スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

壊。 



どうしたものか。この感覚、この感じ。
自分なのに自分のことがよく理解できない。
気持ちの抑制も何もかも。

ご飯おいしくない。
むしろ何も食べたくない。
食べないでいて栄養失調になろうが、病気になろうがかまわない。
とにかく食事が苦痛でたまらない。

死んでしまえばご飯食べなくてもいいのにな。
あ、ご飯食べなきゃ本当に私、死ねるのかな。

あのとき、そんな気持ちでした。


さあ、ここまでを読んで「なにこいつ」」と思った方・・・いますよね?
数年前の私自身なら、そういう人を心の中では疎ましく情けなく見ていたんだろううな。
それが正真正銘、私の本当の気持ちです。
だって『そういう人』は、かまって欲しいだけ、甘えん坊のだらしのない人なのだと思っていたから。
努力も何もかも足りない気持ちの弱い人、そういう人が都合よくつけた病名が『うつ病』なのだと思っていました。

うつ病とは、心の弱さを正当化したいだけの言い訳つきの病名。
甘えているんじゃないか?とか、気持ちを強く持てば吹き飛ばせるんじゃないかとか思っていました。
自分にはまったく無関係な症状と思っていました。


「うつ病?、だらけていてもいい都合のいい病気だね。」
顔には出さずとも、そういう人たちを好きにはなれなかったのです。
自分が「うつ」になるまではね。分からなかったもん。

精神科に通うようになって気がつきました。
『うつ』って病気なんだね。



気持ちの変化とともに、私はみるみると痩せ細っていきました。
165センチの身長で37キロになったとき、医師から精神科病棟への入院を勧められました。
通院していた大学病院に精神科の入院施設がなかったので、ほかの病院へと紹介状を書いてもらうしかなかったのですが、私は断りしました。
入院が嫌とか、精神科の病棟が未知の世界すぎて嫌だとか、そういう事ではなかったのですが、大暴れを繰り返しているユウタを置いていけば、ユウタの姉であるチヒロへの負担も、ものすごい事になるからと思ったからでした。
大暴れを繰り返していた頃の事は過去にここへも書かせて頂きましたが、チヒロの事だけを考えなくても、とても母親なしでの生活は不可能だったからです。
そうではなくても、お母さんの入院は簡単ではないですよね。

現在は、少しも食べられないほどではないのと、あの頃のように思い詰めるような事はなくなっています。
でも良くなったとは言い切れない感じだけは、かさぶたみたいに残っています。


都合のいい話だけど、こんなふうに自分がうつ病という診断を受けて、いろんな事を思いました。
自分に降り掛からないと、ほんとうのことって分からないんだけど、もしかしたらとか、この人の気持ちの深い部分って?などと考えるようにはなりました。
考えてみよう、と考えるようにはなりました。

でもそれはかなり難しいことなんですよね。
「分かった気になってもいけない事」だと自分に言いきかせつつ、ここには私の思った事だけを書かせて頂きます。
私のおもったこと、をね。
答えなんかじゃないよ。私の思った事だけを書きます。




「死んでしまいたいなんて言っちゃいけない。」
「死んでしまいたいなんて思っちゃいけない。

もしも、近くに心を壊してしまっている人がいたなら、そうは助言しないでいて下さい。
それはもちろん、一緒に飛んであげて!という意味じゃなくてね。
聞いてあげて。
なんの否定もなく、その人の、そんな気持ちだけを。


そして死んでしまいたい気持ちに打ちのめされているあなたへ。

いいの。
そう思ってしまう事が罪なんかじゃないんだから。

ネガティブとかポジティブとかどうでもいいの。
そのまんまをどこかで吐き出せるのなら、思い切って言ってみて。
だれか探してみて。
文章にするとかでもずいぶん違うよ。

人からのダメ出しなんて表向き真顔で聞いて、心の中では「無理無理、無理です」叫んじゃおうよ。



『あーーーーーー!私もう嫌だ。消えてしまいたい!!!』


いいでしょう?そのくらい。

いいんだよ。
だいじょうぶ。

[ 2012/10/04 21:45 ] ママの心 | TB(0) | コメント(-)
書いている人

ななえママ



●冨塚 七枝

神奈川県在住、2児の母。
ツイッターは@Na7e_

Na7e_をフォローしましょう


フェイスブックへ


************************

●メールは右サイドバー1番下の
メールフォームよりどうぞ。

*evergreen***

Family

冨塚 七枝


僕、ユウタです。 ユウタ


2000年10月生まれ。
現在、特別支援学校1年生。
4歳の時に「頭蓋咽頭腫」という
脳腫瘍を発覚。5歳で再発。

7歳の時 骨の病気である
大腿骨頭すべり症を発症。

現在は汎下垂体機能低下症。
尿崩症。
体温調節障害。
視床下部性肥満
高次脳機能障害

もう少し詳しい経過は
以下↓をご覧下さい。

ユウタは4歳の時に
頭痛と嘔吐をくり返した為
念の為にと受けたCT検査にて
「頭蓋咽頭腫」という脳腫瘍が見つかりました。

・頭蓋咽頭腫
(ずがいいんとうしゅ)
craniopharyngioma
(クラニオファリンジオーマ)

頭痛と嘔吐の症状は
水頭症を併発していた為に
起こっていた症状でした。

腫瘍摘出の為に受けた
1度目の開頭手術では
全ての腫瘍を摘出する事は出来ませんでした。

その後すぐに再燃し
その時もまた水頭症を併発していました。

腫瘍により流れにくくなっている髄液を流しやすくする処置としてすぐにシャント手術を受けました。

2度目の開頭手術には福島孝徳先生に執刀して頂き、見える範囲の腫瘍を全摘出できました。

手術の後遺症により
視床下部性の
汎下垂体機能低下症、
尿崩症
高次脳機能障害に。

使用中の薬は
・チラーヂン
・プレドニン
・成長ホルモン
・防風通聖散
・ゴナドトロピン注射
・ミニリンメルトOD錠

視床下部性の肥満の為、高度肥満に陥りました。


7歳の時に下垂体機能低下症の影響からと思われる「大腿骨頭すべり症」という足の病気になりました。(両側)

両足の大腿骨部分にボルトを埋める手術を受け、リハビリの為、肢体不自由児施設に約半年間入院しました。

小学校は3年生までは なんとか普通級で過ごしましたが
4年生になると同時に「病弱児支援級」を学校に設置してもらい、中学校でも病弱級にお世話になり過ごしました。
高校からは支援学校高等部へ。

●不安な気持ちで
   ここに訪れた方へ

ここに書いてある事は
ユウタに起こった症状と
その経過です。
頭蓋咽頭腫のお子さん全てに当てはまるものではありません。

同じ病気であっても、それぞれ症状も経過も違っています。



私、チヒロです。 チヒロ


1997年生まれ。
現在、専門学校1年生。
一見クールな奴に見られがちだけど、実はかなり笑える女子です。ギターで弾き語りをしたりライブをしたり楽しんでいます。


*************************

これまで全ての記事
全タイトルを表示!
ブログ内検索
カテゴリ
月別


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。