スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

チヒロ17歳 


チヒロさん、今日で17歳!
私も「お母さん歴17年」だね。

17年前の今日、チヒロさんは、なんと3日がかりで生まれてきたよ。
私が30キロ以上も体重増加しちゃってね、「こんなに体重増加した人、初めてだよ!」と先生をビビらせたあげく、当たり前の大難産!


11/17
朝、家で破水して入院、促進剤打ってもダメで、痛いまま夜を明かす。まだ余裕はあった。

11/18
今日こそは生まれてくるだろうと頑張る。促進剤でガンガン痛みは来るものの、子宮口が開かず。
母親学級の妊婦さん達が陣痛室見学へ沢山やってきた。カーテンは閉めてあったけど、看護師さんの声は聞こえてくる。
「こちらのカーテンの方(私)は、体重増加しすぎて2日がかりの難産となっています。みなさん体重管理は大切ですからね!」
妊婦さん「ザワザワ…」
私「…そのとーりだぞ…」
そして結局、陣痛はガンガンある中で夜を明かす。かなり限界。

11/19
私もう死ぬかもしれない。
人生で初、命の危機を感じる。
実家の母に電話する。

陣痛室から点滴棒をカラカラ言わせながら、たった数メートルを10分くらいかけて電話コーナーへ。
母「あらあんた、まだ生まれないの?何やってんのよ!」
私「…うあぁぁぁ」
ガチャン

相変わらず陣痛はガンガン来るのに子宮口は7センチ以上開かず、しかし血液検査結果により周りがザワザワし始め、先生が「もうダメだ、母体危険状態!子宮口そのままでいいから分娩台乗って!もう出すから!」
分娩台で、もしもの場合の緊急帝王切開承諾書にサインをすると、ちょっと太めの婦人科医院長先生が私のお腹に乗り、チヒロさんは吸引分娩で、やーーーっと産まれてきましたとさ。

これから赤ちゃん産む人へ。
『30キロ以上太るとね、ヤバいよ♡』






チヒロさんへの誕生日プレゼントはね、園子温監督、主演 染谷将太と二階堂ふみの映画『ヒミズ』DVD。
年間20回以上TSUTAYAから借りては観まくっているので、いいかげん買ってあげました。
なぜR指定無いんだ?ってくらいの激しい内容だけど、これが好きだと言うチヒロを私は嬉しく思ったりする。
だからよく「母親らしくない!」とか言われるんだろうねぇ。

でも、いーのいーの。
キレイな物ばかり見ていても、ホントのキレイが見えなくなるからさ!←言い訳

家族で焼肉屋さんへ行きました。
そのうち一緒にお酒飲んだりできるんだね〜。

10522747_742444042497580_3743333887768357152_n.jpg


1475889_742444055830912_966673092921214264_n.jpg


10403535_742444069164244_928159281339709887_n.jpg


1458669_742444099164241_942090955962787603_n.jpg


10610745_742444079164243_6770001270275356824_n.jpg



チヒロさん、おめでとうね!
思い切り はしゃげ17歳!

ほらあの、私達の好きなセリフ、
『叫べ若者よ、礼儀正しく生きたって、いつか死ぬんだぜ?』を贈ります。


10171849_742444115830906_3246050006587887636_n.jpg


1511180_742444139164237_7748077136407744198_n.jpg






[ 2014/11/19 23:11 ] きょうだいの事 | トラックバック(-) | コメント(-)
書いている人

ななえママ



●冨塚 七枝

神奈川県在住、2児の母。
ツイッターは@Na7e_

Na7e_をフォローしましょう


フェイスブックへ


************************

●メールは右サイドバー1番下の
メールフォームよりどうぞ。

*evergreen***

Family

冨塚 七枝


僕、ユウタです。 ユウタ


2000年10月生まれ。
現在、特別支援学校1年生。
4歳の時に「頭蓋咽頭腫」という
脳腫瘍を発覚。5歳で再発。

7歳の時 骨の病気である
大腿骨頭すべり症を発症。

現在は汎下垂体機能低下症。
尿崩症。
体温調節障害。
視床下部性肥満
高次脳機能障害

もう少し詳しい経過は
以下↓をご覧下さい。

ユウタは4歳の時に
頭痛と嘔吐をくり返した為
念の為にと受けたCT検査にて
「頭蓋咽頭腫」という脳腫瘍が見つかりました。

・頭蓋咽頭腫
(ずがいいんとうしゅ)
craniopharyngioma
(クラニオファリンジオーマ)

頭痛と嘔吐の症状は
水頭症を併発していた為に
起こっていた症状でした。

腫瘍摘出の為に受けた
1度目の開頭手術では
全ての腫瘍を摘出する事は出来ませんでした。

その後すぐに再燃し
その時もまた水頭症を併発していました。

腫瘍により流れにくくなっている髄液を流しやすくする処置としてすぐにシャント手術を受けました。

2度目の開頭手術には福島孝徳先生に執刀して頂き、見える範囲の腫瘍を全摘出できました。

手術の後遺症により
視床下部性の
汎下垂体機能低下症、
尿崩症
高次脳機能障害に。

使用中の薬は
・チラーヂン
・プレドニン
・成長ホルモン
・防風通聖散
・ゴナドトロピン注射
・ミニリンメルトOD錠

視床下部性の肥満の為、高度肥満に陥りました。


7歳の時に下垂体機能低下症の影響からと思われる「大腿骨頭すべり症」という足の病気になりました。(両側)

両足の大腿骨部分にボルトを埋める手術を受け、リハビリの為、肢体不自由児施設に約半年間入院しました。

小学校は3年生までは なんとか普通級で過ごしましたが
4年生になると同時に「病弱児支援級」を学校に設置してもらい、中学校でも病弱級にお世話になり過ごしました。
高校からは支援学校高等部へ。

●不安な気持ちで
   ここに訪れた方へ

ここに書いてある事は
ユウタに起こった症状と
その経過です。
頭蓋咽頭腫のお子さん全てに当てはまるものではありません。

同じ病気であっても、それぞれ症状も経過も違っています。



私、チヒロです。 チヒロ


1997年生まれ。
現在、専門学校1年生。
一見クールな奴に見られがちだけど、実はかなり笑える女子です。ギターで弾き語りをしたりライブをしたり楽しんでいます。


*************************

これまで全ての記事
全タイトルを表示!
ブログ内検索
カテゴリ
月別


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。