのお母さんの妹と見られていて嬉しかったです
お姉さんじゃなくて、良かった(笑)
本当に、ありがとうございました。
そして、ほんとーーーーに、ゴメンナサイ
[ 2006/03/08 00:45 ] [ 編集 ]
(コメントいただいたのに途中になってしまってゴメンナサイ!)
ましてやご家族はどんな思いなんだろう、、想像することすら恐ろしい現実を受け止めるのがどんなに大変なことか。。
でもブログをみせていただいて、いちばんつらい時期を乗り越えて生まれかわったユウタくんのママに逆に励まされる思いです。
私も青いバラを、神の手を、そして何よりユウタくんの生命力を信じています。
17日の手術、どうかうまくいきますよう心の底から祈っています。
ユウタくん、がんばれ~!!ママもパパもお姉ちゃんもついてるから大丈夫!!
ユウタくんのママ、どうかお体を大事にされてがんばって下さい!!
ユウタくんが保育園に復帰される日を首を長~くして待っています!!
[ 2006/03/07 02:01 ] [ 編集 ]
いつも仕事のエプロンをされていたななえママさんのことを、
大バカの私は「お母さんが朝早いから代わりにユウタくんを保育園に連れてきている方」と思い込んでいました。
それにしては「ユウタ!」と呼び捨てだしユウタくんは甘えているし、
「そうかお母さんの妹さんかも」と勝手な勘違いが勝手に溶けるまでだいぶかかりました。。
ユウタくんの第一印象は鮮やかなキック!(ききました。)
ちょっとびっくりしたのですが、その後何かと話しかけてきてくれ、
元気いっぱいの一面と、ふとしたときのとってもやさしい一面をみせてくれました。
私は結婚前、大学病院小児科の看護婦をしていました。
だからユウタくんがどんなにがんばっているか、少しは分かります。
元気なユウタくんを知っている分、どうして、と思わずにはいられません。
[ 2006/03/07 01:32 ] [ 編集 ]
タイセイはは様
コメントを、ありがとうございます。
保育園のみんな、先生達、ママ達の優しさに
本当に心から感謝の気持ちでいっぱいです。
本当は、みなさんへ挨拶を・・・とも考えたのですが
とても辛くて出来ないままでした。
だから、ユウタの事を知らない方が多いと思います。
ユウタも家族も、今回の手術によって完治できる事を信じています。
なので、また、保育園に元気に復活しますので
その時はまたどうか宜しくお願いします
ユウタは早朝から、お迎えも最後だったので、ママ達ともなかなか
話す事がありませんでした。それなのに、本当に嬉しく思います。
ありがとうございました
[ 2006/03/07 01:18 ] [ 編集 ]
ヒロタカママに勇気をもらって書込しています。
同じく保育所のタイセイのははです。
私も掲示板からたどり、ブログを一息に泣きながら読みました。
夏からお会いしないなあと思っていて、ずっと気になっていたのですが、
ユウタくんやななえママさん、ご家族の方がそんなに苦しまれていたなんて。。
「どうしてユウタくんなの。。」という思いでいっぱいです。
タイセイは3歳児クラスから入ったこともあり、ななえママさんとは残念ながらお話したことがなく。。
でも私の中には鮮明なユウタくんとななえママさんの印象があります。
ユウタくんは朝早い登園、タイセイとその弟はななえママさんが玄関でユウタくんとお別れする頃に登園していました。
[ 2006/03/07 01:05 ] [ 編集 ]
ヒロタカママ様
コメントを残してくれてありがとうございました♪
保育園のみんなは「?」と、思っているお友達も多いと思いますよ!
ママさん達もユウタの事はあまり知らないと思います。
隠している訳ではないのですが、もともと園でのママ友達が少なかったので・・・ヒロタカママの、本当に心のこもった励ましの言葉に涙が出てきます。アリガトウゴザイマス♪青いカーネーションも存在するのですね!スゴイスゴイ♪「不可能を可能に変えてきたのは人間です。限界なんて、自分が決めるものです。」そうですね、胸に響く言葉です。
色々な脳外科医師の方々に「無理だろう}と、言われていますが
「神の手」を信じて進んでいくだけです!ユウタの頑張りに負けないように家族もがんばって行きます
応援してくれて、アリガトウゴザイマス♪嬉しかったです。
[ 2006/03/06 18:55 ] [ 編集 ]
今、私の友達も乳がん、肺がんと戦っています。
手術すらできず、彼女も入退院を繰り返して、絶えない不安と治療をずっと続けています。それでも彼女も私も家族も友達も、未来を信じて疑いません。
うちはカーネーション農家です。青いバラ、じゃないですが
サントリーから青いカーネーションがでました。(紫では?と思う色ですが)
カーネーションも青は不可能といわれていました。でもできるんです。
不可能を可能に変えてきたのは人間です。限界なんて、自分が決めるものです。
近所に住む農大の先生も自宅で青い?バラを一生懸命研究、実験しています。
私は先生の未来を信じています。
ユウタくんの未来も信じています。
[ 2006/03/06 00:44 ] [ 編集 ]
保育所が一緒のヒロタカのママです。
掲示板からたどってきて、初めてユウタくんの病気を知りました。
ブログ、ずっとずっと何度も読み返して、涙が止まりません。
どうか、頑張って、頑張って下さい。気持ちに負けないで。未来を信じて!
私にできることは、お祈りすることだけです。
ずっと保育所お休みしてて、どうしたのかな?と思ってました。
うちのバカ息子に聞いても全然分からないみたいで??だし、
性格上、ものすごい内気なので先生にも聞けず、心配してました。
ヒロタカと誕生日も近いし、小さいころから乳児検診や予防接種で顔を
あわせていただけに、ショックです。震えすらおきました。
ユウタくんママ、ユウタくんなら大丈夫。
これからもブログ、ちょくちょく覗かせてもらいます。
どうか体に気をつけて、頑張ってください。
[ 2006/03/06 00:42 ] [ 編集 ]
スズランランさんへ
「青いばら」
本当に素敵ですよね。
心の青いバラはユウタの事だけではなく
これから私が生きていく中でも、あきらめないで踏ん張れる力を
くれるような気がします。
>私も「ユウタくんの青いバラ」見たいです。
絶対に咲くと信じます。
ありがとうございます
私も家族も、そう信じています。
[ 2006/02/15 02:32 ] [ 編集 ]
素敵なお話です。
青いバラって、見たことがないです。
でも存在するのですね。
誰も出来なかった青いバラ、それを作ったということは、努力や思いや積み重ねなどで不可能を可能にする事もできるということなんでしょう。
あきらめないって大事な事ですね。
あきらめない事で得られるものは本当に大きいものだと思います。
私も「ユウタくんの青いバラ」見たいです。
絶対に咲くと信じます。
[ 2006/02/14 23:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
書いている人

ななえママ



●冨塚 七枝

神奈川県在住、2児の母。
ツイッターは@Na7e_

Na7e_をフォローしましょう


フェイスブックへ


************************

●メールは右サイドバー1番下の
メールフォームよりどうぞ。

*evergreen***

Family

冨塚 七枝


僕、ユウタです。 ユウタ


2000年10月生まれ。
現在、特別支援学校1年生。
4歳の時に「頭蓋咽頭腫」という
脳腫瘍を発覚。5歳で再発。

7歳の時 骨の病気である
大腿骨頭すべり症を発症。

現在は汎下垂体機能低下症。
尿崩症。
体温調節障害。
視床下部性肥満
高次脳機能障害

もう少し詳しい経過は
以下↓をご覧下さい。

ユウタは4歳の時に
頭痛と嘔吐をくり返した為
念の為にと受けたCT検査にて
「頭蓋咽頭腫」という脳腫瘍が見つかりました。

・頭蓋咽頭腫
(ずがいいんとうしゅ)
craniopharyngioma
(クラニオファリンジオーマ)

頭痛と嘔吐の症状は
水頭症を併発していた為に
起こっていた症状でした。

腫瘍摘出の為に受けた
1度目の開頭手術では
全ての腫瘍を摘出する事は出来ませんでした。

その後すぐに再燃し
その時もまた水頭症を併発していました。

腫瘍により流れにくくなっている髄液を流しやすくする処置としてすぐにシャント手術を受けました。

2度目の開頭手術には福島孝徳先生に執刀して頂き、見える範囲の腫瘍を全摘出できました。

手術の後遺症により
視床下部性の
汎下垂体機能低下症、
尿崩症
高次脳機能障害に。

使用中の薬は
・チラーヂン
・プレドニン
・成長ホルモン
・防風通聖散
・ゴナドトロピン注射
・ミニリンメルトOD錠

視床下部性の肥満の為、高度肥満に陥りました。


7歳の時に下垂体機能低下症の影響からと思われる「大腿骨頭すべり症」という足の病気になりました。(両側)

両足の大腿骨部分にボルトを埋める手術を受け、リハビリの為、肢体不自由児施設に約半年間入院しました。

小学校は3年生までは なんとか普通級で過ごしましたが
4年生になると同時に「病弱児支援級」を学校に設置してもらい、中学校でも病弱級にお世話になり過ごしました。
高校からは支援学校高等部へ。

●不安な気持ちで
   ここに訪れた方へ

ここに書いてある事は
ユウタに起こった症状と
その経過です。
頭蓋咽頭腫のお子さん全てに当てはまるものではありません。

同じ病気であっても、それぞれ症状も経過も違っています。



私、チヒロです。 チヒロ


1997年生まれ。
現在、専門学校1年生。
一見クールな奴に見られがちだけど、実はかなり笑える女子です。ギターで弾き語りをしたりライブをしたり楽しんでいます。


*************************

これまで全ての記事
全タイトルを表示!
ブログ内検索
カテゴリ
月別


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。